母さん最後の戦い

ここでは、母さん最後の戦い に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あっちゃん(あんぱん母さん)の最後の入院ですノートに書いた事をそのまま載せます。
喫煙所が出てきますが一時禁煙は中止しました。

8月9日(火)
痛みは癌が胆管を圧迫している、アービタックスに抗体が出来たのだろう、抗ガン剤終わり、休みとの事。

8月17日(水)
先生が休みだけど明日あんぱんさんが来るよと看護師さんに言って帰ったとの事。
MRIの結果痛みの原因は背骨の骨転移が再発、他は何も無いとの事、ラッキー !
4人部屋前の方Kさん、緩和ケアのベット空きがあって入れたとの事、緩和にも治療が有ることを話すと喜んでいた。

8月19日(金)
足が縺れて歩けない、血液検査異常無し。
看護師さんが皆心配してくれた。

8月20日(土)
大腸癌破裂4周年記念同室の方とプチケーキでお祝い。

8月21日(日)
体重60㎏・・・あれま !

8月22日(月)
ふらつきは問題無いとの事、むくみを検査するとの事、足下に離床マットをひかれる。
あっちゃん、飽きた !

8月23日(火)
緩和から痛みのチーム来る。
念の為脳のMRI撮るとの事。

8月24日(水)
治療出来るとの事で放射線一回目、あっちゃんかってに歩いてこけて怒られる。

8月25日(木)
放射線二回目、脳のMRI
動くので尿管入れられる。
隣の方が退院して斜め前にTさんが入院。
前のKさんが個室に移る。
看護師さんから15日Y先生があっちゃんの事心配していたとの事、ありがたいです。

8月26日(金)
母さん最悪である、手に力がはいらず箸を落とす、むくみが酷く一人で立てない。
Y先生 MRIの結果・・・残念でした。
母  何かあったの ?
Y先生 残念でした、何もないよ・・・。
母  ・・・いつもいじわるだねぇ~。
最初からお世話になっている看護師さんが私に
父さん先生なんて言った、父さん母さん大丈、急にお腹に癌が出来る患者さんもいるのよ
私 何もないって
看 これまでこういう事何度もあったものね夫婦で有名人よ、今度も乗り切れるね。
と言いながら今までの事思い出したのか涙ぐまれてしまった、ありがたい。
今はTさんとあっちゃんふたりである
TさんはY先生の患者で初診の時私が声をかけた方である、暇なのか、やたらと話しかける、聞きたくも無い身の上話を延々としステージ4の膵臓癌を自慢され師匠とY先生に感謝して、お題目5時間あげるそうである。
私 もしかして○○学会の方 ?
たっぷりと宗教の自慢話しをされ、最後には母さんの為にも祈ってあげる
私 止めて下さい、私たちには鬼子母神様がついていますから、それに病院では宗教の話しタブーですよ
T 何故 ?
力がはいらず看護師さんにあっちゃんが食事を手伝ってもらっていると
T 私、食事は作ってくれる人に感謝して全部食べるの
母さんは一口食べるのがやっとである
キツイ時は話しをするのも迷惑よね、そう言いながらしゃべりっぱなし、あげくにはフォークをつかみ母さんに食べさせようとした、さすがに看護師さんが止めて下さい・・・
その後も絶好調、私ラジオが好きなの、と言いながらイヤホンもせず音を出しっぱなし
さすがにあっちゃん、もぉ止めて下さい !
その後も一人で不幸自慢をタカビーな態度でしゃべりまくっていた。

8月27日(土)
Tさん退院
あっちゃんは呂律がまわらなくなり眠ったまま

8月28日(日)
個室に移り、看護師さんが心配して家族を呼ぶようにとのこと。
子供達をタクシーでよぶ
夕方意識が戻り一安心
私は付き添って泊まる事になった。
Kさんのご主人も泊まっているので喫煙所で励ましあってしまった、あっちゃんに元気もらって嬉しかったと言っているそう。

8月29日(月)
あっちゃんとの会話がビミョーに合わない。
Y先生は今日、明日どうのこうのということはないとの事、あっちゃんは家に帰ると言い張る。
放射線がゲキテキに効いているそう、そのせいでせん妄が出たらしい。
今日も泊まり決定。

8月30日(火)
前日夜11時頃Kさんが亡くなったそう、ご冥福をお祈り致します。
朝車イスで散歩中緊急警報エレベーターストップ・・・
外から聞こえる声、最上階に遺書があったそう
・・・やはりここはがんセンターである
回診時、母さん子供の顔が見たい、犬にあいたいよぉ~
Y先生 だんまり・・・
放射線の先生から、せん妄もむくみも無くなる、焦らないようにとの事。
夜、偶然Y先生と出会うと、母さん今回はきびしいとの事。

8月31日(水)
回診の時Y先生ニコニコ・・・どうも後から放射線の先生から説明を聞いたもよう。
あっちゃん会話もスムーズになってきた。
一度帰って夜泊まる事にした。

9月1日(木)
寝返りが出来る、便の出が悪く紙オムツ
回診の時何か方法を考えるとの事。
今日も泊まる(結局最後まで泊まりました。)

9月2日(金)
朝小さいうん○が3個ほど出る。
帰りがけ女医先生に母さん元気になったね、と言われホッ !
バーチャンの施設から電話が入り血圧が下がり気味との事、事情を説明したら施設で手当してくれるそう、ありがたい。

9月3日(土)
喫煙所で同年配のお母さんに話しかけられる
ご主人が他の病院で直腸の手術中破裂して全身転移、代替え治療もしたが、後は緩和ケアだけだそう、2~3日前に入院して、痛いと言った後昏睡状態だそう・・・
・・・うまく切り抜けてほしい。
あっちゃんは上半身が痛み、下半身は動かずイライラ
隣から隣の人は動けないから大丈夫・・・と聞こえたそう、あっちゃん、待ってろ動けるところ見せてやるだって。
夜中、もう警備員さんとはお友達である。

9月4日(日)
腹痛の為、眠剤でよく寝ている、ちょっとかわいい。
私 夜どおする ?
母 悪いんだけど心配だから来てくれる ?
・・・あれ、会話がしっかりしているぞ ?
母 ギョエ~、せん妄が治ったと思ったら私オムツしてる~ ?
私 う~ん臭いぞ、窓開けよう、窓を開けたら外は台風、向かいのナースステーションから、何か臭い ?
母 私だよ~ん、という事でおしりふき。
夜、母さんがお経が聞こえるとのこと、空耳でしょう ?
看護師さんがドアを閉めに来た、ご冥福をお祈りいたします。

9月5日(月)
回診 どお ?
母 全部ダメ
先 焼いた癌が圧迫しているんでしょう、リハビリの準備しようね。
午後、リハビリに呼ばれ、足をモミモミ・・・気持ち良い。
夜2時すぎまたドアを閉められた、ご冥福をお祈りいたします。
夜3時頃たばこを吸いに行くと40位の看護師さんがたばこを吸っていた。
声をかけると、本当はいけないんだけど夫が癌なの再発で4ヶ月宣告されたの・・・
母さんと大騒ぎしてられるうちらは幸せ者である。

9月6日(火)
回診 声どおしたの ?
母 放射線やるとガラガラになるの前もそうだったよ
私 しずかで幸せ・・・
先生2~3歩歩いてからガハハハハハァ~
リハビリで母さん大騒ぎ、リハビリの先生、楽しい患者さんが来たねぇ~
母 明日も来るよ~ん。
また、お隣さんが逝った、ご冥福をお祈りいたします。

9月7日(水)
回診 昨日より声出てるね
私 あのね、喋れないのに五月蠅いの・・・
先 喋れないのに五月蠅いの・・・ガハハハハハァ~
リハビリ中止でむくれる
痛み止めも殆ど使わずにすむようになった。
車イスでお散歩・・・
母さん看護師さんに、何でみんなやさしいの?
看 それはね母さんがいい人だからよ・・・嬉しい。

9月8日(木)
午後Y先生と遭遇
先 お散歩行くの ? 行ってらっしゃい
とても優しい・・・気持ち悪いぞ。
母さんは寝たきり車イスは6人がかり、私がずっと付き添っているから他の患者さんからは相当重病だと思われてるだろう。

9月9日(金)
うん○山盛り出る・・・やったぁ~
夜勤の看護師さん、母さん日勤の看護師さん誰がいい ? 指名してもいいよ。
母さん、すかさず全員 !
看 アハハハハハァ~

9月10日(土)
今日は土曜日何も無いと思いきやカンチョー
子供の声が五月蠅い、看護師さんに言うと、我慢してね3歳の子のお父さんなの・・・
了解、ガンバッテお父さん !
隣の病棟は血液関係である中二の女の子が車イスでいる
私 オィ中学生!
中 何、おじちゃん ?
私 ゼリー喰うか ?
看 よかったねぇ~、貰いな。
子供一人手なずけたぞ、あっちゃんに話すと、ずる~い !。

9月11日(日)
夜、動けないイライラからイスに座りたいとごねる、思案の結果、私のベットに足を下ろしふとんで背もたれをつくり動かしてみた、なかなかよい、しかし私のベットが無くなった。
大事件発生、がんセンターで遭難してしまいました。
尿管の具合が悪いのか車イスで散歩中、父さんトイレ行く !
座るだけならばれないよ、そういえば地下にオストメイトのトイレがあったね、行っちゃおうか ?
便座にはどうにか座れた、でも車イスに戻れない、地下は冷房が切ってある。
汗だくでくだにからまり斜めで車イスにつっぱりまくっている。
呼び出しボタンを押す、しかし日曜日の地下誰も来ない・・・やっとのことで看護師さんが来る
あれま、ディでここ一番でお世話になってる看護師さん(当直だったそう)
あんぱんさん、こんな所でどうしたの ?
カクカクシカジカ内緒にしてね ?
そこえ師長さんが来てしまった、車イス一人で乗れないのに戻れるはずないでしょ、すぐ病棟に連絡
レスキュー隊到着、みんなが女神に見えた、でも笑われた。
戻ってから、しょうがないね、でも二度目はダメですよ、やはり尿管がねじれていたので交換してもらいスッキリ。

9月12日(月)
回診 夕べはよく眠れていたね
あれ、夜見に来てくれたんだ・・・
看護師さんからは敦子さん、あっちゃんと呼ばれている、昼に一緒に治療している戦友に会い状況報告、夕方最初担当になっ看護師さんがお見舞いに来てくれた。

9月13日(火)
現在の敵は癌より便である、5人がかりで便座に座りやっと少し出た。
リハビリが今日も中止になりすねてうん○出た !
夕方うん○中に先生が来た、今ダメ後でねぇ~
夜、たばこ友達一人めっけ、Y先生の患者で血液から肝臓、骨転移でも20年生きてるそう、4年じゃまだまだ、先生に言わせるとおばけだそうである、でも嬉しい。

9月14日(水)
コルセット出来上がる、しかしゲロでリハビリ中止、昨日のおばけ首のコルセットが出来ナースステーションでカッター貸して・・・首切る訳じゃねぇよ調整だよ、長生きする訳だ・・・。

9月15日(木)
夜からずっと腹の痛みが続く、抗ガン剤で使っていた便を硬くする薬で胃の上部に頑固な層が出来たとの事、胃と腸はきれいだそう。
食べた物を全部吐いてしまう、上と下から攻撃するとの事。

9月16日(金)
朝から2回大うん○が出る。
緩和の先生に多分足は動かないと言われ動揺、Y先生に確認、おそらく最悪、一生歩けなくなるとの事。
・・・・と言うことはすぐには死なないと言うこと、やった !
明け方3歳の女の子のお父さんが逝った、奥さんは10ヶ月女の子だそう、こどももうちになついていたところだったので・・・ご冥福をお祈りいたします。

9月17日(土)
丁度一ヶ月、夕べからゲロの連発である、便も出ている、硬い便も少しずつ出ているようだ。
Y先生の患者さんが急変して呼び出され大騒ぎしている。
母さん担当の看護師さんに、あっちゃん様子どぉ ? と聞いたそうである。
その後ニコニコしながら様態を見に来てくれた。
母 障害認定の書類書いてくれぇ~
先 来週ねぇ~

9月18日(日)
朝から目を開けたまま焦点が合わず言葉も出ない。
すぐ家族を呼ぶように言われ呼び寄せる、緩和の先生がCTを撮るが脳に異常は無いとのこと、Y先生がすぐ駆けつけてくれ、黒目が広がっているので体が薬に耐えられなかったのだろうとの事、先生に呼ばれ、これからの覚悟を確認される。

9月19日(月)
只今午前4時峠は越したようだ、眠剤で寝ている
午前10時、またドアをしめられた、ご冥福をお祈りいたします。
子供達を一旦家にもどした。
看護師さんから連れ戻すように言われまた呼び戻す。
従兄弟を呼ぶ
久しぶりの家族揃った夜である。

9月20日(火)
回診 今日危ないとの事、犬が心配と言うと敦子さんが一番気にしてた事だから行って下さいとの事、病室に戻ると緩和の先生が後は母さんの生命力次第だそう。
きっと戻ってくれるだろう。
あっちゃんの親友に電話、2時間かけて来てくれた、今日に限り知り合いも心配して見舞いに来てくれた。
午後Y先生が薬を変える相談をしている。

9月21日
明け方目を覚ますと母さんの側に鬼子母神が現れ、この子は私の子供なの、勇気と明るさを持つ神の子、よく頑張った、もう痛い思いはさせないよ、と言いスーと消え、その後急に痙攣を起こし血圧低下心停止、午前2時08分でした。
ただ19日の夜少し意識がつながったのかオトウサンと一言いいました。

母さんは母さんらしく癌には勝ちました、褒めてやって下さい。
がんセンターを出るとき師長さんからカルテを見たら、よくこの状態で4年頑張ったね、きつかったでしょうね、偉かったねと褒めてもらいました。
4年間で子供達を社会人にし、親の介護も済ませ、私には過ぎた女房です、でも自慢の嫁さんでした、ありがとう。
ブログでいっぱい勇気付けていただき感謝しております。
娘が暫くブログそのままにして、と言うのでこのままにしておきます。

       長い間お世話になりました。 あんぱん父さん  完














スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
   あんぱん父さん さん

今日23日、神奈川から帰り、突然の奥様のご逝去を知り、驚いております。
このたびのブログの更新で訃報を聞くまで全く知らずにおりました。前記事お悔やみも申し上げずに大変失礼いたしました。
今思えば、21日は、彼岸中だったので、東京府中で父の従弟の墓参り、午後は川崎で従妹の墓参りしてました、ご近所まで行ってたのです、なんか感慨深いものを感じました。

自分の親のときもそうでしたが、慌ただしさが過ぎて一段落し静かになって逆にお寂しさが募る頃かと存じます。 
奥様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
季節の変わり目本格的になりました、
残されたご家族様どうかご自愛下さい。
2011/09/23(金) 20:52 | URL | しろ #-[ 編集]
今日自分のブログへの訪問を目にして、しばらくぶりと思って訪問しました
そして母さんがたびだたれたことを知りました
ほんとうに申し訳ありません
今頃…

あんぱん母さんさん
すごく素敵に生きられました
尊敬しています
私も色いろあっても、母さんのことを思いだして頑張りたいと思います

ただただご冥福をお祈りいたします

そしてご家族の皆様も
どうかお健やかにお過ごしくださることを願っております

あんぱん母さんさん
ほんとにどうもありがとうございました
お会いできてほんとによかったです
ありがとうございました
2011/10/22(土) 22:23 | URL | 春ハート #FFeI7iKU[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji45.blog90.fc2.com/tb.php/827-21399137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。