診察結果

ここでは、診察結果 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CT・血液検査の結果、めでたく異常なし

なのだけど、で、この傷みの元は何と言う堂々巡りになる。父さんの言う〝伯父の傷の跡〟ではもう納得しないぞ。でも原因が分からないので、痛み止めを飲むしかない。来週のMR、上を向いているだけで痛くなるのに平気だろうか。薬を飲む時間を考えないといけなくなった。

午前中は弟のローン返済の後始末。これが電話のたらい回し、用件によって担当と部署が違い、こちらから次回誰に聞けばいいかと言っても、かかってこない限り分からないとのこと。要するにそのときに手の空いている人がでるらしい。もうそれだけで疲れた。明日は弁護士さんの日だったが予定を延ばして貰おう。病気しながらの手続きは大変だ。

そうそう、次回から精神のメンタルもがんセンターで診察できることになった。今までの心療内科の先生は苦手、これで助かった。検査の日程にあわせて心の相談も出来、精神安定剤や睡眠薬の処方もしてくれる。有り難い話である。

癌である以上、他の病気よりも精神面での相談は多いはず。まだ今の病院は緩和ケアがあるから良いが、それでも通院患者が緩和ケアに行くにはは時間がかかるそうだ。外来で相談できることに感謝

もう一つおまけの話。

診察を待っている間に、隣のおじさんから抗ガン剤の副作用で手に力が入らないから、蓋を開けて欲しい、と言われた。快く引き受け、雑談が始まった。

今、72歳なのだが、2年半前に膵臓癌がわかり、治療に来たが、13個という数と手遅れのため余命を宣告されたそうだ。それが4ヶ月。もう年だからと、諦めていた。手術も私と同じ主治医から〝出来ない〟と言われたそうだ。あの自信満々の腕の良い・評判の良い優しい先生も余命を言わざるを得なかったそうだ。

それが・・・・抗ガン剤が効いて、今は13個あった癌がたった三つだそうである。一番驚いたのが抗ガン剤治療をしている今の主治医だそうだ。がんセンター始まって以来の出来事だそうである。(本人談)

でも、これは良い〝誤診〟だね。人間って、不思議な生き物だ。私も70過ぎのおじいさんに負けていられない。いい話を聞かせてくれたおじさん、どうも有り難う


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
頑張ろ!
結果が何もなくてよかったですね、まずは安心。
でも痛みの原因が何かわからないのは、やっぱり不安ですよね。早くわかるといいのに。


最後のお爺さんのお話し、凄いよかったですよね。
ほんとに嬉しい誤診だo(^-^)o
しんどい抗がん剤で、最近愚痴ってばかりだったけど、お爺さんのお話しよかった。
るいもまた頑張ろ!
あんぱん母さんも一緒に頑張りましょうね、長生きするぞー!
2010/05/13(木) 22:36 | URL | るい #-[ 編集]
るいさんへ
本当に頑張らないといけませんね。このおじさんのような事もあり得るのですから・・・・。私も主治医を驚かせてみたいですね。

一緒に頑張りましょうね。
2010/05/14(金) 16:58 | URL | あんぱん母さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji45.blog90.fc2.com/tb.php/684-59c7e171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。