沖縄旅行の事 その4

ここでは、沖縄旅行の事 その4 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう最終日の話である。この日の予定は、違う意味で大事な日だった。

コースは、ひめゆりの塔・ひめゆり平和記念資料館=おきなわワールド=琉球ガラス村・昼食=国際通り自由散策=那覇空港であった。

ひめゆりの塔は父さんも書いてあるとおり、私の亡くなった伯父が行って欲しいとお願いされた場所である。その後初恋の相手とはあの世で出会い、お友達から始めましょうと言われたそうだ。いまごろ〝青春真っ最中〟であろう。良いことである。持っていった花と現地で買った花を供え、ラベンダーの香りのお線香を焚いてきた。

ただ、やはり私はすべてを見ることが出来なかった。まずはひめゆりの塔で周りの臭いや空気にむせ、その場に立っているだけで精一杯だった。資料館内も初めはまだ我慢できたが、ひめゆり部隊の10代前半の高校生の写真がパネルとして展示されている部屋は、入ったとたんに寒気と大きな悲しみ。涙が止まらずそのまま何も見ることが出来ずに、あんぱん家族は早々に出てきて、休憩所で他の方を待つしかなかった。

父さんは、「悲しまないで下さい、私達は一生懸命生き抜きました、生きて家には帰れなかったけれど、家族の為、友人のため戦い抜きました、褒めて下さい・・・。」と言うけれど、私には全く正反対の感情がある。その言葉が悲しいの・・・・・・。ウチの子どもたちと同世代の人たち、それを私は我が子にもそう思えるか・・・時代が違っていたらと、つくづく思う。女親の感情かなぁ。

沖縄だけではない、唯一被爆国として、戦争は伝え受け継がれなければならない、とつくづく思った。まだ亡くなった人のお骨は、沖縄の土地の何処かにあるだろう。

今、普天間基地でも揉めている。帰る途中、右側にアメリカ軍基地・左側に自衛隊基地という道路を通った。両方とも金網・鉄柵で覆われているが、基地を覆っているのではなく、一般道路が金網に覆われているのではないかという錯覚にとらわれた。

偉そうなことを言ったかな。今までは他人事だと思っていた。いくら戦争が・・・米軍基地が・・・と言っても他人事だと思っていた。


ただ、沖縄にも住んでいる人がいる。観光地としても有名だ。修学旅行生も多く行っている。それも現実なんだよね。今回沖縄に行って、私は何を得ることが出来ただろうか。少し考えてみたいと思っている。

そうそう、最後の写真になるが・・・

 鍾乳洞   シーサー

左側は鍾乳洞の中である。おきなわワールドにあるのだが、この施設の長さに相当する距離を歩いた。つまり入り口から入って、出口で上がったところのさきにはもう施設がなかった、と言うことである。鍾乳洞にはいると否が応でもおみやげ屋さんやいろんな施設を通らないと、帰ることが出来ないのだ。

でもそれも面白かった。いろんなおきなわ特有の名産やそれを体験できる施設がある。子どもがいろんな物を作っていました。下手な観光より良い想い出になりそうでした。私自身〝その土地でしかできないこと〟を経験するのが大好きなので。

右側は勿論シーサー・・・・ですよね。面白いので父さんがすぐに撮影してしまいました。勿論高いので、購入できずに見るだけとなってしまいました。

最後の国際通りはもう疲れてしまい、何と沖縄で初の〝ドクターフィッシュ〟を経験。10分500円という安値、早速四人で足を入れ・・・・あまりにものくすぐったさで前半5分は大騒ぎ。残りの5分で綺麗に掃除して貰いました。

それで今回の沖縄旅行は終わり。羽田に着いたのが午後7時、預けていた荷物を受け取り自宅に帰ってきたのが夜遅く・・・でした。疲れたけど、きっと私には良い経験になったことでしょう。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
でも無事に帰れて何よりです、お疲れ様です。
るいが沖縄で初めてパイナップルのなってるのを見た時、パイナップルってこんな育ち方するんだぁってびっくりしたの覚えてます。


はい、楽しみに待ってますね(^O^)
2010/05/12(水) 22:19 | URL | るい #-[ 編集]
改めて、おかえりなさい。
色々な想いを載せた旅だったんですね。
お疲れ様でした。
2010/05/13(木) 08:25 | URL | harusame #C9eFVYxM[ 編集]
るいさんへ
食べられないパイナップルもあるんですよね。本当に沖縄は不思議な所です。戦争がなければ本当に癒される場所なんだけど、それが残念です。
せめて戦死者があの海と空に癒されてくれればと、心から思って居ます。
2010/05/13(木) 17:03 | URL | あんぱん母さん #-[ 編集]
harusameさんへ
いろいろと考えさせられましたが、私にとっては良い経験だったと信じたいです。

今度ゆっくりいろんなお話ししたいですね。
2010/05/13(木) 17:05 | URL | あんぱん母さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji45.blog90.fc2.com/tb.php/683-c2570831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。