親って・・・

ここでは、親って・・・ に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私はさだまさしさんのファンである。デビューした時からだ。

今はiPodで、秋桜や無縁坂、案山子親父の一番長い日・・などを良く聞く。それを聞きながら、親子って何だろうと良く考える。

父さんは、結婚したときから、何があっても両親がそろっていることは幸せだと言っていた。舅は若くして亡くなった。良いい父親だったという。だからだろうが、両親揃っていていも必ずしも幸せだとは限らない。私は幼い頃から親の愛を感じたとがない、と言うと嘘になるだろか。

小学生の頃はそんなことは思わなかったが、物心ついて良く思うようになった。それか一方通行の親の自己満足かなと・・・。お弁当は前日に新聞紙で包んであった。恥ずかしかった。なのでいつしか自分で作るようになった。それは良い結果に繋がったが。例をあげればきりがない。
 
結婚する時も三つ指ついて「今までお世話にになりました」と言いたかった。でも家族から、〝厄介者が一人減る〟オーラには負けてしまった。だからさだまさしさんのの唄が羨ましくて仕方がない。

父は、私を見ればそっぽを向き、口をへの字に曲げて目を合わすことすらしないまま、死んだ。今はあの世で何を思っていることだろう。

母は私のことが全く分からない。覚えて欲しいとは言わない。病気なのだから。でも優しい言葉はかけて欲しい。キツイ言葉はそのままだ。

私にも二人の子がいる。娘が結婚するときはどうかなぁ。息子の嫁さんには、親に感謝してお世話になりましたと言って家を出てくる娘さんが良いな。それにしても親を恨むことなく、二人には幸せになって欲しい。

過去は消せない。今からでも遅くない。子どもたちとは良い親子関係を一生続けていこうとおもう。そうしなければ行けない。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
るいもたまに考える事があります。
こども達にとっていい母親だったかなって・・・
あの時もう少し抱きしめてあげてればよかったなとか・・・でも手術の時に思いきって聞いたんですよ、もしこのまま会えなかったらと思って。
いい母親だった?って、聞くまでもないって言われて涙がでました。
あんぱん母さんの所もきっとそうだと思いす!
でもこれからも頑張っていい母親しましょうね、お互いに。
2010/04/21(水) 12:49 | URL | るい #-[ 編集]
るいさんへ
難しい問題だと思うのですが、誰でも欠点はあります。ただ、良い母親になりたい・・・・・それは誰も思うこと。お互い子どもにそう言われるよう、頑張りましょうね。
2010/04/21(水) 18:33 | URL | あんぱん母さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji45.blog90.fc2.com/tb.php/663-8cf9e194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。