弟のこと

ここでは、弟のこと に関する情報を紹介しています。
今の時点で、来月19日頃に入院することはほぼ決まっている。検査結果次第であるが、その週の中頃に手術となるだろう。

そのことはまだ弟には話していない。話したところで今の現状が変わるわけではないし、見舞いにも来ないと思うから、伝えないつもりではある。

そう分かっていても・・・・・淋しさ、空しさ・・・・言いようのない気持ちになる。

先日やっと連絡が取れた。まだ手術が決定する前のことである。再発したときにも主人が一度連絡を取っているが、見舞いの一言もない。
 私自身とは何年ぶりかの会話になるが、ガンの話は一言も出ない。別に何かをしてほしいわけではない。私の体を気遣う一言がほしいだけだ。

今通っているがんセンターと、弟の勤め先は目と鼻の先。歩いてでも行ける距離にある。入院時の保証人を頼んでいるいとこも近い。

一度ぐらいは見舞いに来てほしいと私は言った。なんとその返事がどこに入院しているか知らないという。冗談じゃない。主人が伝えている。

ガンの治療をする病院は県内にもたくさんあるが、がんセンターと名のつくところは一カ所のみである。分からないはずがない。

もう話す気にもならなかった。最後に、来年娘が成人式だという事だけは伝えた。もう写真は撮ってある。そのときにポストカードを10枚サービスでいただいた。
 認知症であっても私の母にとっては初孫である。分からなくても良いから、娘の晴れ姿だけは見てもらいたいので、一枚おくるからねと言ったところ、ちょっと間があって言った言葉が「いらない」の一言だけだった。

別にお祝いの品をほしいと言っているのではない。ただ、「おめでとう」の言葉がほしいだけ、母親に写真を見てほしいだけ、ただそれだけなのに。

ふざけるなと主人が後ろで怒鳴っていた・・・・・・。

他人だけではなく、身内ともつき合いの出来ない人間なのだ。そう思うことにした。

私が死んでも弟だけには伝えるな、と主人に言った。主人は大笑いして、あいつより先に死ぬのか?おまえはあと40年生きるんだろう、頑張って病気を治して長生きしろ、と言われた。それもそうである。

弟とのつき合いにはまだまだ悩まされそうだが、長生きすることだけを今は考えよう。

それではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji45.blog90.fc2.com/tb.php/55-35028de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック