施設に行ってきました。

ここでは、施設に行ってきました。 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もやもや感が消えず、今日施設の担当者に直接会いに行きました。たまたま、施設長(医師)もいらっしゃったので行って良かったです。

話をしても〝私はそんな話しをしたつもりはない、そう言う言い方はしていない〟の繰り返しばかりだ。
介護難民か?参照にしてください。

兎に角今週中に入院を、と言う施設と、来週には必ず行くからと言う私。平行線だ。相談員さんには、じゃ私たちはどうすればいいのか、土・日と具合が悪くなって救急車を呼んだらどうするつもりか・・・・と言われた。

もし医師がいなかったら私は、じゃ私のことは後回しにして、病院の予約を取り消して姑のことを最優先にすれば問題解決なのですね、万が一私が倒れても姑が助かれば良いと言うことですね、と言うところだった。

息子のことも話した。施設長が、そう言う家族のために私たちが手助けをしているのです。食事もちょっと工夫して目先を変えて、食べたいという環境を作ると話し合っていたという。

ちなみに今日の昼食は、麺類でおかわりして食べたそうだ。施設長がそう言ったら、相談員さんはちょっと驚いていた。

息子のこともあり、私はいっぱいいっぱいだ。それは父さんも同じ。急に呼び出しをかけられたり、明日やってくださいと言われても、困るのだ。仕事もあるしね。

私たち夫婦は、施設にとって都合の良い家族ではない。実母と姑が認知症、息子が療育手帳もち、母がガン、それもステージⅣの末期ガンに近い状態で今現在も治療中、と言う家族はそう滅多にいないだろう。

施設側にとっても困るだろうか、辛いのは私たち家族だ。姑が死んでも良いなんて一度も思っていない。ただ、こういう状態になったのは、それが私たちの運命だと思っている。先のことは考えられない。今、何が出来るかそれだけを考えて生きている。

最悪のことがあっても私は後悔しないが、他人から命令されたくはない。

今回のことでも、施設は明日にでもすぐ入院しろという、私は無理だという。それではどうしましょうかと考えるのが、施設の相談員と家族の役割だと思っている。今日の明日で動ける私たちではない、という事は理解してほしい。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
確かに施設の言いたい事もわかるんですよね、でもこちらの事情もちゃんと考慮してくれるべきですよ。
そのために間に立つ社会福祉士とかケアマネとかいろんな人がいるのに・・・
あんぱん母さんのゆっくり休める日はいつ来るのでしょうか
2009/09/24(木) 11:48 | URL | るい #-[ 編集]
るいさんへ
急に容体が変わったとか、怪我をしたと言うのならわかるのですが、どうしても相談員さんの言うことは無茶でした。

電話では、確かにこのままだったら衰弱して死んでしまうのをみているのか、って言われたこと、本人はそんな事は言っていない、首をかしげていた。それだけは絶対に許せない言葉です。

私は今は元気ですが、入院してでも良いから施設とは関わりあいになりたくないです。はあ・・・・愚痴になってゴメンなさいね。
2009/09/24(木) 19:44 | URL | あんぱん母さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji45.blog90.fc2.com/tb.php/426-d436aa6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。