始業式

ここでは、始業式 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は始業式、息子は午前中に帰ってきました。午後からは入学式です。本来なら私も本部役員なので、来賓として出席しなければならないのですが、ずっと座っているのもきついので欠席させてもらいました。今度の総会のみ出席して〝退任〟となります。

息子は、担任・副担任とも3年間同じ先生になりました。その方が親としても安心です。進路希望は就職。とりあえずは複数の検定試験にも合格しているし、成績も上位半分の中に入っているのでこちらも安心。 

 ・・・・・かなぁ・・・・・・たぶん・・・・・そう思いたいなぁ。 

以前も書きましたが、1歳の時に保育園に入り、ほぼ同じ期間療育施設にも通いました。障害児かそうでないかグレーゾーンにずっといた息子。ただ、一つホッとできたのは知的障害がなかったこと。それでも一年生の時はずっと息子につきそって学校に通っていました。校長からは目障りだったのでしょうね、支援学級のある小学校への転校も勧められました。

 親として二つ返事で、「はい、そうですか」というわけにはいきません。娘が小学校を卒業するまでは同じ学校に通わせたい、娘が卒業したときにもう一度考えたい、と返事をしました。

娘が卒業して息子が四年生になったとき・・・・・・問題行動はほぼ無くなっていました。担任も良い意味でも悪い意味でも「無関心」の先生、転校の話は一切なし。自分の授業さえ邪魔しなければ何も言わない先生でした。

5・6年で担任も替わり、若くて元気な先生。林間学校や修学旅行もある学年ですが、息子を特別扱いせず、他の子と同様に扱ってくれる先生。林間の前にも〝親がついて行きましょうか〟と声をかけたのですが、何でそんなこと聞くの?という感じで〝ついてこなくても平気ですよ〟って・・・・・。

中学入学後も学校側には説明しておきましたが、多少のいざこざはあっても、普通に3年間過ごすことができた・・・・。

入試の時はさすがに、前期入試で不合格なら後期入試は定時制を受けさせるつもりでした。すぐそばに定時制高校があるというのも一つの理由ですが、義務教育ではない高等学校でついて行けるかどうか、が一番心配でした。でも、それも杞憂に終わりそうです。

中学の担任も〝定時制なら二次募集で必ず入学できる、後期試験でもなぜ全日制を受けさせてあげないのですか〟といわれました。

担任の言うとおり、受けさせてあげて本当に良かった・・・・・・。後期入試の合格発表で番号があったとき親子で抱き合って喜びました。

あれから二年、息子は高校生活を本当に楽しんでいます。本当は進学させてあげられればいいのだけど、勉強だけが人生じゃないし、こういう時代ですから、早く就職してほしい。

私の医療費がかかるから学費がない、というのが本音かも・・・・・・と、ぼそっと言ってみる。 

満開の桜の下での始業式と入学式、良い一日でした。ウチの地域では、小学校も中学校も今日が入学式です。暖かく天気の良い日で良かったですね。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://shinji45.blog90.fc2.com/tb.php/216-bbb22517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。