2010年06月

ここでは、2010年06月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
父さんも書いていますが、姑が朝早くに息を引き取りました。

今日は葬色々大変でした。姑を見送ったあと、がんセンターに行き私の治療、その後葬儀社との打ち合わせ、住職に連絡とお願い・・・・・いろいろと大変でした。

市営の葬祭場があるのですが、今は予約がいっぱいで七月一日の告別式です。


私の方も痛みが酷いので、その間に痛み止めの薬を取り替えて貰うためY先生に診察予約をいれました。

と言うことで、しばらくブログはお休みさせてください。また落ち着いたら書き始めます。


それとコメント欄の件、読むことは出来るのですが、返事を書くことが出来ません。あとで父さんに見て貰います。コメントを書いてくれた方々、お返事はないけどきちんと読んでいます。いろいろと有り難う。





ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
体中痛くなっています。薬飲んでもあまり効かず、明日の診察で主治医に聞いてみることになりました。

なので今日はこれで・・・・・・。お休みなさい。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
二度目の治療も無事終わりました。

喉とみぞおちにあるふたつ一緒放射線を当てています。みぞおちの方の癌が悪さしていて、神経に障り脇腹の痛みになっているとのこと。放射線はすぐに効果が出にくいらしいですが、これで痛みが減っていくと思うと嬉しい限りです。

こういう痛みに対しての薬も、追加して処方してくれました。これで楽になっていくのかな。


ところで姑の方は私と反対に、だんだんと悪くなっています。

昨日夜中に電話で起こされました。脈拍か少ないと・・・・私も一緒に出掛けようと着替を出したとたんに持ち直したから来なくても大丈夫だと言う連絡が入りました。

でもねられなくなった主人、そのまま病院に行き一応顔だけ見てきました。明るくなって戻ってきた主人、六時過ぎに出掛ける息子と七時過ぎに出掛ける娘を見送って、そのままがんセンターに・・・・。帰ってきてご飯を食べ待て姑の所に行きました。

それでもう疲れ果ててねようとした主人、戻ってきて10分も立たないうちに病院から電話。血圧が低いとのこと。今そちらの病院から帰ってきた主人、兎に角一時間だけ休ませてと言い電話をきってしまいました。

一時間後連絡したら、血圧はもちなおし、100を超えたから今は大丈夫と・・・・。

何度も連絡してくる病院の言い分は分かります。私も入院していたからね。何かあって苦情を言う患者や家族も何度も見ています。

でも、主治医と担当看護師には私たち家族の気持ちは伝えてあります。何度も電話をかけていただなくても結構、万が一間に合わなくてもそれで良いと・・・・。一日に三度も四度も病院にはいけません。私が癌で毎日通っていることも伝えてあります。医師の判断で家族を呼ぶという段階になったから連絡を入れてもいっこうに構いません。

病院に毎日行っていますので、体調の変化はそのときに教えてください。お願いします。何度も連絡して付き添って欲しいというようなことは言わないでください。いま、ふたつの病院に毎日通っている家族として、順番を付けて動いていかないといけないのです。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日から放射線治療が始まった。最初なので時間が少々かかった。前回は平気だったのに・・・・。とりあえず無理言って休み休み終えることが出来た。

三つあるうち、首の所とみぞおち付近にある癌は、一度にふたつ叩いてくれるそうだ。そのふたつが問題らしい・・・。しかし、その分治療期間が短くなるので負担も少なくなる。

腰の痛みは、もう一つの癌が神経にふれているらしい。なのでしばらくは痛み止めを飲みながらの治療となる。明日、これからの事や今日やったことについて色々説明があるらしい。

水・金曜日と、放射線科のM先生の診察をして貰いながら放射線を当てていくそうだ。七月いっぱいには終わるだろう。無事に終えられますように

それと、まだ入院の日にちが決まらない。消化器内科は混んでいるらしい。本当は病院は空いている方が良いのだけどねぇ。

そうそう、放射線を当てるのに、しっかりとその位置を決める。直接皮膚にマジックで書くため基本的には「裸」で入る。

放射線技師は若くないが、主治医M先生は親子と言ってもおかしくない年齢、何と20代である。傷があるしはずかしい、と言ったら、技師さんが「ここではみんな同じですから大丈夫ですよ」だと

そう言う問題ではないがんセンターは女

心の分からない先生ばかりだ。



明日、看護師さんに言いつけてやろう。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
昨日の夜中に姑の病院から電話かあった。いちど少しだけ息が止まったという。

今朝一番に主治医と話をした。感染症を起こして高熱が出てきたと言うことと、大腸の盲腸近くに大きな癌が出来ている言う。もう手遅れな状態だそうだ。それ以前に感染症の方が問題だという。


と言うことで感染症にうつりやすい私は、姑との面会は禁止と医師から言われた。父さんには手の消毒とマスク着用として貰った。

私も来週から放射線の他に抗ガン剤も始まる。いちど感染症と高熱で死にかけた私は、主治医も熱が出るようなことは注意してくれと言われている。


あんぱん家はどうなっていくのだろう・・・・。病院に入院すれば大丈夫と簡単に考えていた。結構ひどい状態だったのね・・・・。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
放射線治療のための印づけ、やっと今日できた。今までは仰向けに寝た瞬間腰に激痛が走り、調べることが出来なかったのである。首と首に近い背骨はマスクを作り、お腹にはペンで書かれてしまった。

でも治療が始まることが出来て一安心。22日から本格的に治療だわ。その頃には入院も出来るのかなぁ・・・。未だに連絡はない。放射線は毎日やらなければいけないから、入院していた方が楽なんだけどな。

それと・・・・姑が風邪をひき、今日は酸素マスクを付けていたそうだ。悪化しているのかどうか分からない。膵臓癌の話もまだ何も言われていない。どうなってしまうのだろうか。

姑は訳あって家族のみで葬式をするつもりだ。お通夜もやらない誰も呼ばない。入院中なら外泊してやらないと・・・。きっついなぁ。でも覚悟しておかねばならない。はぁ・・・・




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は精神腫瘍科の診察日、いつも同じ薬を処方して貰った。

明日はCTで放射線の位置を決める事になった。腰が痛くて昨日も出来なかった。薬を飲んでもだめである。明日は腰の痛みが出ませんように・・・・・。待っている間ずっと椅子に座っているのでどうしても痛くなる。明日は訳を行って寝かせて貰おうかしら。

ところで抗ガン剤のための入院、今日Y先生とすれ違ったので聞いてみたら、来週に延びたそうです。ベッドが空かなかったのね。病棟のベッドに関しては師長の方が強いらしい。緊急入院の場合は別だが、それでも師長と相談してから部屋が決まる。Y先生は女性に弱い女心の分からない先生だからなぁ・・・・・・・

昨日から急に暑くなってきたし、放射線は毎日通うことになるから、少しの間だけでも入院していたいな。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
骨の癌の放射線治療のため、放射線を当てる位置に印を付ける・・・・これが腰痛のため、二度目に延期となった。骨を強くするための点滴を受けているので、麻薬系の鎮痛剤を飲んでいるが、これがその腰の所だけ全く効かない。

仰向けになって位置を確認するのだが、一分も横になることが出来ないのである。椅子に座って長くまたされるのも影響しているのかもしれないが・・・・・他はどんな痛みでもその薬で30分もたたないうちに良く効くのにね。

金曜日にCTで位置を確認することとなった。上手くいけばいいのだが・・・。まだ入院の連絡も来ない。おちつかないですねぇ・・・・・・

まっ、焦らずノンビリ構えなくては




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
ついに梅雨に入ったと思われる宣言が出ましたね。うちには乾燥機がないので、この時期の洗濯は大変です。時にはコインランドリーも使用しなければなりません。めんどくさいなぁ。病院のランドリーつかったらおこられるよね。

今日はまだ病院から連絡はありませんでした。いつになるか・・・・携帯を一日中持って歩いています、早く決まってトットと治療を始めて欲しいなぁ。この待っている時間ってとってもいやです。

この一ヶ月、体重が5キロもやせました。この原因もなんででしょぅね。大好きだったチョコや甘い物も受け付けません。食べられるのは果物とゼリーぐらい。

先生に言わせれば〝土台があるから平気だよ〟とは言うけれどね。事実だけどこの女心の分からない先生、それもあたまに来るなあ。

まっ、痩せて綺麗になって見返してやろうっと




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
県内の国立職業リハビリテーションに通っている息子、毎月10日にその手当が振り込まれる。6月に入金された金額は定期代を入れて13万を超えた。親子してビックリである。

勿論給料ではないが、年齢でその額が決まる。この休みにそのお金で久しぶりに床屋に行った息子、さっぱりしたと行って帰ってきた。今までは父さんがバリカンで刈っていたのだが、もう19歳。いつまでもそう言うわけにはいかないだろう。

この手当の意味は貰った中で上手く使うことと、実際就職したときにスーツを買うとか仕事をするときに使う準備金としての意味があるそうだ。お金を使うことも訓練の一部かぁ・・・・。

そこまで息子の障害は酷くないのだけどね。結構ケチだし・・・・・・。こんどの休みにカードを作って自分で管理させようと思っている。

ちなみに娘のバイト代より多い。羨ましいぞ





ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
いつ連絡が来るか分からないので、暇なうちに、と、入院準備をしておいた。ベッドのあき具合で、明日入院、と言うこともあり得るのでね。

そう言えば、最近〝入院について〟というしおりをくれなくなった。病棟に行っても、今度は何号室ね、で終わり。入院慣れというのも怖い物だ。県立病院は少ないので本人かやめない限り、あまり移動がない。と言うことは、いつも知っている看護師さんばかりだと言うこと。事務の人もだいぶ顔見知りになった。

なので私が入院しても、あんぱん母さんなら大丈夫、と思われているらしい。嬉しいんだか悲しいんだか・・・。でも知っている人が多いというのは安心だ。

どちらにしても来週から放射線で毎日通うからなあ。ずっと入院している方が楽なんだけどね。ゆっくりと入院してこよう。抗ガン剤の副作用が少ないように・・・・・





ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
大腸と肝臓の方の治療はとりあえず終わった、と私の中で決めてしまった肝臓の再発はまだ心配だけど、とりあえず影も形もないからねぇ。

第2段階として、来週から骨転移の治療が始まることになった。本来なら今日、放射線をかける位置を決めるはずだったのだが、腰痛が酷く一分も寝ていられない状態、来週の火曜日にもう一度診察して水曜日からの放射となった。

そしてY先生の診察・・・・・・。何と、新しい抗ガン剤をやりましょうとのこと。

と言うことは、入院しなれはならないという

事だ


それも来週ベッドが空き次第すぐにね。

やっと自分の治療に専念出来ると思ったら、姑に膵臓癌の疑いが出てしまった。検査次第だが、入院時に、年齢のこともあるし、治療して元気になって退院できるという保障があれば治療をお願いするが、そうでなければ積極的な治療はしないで下さいとお願いしてある。

一ヶ月以上食事も取れないし、起き上がることもしない認知症の姑、治療をするかしないかの選択は、どうしても私たち夫婦と主治医の話し合いだけで決めるしかない。ただ苦しみのためだけの治療、延命だけの治療は選ばないつもりだ。医師もそのあたりの事は承知してくれている。

今月は大変な月になるだろう・・・。とりあえずこの週末だけはノンビリさせて下さいね





ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日も姑の病院から、呼び出しがあった。検査をするために同意書にサインをして欲しいという。時間は医師の都合で決まるので分からないとのこと。

明日は午前中は、放射線科での診察、午後から主治医との話し合いでこれからの予定が決まる。癌が大きくなっているため、主治医も一刻も早く治療を始めたいようだ。

来週はCTと精神腫瘍科の予定がある。放射線治療も毎日だ。それが終われば抗ガン剤を変えるため、二度の入院の予定がある。実家の売却の話もストップしたままだ。


いつになったら私は自分の治療に専念できるのだろうか。Y先生からはそう言われているのだ。


明日ははっきりと私の状況を説明しよう。電話一本ですぐに病院に駆けつけるほど暇ではない。どんなことがあっても私の治療を優先したいと・・・。姑の主治医は何というのだろうか。こういう家族は他にいないのだろうな。

今までも色々言われてきたからねぇ。〝それは分かるけど、お母様も大変な状況なんですよ〟ってね。

もう疲れたわ・・・・。





ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
主治医からの呼び出し、何だろうと思ったら、〝貧血が酷いので輸血をする。そのサインをください〟とのことだった。

鉄剤の注射をしたが、数値が下がってしまったとのこと。輸血は良いのだが、鉄剤の注射って1回や2回ではすぐには上昇しないのでは・・・・・と思うのは私だけ私はワンクール・20回やって、やっとヘモグロビンが5.8から9.2に上がった。二ヶ月はかかったぞ。年寄りだから20回も様子は見ていられないと言うことか。

肝臓も弱っているらしい。若い人なら肝移植を考えなければならないそうだ。勿論それは出来ないと言うことだったが・・・・・・・。まぁ良く歌を歌っていて見た目は元気に見えるけどね。

肝臓癌ではないというが、お願いだから私の前で肝臓癌の話はしないでくれ再発の可能性が大なのだが、一年だっても綺麗なままでいる。自分で再発を忘れようとしているのだから、禁句だぞ



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日、姑の病院から電話があり、明日の午後2時に行くことになった。今日も行ったばかりなのになぁ・・・・。金曜日には放射線科の診察と主治医の診察がある。

放射線治療はほぼ毎日通うことになると言われている。精神腫瘍科の診察も2週間に1回。放射線治療が終わったら、新しい抗ガン剤に変えるので短期だが入院が待っている。

実母の施設にも通わなければならない。これで父さんがサラリーマンだったらどうするのだろう・・・・。私一人で母と姑、いくら施設に入所と言っても今と同じ事は出来ないだろう。自分の通院が精一杯だ。ゾメダの点滴を受けているので体中痛くなる。運転などできやしない。

ただ、姑が悪化しているのは事実である。最悪のことを考えておかなければならない。父さんは事務的なことが苦手である。これからどうなっていくのだろう。

病気を抱えての親の介護は、はっきり言って無理である。でも何かあったときに呼び出されるのは、どちらの親も私たち夫婦である。

弟のこともある私にとって、ゆっくりと入院も出来ない。いつになったら自分の治療に専念できるのか・・・・・ちょっと弱気になっている。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
昨日も行ってきたのだが〝明日実母の入所している特養で、老人相手の服や小物を販売する業者が来るから良かったら見に来てください〟と言う言葉を頂いた。強制ではない感じだっだのだが・・・前の姑の施設で家族の態度も見ていると言われたことがあったので、行ってみた。

何と面会簿に記入したあと、後ろの方で家族が来たかどうか、チェックを入れている。面会簿は必ず日にち・時間・名前・どんな関係者か必ず書くので、必ず分かる。何もわざわざ別に名簿まで作ってチェックを入れる必要はない。家庭の事情でこれない人もいるし、必要な分だけ服があるので必要がない家庭だっている。外出できる人なら、届けを出して家族で買い物に行く人もいるだろう。

ここで一緒に買い物を楽しむのも良い。だけどなんか強制されて、服を買わされている様な気がした。業者が来ているので仕方ないけどねぇ。売れないと困るからね。

わざわざ来たかどうか確認するなんて、あまり気分の良いことではない、と私は思うのだが




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は珍しく何もない日・・・・と言うか、やることはまだまだあるのだけど、あえて何もしない事を選んだ。

と言うことで洗濯機を回してさあ干そうかな、と思ったら11時を過ぎている。あわてて干して軽く昼食、午後から〝相棒〟の再放送を見る。10月から始まるのが楽しみである。入院がないことだけを祈るのみだわぁ。

だるさと食欲の無さは相変わらずだ。体重が減っているのは嬉しいけれど。夏は特に弱い私、これからどうなってしまうのだろう、少々不安である。今度診察時に先生に相談してみよう。体重が減るのは良いことだ。の一言で終わってしまいそうだね。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は二度目の受診。まだ先生が緊張しているとのこと。看護師さんの方がどういう先生って聞くんですよ。

ただねぇ・・・処方箋には緩和ケア科と書いてある。私は精神腫瘍科。心療内科的な治療をしてくれる・緩和ケアとは違う。薬剤師さんが悩んでいた。何故ないかで痛み止めの麻薬を処方して貰って、緩和ケア科で精神剤と睡眠薬なのかってね。れには意味があるのですが、説明するのも面倒だった。きちんと連絡は徹底して欲しいなぁ。
 
がんセンターに真ん前にある薬局です。家のそばにもがんセンターの薬を取り扱っている薬局もありますが、自宅そばではお願いしたくありません。勿論情報がばれる事は少ないとは思いますが、痛み止めの麻薬やゼロータを使っていますので、絶対に知られたくありません。

4月に来た、新しい先生、新しい精神腫瘍科ですが、前の病院では腕は良かった感じがします。笑顔がホッとする医師です。
それと。何とまた血液型がB型。何故こんなにもB型が揃うんでしょう。がんセンターに来て外科も内科も主治医がB型。看護師さんもB型が多い。みんな同じ臭いがします。行動も言葉も何となく共通点があります。

通うのがまた一つ楽しみが増えました。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
父さんのページにも書いてあるように、色々あって疲れてさぼってしまいました。

弟もまた色々言ってくるし・・・・。姑は一応落ち着いたけど、施設に戻れるかどうかはわかりません。白血球が異常な数字だし、貧血も酷い。何の病気だか、今調べている状態です。

私の方も治療方針が決まりました。来週放射線科の医師の診断を受け、放射線を受ける事になりました。毎日通うのが大変ですが、抗ガン剤だけで様子を見るというより治療が決まったほうが私としては安心します。だいたい一ヶ月半程度。

そのあと新しい抗ガン剤に変わる予定です。入院はしばらくないと思っていたのですが、これは仕方ありませんね。先日キティちゃんのキャリーパックを安売り店で購入しました。旅行用には小さいのですが、入院にはぴったり。これを持って入院しましょう。多分入院用品よりも、さるぼぼ枕などお守り用品の方が多いかも・・・。

明日はがんセンター内の精神腫瘍科の診察です。こちらも当分通わないと・・・・。睡眠薬がないと眠れないので。

仕事よりも病院・施設巡りの方が忙しいあんぱん一家です。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。