2010年02月

ここでは、2010年02月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あんぱん父さんです

今日は母さん、あまりの馬鹿馬鹿しさ(詳しくは父さんのブログで)に、また倒れてしまいました。

スポンサーサイト
あんぱん父さんです

母さんは事情(詳しくは父さんのブログで)により休養に入りました。

世間はオリンピックなのにねぇ~。
今、就活で毎日忙しい娘、そこに朗報が一つ。何と今年の卒業式で娘が・・・・・


在校生代表として〝送辞〟を読むこととなった

学長直々の話である。21年間生きていた中で、最大のめでたいことである。

先日結婚予定だった友人のために、クリーム色のワンピースとネックレスがある。靴は買ってあげよう。今までずっと実家で悩まされていた私たち夫婦にとっても、久しぶりに心が優しく・穏やかになった瞬間。娘にとっても良い経験になるであろう。

実家のことは・・・・今しばらく話をしたくない。今日も何回電話を掛けだろう。私の気持ちが落ち着いたら書くことにした。

来週は息子の高校の卒業式。私と子ども二人の誕生日も近いのてで、しぱらくはめでたいことが続きそうだ。良いことだけ考えるようにしよう。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は、CTと骨シンチの検査、八時四十五分までにがんセンターに行かなければならない。両方の検査が終わったときにはお昼になっていた。

だけど、CTは放射線科でよくお世話になっている先生。知らない先生だと緊張する私。知っている先生で良かったわ・・・・って、結果はどの先生でも同じなのですが。

途中でお昼を食べ、昨日掃除の途中になっていた実家へ向かい、掃除の続きをした。そしてご近所にご挨拶。
成年後見人と障害者手帳を貰っている途中だと話し、近いうちに掃除を終えたら、実家を売り私のウチのそばに引っ越しする旨伝えてきた。

夕方だったため、ご近所さんみんなに会えたのですが、帰ってくる返事は、私の予想通り。ついでに車を変えてから初めての事だったので、〝この車の持ち主はどこのどいつだ〟と、ご近所さんが様子を見ているところに帰ろうとした私たちと出会った。事情を話し「この車が止まっているときは、私たちが実家にいると言うことですので、何かあったら声かけてください」と言っておいた。

もう弟のためではない。自分が楽をするためにやろうと思っている、この家を売り、借金問題を解決し、成年後見人になり、障害者手帳を貰ったらウチの住まいのそばに引っ越しさせる。それは弟には文句言わせない。夫婦二人でやっていくと決めた。

それにしてもすごい汚れ方、二日続けて掃除していたら筋肉痛になってしまった・・・・。まだまだたくさん残っている。これで痩せてくれればと思うのだが、今頭に来ていてやけ食いをしてしまう私、この次Y先生に怒られるだろうな、何て言い訳しようかしら



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
自分では〝母と弟を守るため〟だと思っていた。でも結局はそれは自分のためで有り、実家のためではない。

私の自己満足の為、他人から実家の事を良くやる娘だと言われたいため、だけだ。

もういい加減にしなさいよ。住所不定になろうが、心臓病で倒れようが私には関係ない。ガンだというのにも見舞いの言葉も全くないくせに、自分のことは私に面倒を見てと言う弟。今日何時間貴方のために掃除をしたというのか。お礼も感謝もなく、その上に、すぐ怒る私は嫌いだという。その言葉は絶対に許せない。

誰が私を怒らせているのか お前しかいないだろうがそれが分かっているのか。

すぐ怒るのは当たり前だ。給料の半分をローンでの支払い(生活には全く関係ない事、つまり騙されたと言うこと)、公共料金を支払い、自分の治療にお金がかかる。貯金はもとより、ろくにご飯も食べていないそうだ。

まあ、それが障害と言われる所以だが・・・・。全く自分の置かれている

立場を理解していない。


とりあえず手帳を貰い成年後見人になったら、どうなるのか、今から良く考えろ、と言いたい。家の処分の検討中、知り合いの不動産の仕事をしている人に話は付いている。役所にも相談している。いずれ私が家を処分し、ローンを完済して、私の家のそばのワンルームに入居させ、何かあったら歩いていける距離にする、と考えている。

もうそう言う準備はしている。覚悟しておけ、世の中は自分の思い通りには動かないんだぞ。特に障害者はね。その分国や県からはいろいろと補助が出たり、優遇されることもある。一人では人間生きてはいけないんだ。せめて身内ぐらい味方にするような言動をとれよ、馬鹿弟

せっかく長かった髪の毛をばっさりとショートにし、、染め、トリートメントとマッサージをして貰っていい気分で行ったのになぁ・・・・・。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
珍しく仕事をした。珍しい・・・・なんてね。その後成年後見人とは、と言う裁判所が出しているビデオ(正確にはネットからダウンロード)を見て成年後見人は何かを〝お勉強〟した。それでもなかなかと大変だと言うことが伝わる。

が、今までのことを考えたら、楽なことである。気持ちの上でね。私は考えるよりも動いてしまった方が楽な人間である。弟が何かをしでかしていないか、心配するぐらいなら、私が動いて管理した方がよっぽどましである。

ただ問題は、弟の生命保険、家の火災保険と権利証が全く見あたらない事だ。要するに無くしたと言うことである。それも家裁に提出しなければならない。明日から掃除に行くことにした。それで見つかればいいのだが・・・。

無ければ家裁に相談しよう。一人で悩んでもでも仕方のないこと、協力してお互いのために何が一番良いのか相談するつもりである。

出来れば今の家を処分し、我が家のそばに弟が来ることだ。一軒家を弟に任せられない。母は特養で一生を終わらせるだろう。とりあえずはワンルームマンションも多くある。弟にはそれが限界だ。跡取り生活していく上での家計簿を毎月提出するそうだ。弟がそんな細かいこと出来るはずがない。そばにいてくれれば少しでも通いやすいだろう。

一つずつ出来ることを整理しノートに書いて順番にやっていこう。それしかないね


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
午前中、母がかけていた○○共済を解約する手続きを取った。高額すぎるからである。それともう途中で何年も支払っていない。母が介護5である以上、解約するか残金をまとめて払うかどちらかになるが、私は「解約」を選んだ。それでも何十万も戻る驚いた。貯金しておこう。

本来なら葬式に使うための物だが、母が亡くなったも誰も呼ばないことにした。母の姉二人も高齢で介護を受けている。従兄弟が来るとは思うがみんなそれぞれ家庭があるし、これ以上実家のことで手を煩わせてはいけない。私自身がそこまで考えるようになってしまったのである。本当はみんなで見送るべきなのにね。薄情な娘である。弟もそうするつもりである。

多分私たち家族四人だけで見送ることとなる。ならば家で葬式をあげても良いし、公共施設も安く借りられる。親戚には、体調のいい時だけ墓参りしてくれればいい。

墓も弟がいなく守る人間がいなくなる。成年後見人なったら、相談してみるつもりである。息子が我が家の、娘は嫁ぎ先の墓を守るようになるだろう。子どもたちにはそこまでやらせられない。

療育手帳はやはり取れなかった。が、今手続きしている手帳が取れれば、ヘルパーさんではないが、掃除や食事作りの代行を頼めるそうだ。それで私が後見人になれば、とりあえずは弟も母も安心である。私も楽になるし、互いに良い関係に戻れることを期待して、ね。

でもさ・・・・私たち家族のことよりも実家の事で動くことが多くなっている今。子どもたちに申し訳ない、

来週は息子の卒業式だ。それまでに美容院に行って少しは綺麗になろう。娘も一つだけだがある会社の適正検査に合格し、次のステップに進むことが出来た。良い兆候だよね。

無理せず、一つずつこなしていこう。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
さすがに疲れが溜まり、今日は一日ねてしまいました。

心配なことが一つ。昨日、頭痛がして、同時に右手の指が震えて自由に動かなくなってしまいました。人差し指、中指薬指の三本。5分ぐらいで頭痛が消え指も動くようになったのですが、これもなにかの前兆でしょうか。明日は診察日ではないが、電話した方が良いのかな・・・・。今日は何もありませんが、こんな事初めてです。

さすがに午後には寝るのも飽きてきて、ちょっとお出かけ。昨日が舅の命日だったのでお墓参りにもいってきました。

今はもう梅がほぼ満開ですね。白梅、紅梅・・・・とっても綺麗でした。これからだんだん暖かくなってくるでしょうから、寝てばかりではなく外にも出ないと、ですね。気持ちよかったです。最近心が痛んでいたので、良い休養となりました。外の空気を吸い、自然を感じることも大切ですね。少し心が穏やかになれました。

埼玉の長瀞には、ロウバイという梅の種類があります。結構有名みたいですが、寒い時期なので見たことがありません。県内に住んでいるのにね。越生の梅林というのもあり、ここも関東では有名です。が、水戸の偕楽園には行ったのに県内の有名な梅林には一度も行ったことがない・・・・。珍しい埼玉県人でしょうか。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
詳しくはこちらのページでどうぞ。もう同じ事は書きたくありません。

あんぱん父さんです

兎に角疲れています。弟に振り回される生活は嫌だ。だけど成年後見人と障害者の手帳のこと、これを終わらせないと先に進めません。兎に角一年かけ、年内中に整理し、来年こそは、自分のためにそして自分の家族のために生きていきたい。自分の治療に専念しながら。

お昼も嫌な事がありました。食事も十分に取れる時間がなさそうなので、途中で外食、美味しいおそば屋さんに入りました。そこで隣の家族が話していた話。先日の中央線酔った女性が助けられた話。

美談で終わり、と言うわけではありませんが、彼は十分に出来ることをしたと思います、助かった女性も有り難うを連発していたと・・・・。酔ってふらふらになった女性か悪いのでしょうが、それを非難し、助ける方も必ずしも上手く行くわけではない、助けた方が死んだり大けがする事もあるのだから、助けなければ良かったのに・・・だって。

そして、中央線って飛び込み自殺が多いのよね。と付け加えた。

そう言う噂があるのは事実です。私も若いとき通勤で使っていましたから。

でもそれって必ずしも当たっていません。結構中央線のホームってカーブしていて、電車とホームの間に〝間違って落ちてしまう事が多いのです。今は改善されているでしょうが、実際子どもが落ちたとか、細い女性が腰から下が落ちて、必死にしがみついている姿を何どか見たことがあります。それも〝人身事故〟扱いになり知らない人がまた「自殺か」ってさわぐんです。

人身事故の悲惨さは何度も目にしています。それを思い出してしまいました。私は思わず、そう言う話はこういうところでしないで下さいと、叫んでしまいました。空いていたから良かったけど・・・・。その程度の話で注意されるとは相手は思っていなかったでしょう。

私の我慢がたりないそれとも、食事の場でそう言う話をするのが悪いまぁ短気なのは違いありません。


それと、弟の上司、弟と同い年だそうです。その人に口の利き方を知らないと言われている弟って・・・・何者



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
昨日はあれから腰の痛みが酷く、夜またがんセンターに行ってきました。先生はいつもお世話になっている放射線科の先生、気が楽だったのですが、普段ならロキソニン一錠飲めば治る腰痛も、何故か治らない・・・。

12時頃もう一錠追加、それでも、痛いと大騒ぎするほどのいたみ。二時過ぎにもう一度がんセンターに連絡、三時に薬をもう一度飲んで治らなければ、医師に相談するとのことでした。

幸い、三時過ぎには寝る事が出来、ホッしたところ、朝八時過ぎに従兄弟から電話。まだねていた私。用件はカレンダーの所に〝10時・ネックレス〟と書いてあるので心配だから見に行ってくれないかとのこと。(従兄弟は仕事中)急いでご飯を食べ、伯母宅へ・・・。

何も知らない伯母はビックリ、それでも家に入れてくれたのですが・・・・。それからが大変でした。認知症なので騙されてているのではないか、と思ってる従兄弟と私たち、それを理解しない伯母。文句たらたらでした。

客が来るのに約束なしに来るとは困るとか、腰痛が酷く夜殆どねていない私、横にさせてと言うと、親戚とは言え人の家で横になるのは非常識だとか。ガンの薬の副作用と説明したけど、腰痛ぐらいで横になるなんておかしい、そんな物はマッサージで治せとか、叱られてばかり。

定年まで中学の教師だった伯母は、生徒に注意しているつもりなのかもしれませんね。私はもう教え子の一人だとしか思われてないのかも。

従兄弟にはウンとお世話になっているし、認知症の人の対処の仕方は理解しているつもりでしたが、今日は辛かった一日でした。

ただ、ネックレスといのは、昔伯母が元気なときに高価な真珠のネックレスを買い、その手入れのための物でした。従兄弟には説明し、その方にも伯母の状態を説明して、どうしても連絡を取りたいときは伯母とは話さずに従兄弟を通して欲しいと伝えました。

そのまま私の心療内科の診察に行き、午後はゆっくりとねさせて貰いました。

認知症の母と伯母達、障害者の弟・・・そして私はガンもう大変です。私の人生なんでしょう。マジでガン患者の認知症を想像してしまいました、私だけはせめて認知症にはならないよう心がけたい物です。

追伸・・・昨日初めて火の玉をみました。コインロッカー式のお寺のそば。怖くはありませんでたが、なにかの予兆でしょうか。良いことなら良いのに、と、心から思っています。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
役場で言われたとおり、今日心療内科のある精神科へ行ってきました。私が通っている病院と経営者は同じです。

一応弟には何のために行くかは理解して貰ったつもりでしたが、弟はやはり自分の置かれている立場が分かって無いようです。
色々連絡事項もあるために必ずこの時間の電話には出る、と言う約束も反故にする・・・・私が怒るからだそうだ・・・・先生に説明にするために、弟の生活をおおよそで良いから知りたいのに、うるさいだの何でそんな事を聞くのだとか・・・・

最後にしつこいぞと怒鳴られ、さすがに私は切れました。荷物をまとめ私は帰ると外に出てしまいました。主人があわてて出てきて、私をどうにか落ち着かせようとしていましたが、私だって心療内科にかよっている身分。もう誰に求められないというか、自分でどうやって落ち着けばいいかが分からなくなりました。

弟に土下座させなければ、、、、それしか頭にない。その弟本人は、スロープになっている上の方から、ご免なさいの一言。私は〝上から見下ろすじゃねえ〟そう言うことを言うまで平常心を無くしていました。その後土下座していたっけ。もう顔を見るのも嫌でした。

そこに先生から呼ばれ看護師さんに慰められ・・・。とりあえずは平常心がないまま、主人に付き添って貰って診察、変わりに答えて貰い、診察は終わりました。父さんがいなかったらどうなっていた事でしょう。

もうこれからは、私のためだけにやります。それと家族に迷惑がかからないために。自己満足だけです。良いお姉さんと言われたい為。弟の体の心配ではなく、です。

手帳を取得するためにはまだ色々検査がありますが、半年はかかるそうです。その間に後見人になり、書類や土地家屋の整理をしようと思っています。夏頃にはすっきりするでしょう。

そうすれば私も楽になり、気持ちも落ち着くと思います。そしたら自分の治療に専念し、家族のために長生きしたい。そして幸せに暮らしていきたい。

今はそれが目標となりました。まとまっていない文章かもしれません。読みづらかったらご免なさい。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように

今までより一番楽かなぁ。。。でも右膝がトイレにはいるときだけ、針で指されたようにいたくなります。他は平気なのにね。でもどうせ、骨シンチの検査が入っているので、今は何も言いません。多分体重のせいだと思っている私。年も年だし足腰の痛みは誰にでもある物と、楽観しています。

やはりB型は良い性格だわ。絶対に悪い方には考えないです

弟のことも今日一つだけ電話しました。どちらにしても障害者手帳と成年後見人の手続きを終えないと先には進め無いようです。さあ、明日から頑張ろうっと。


まだ体がだるいので、今日はこの辺で・・・・。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日から抗ガン剤の5回目が始まった。前回蕁麻疹が出たので、先生が5回目をやるかどうかで悩んでいる・・・・。

だから出たときに電話したではないか。

での因果関係は分からないと言ったくせに。


と、心の中でウンと怒ってあげたわ。言葉に出すと、今、貴方のために、大事なこと考えているのだからと言われそうだから、口にはしないどさぁ・・・。

でも私が抗ガン剤をやめたくない、と言ったので、アレルギーを押さえるする薬を追加してくれた。これで様子を見よう。前回も夜中に腰痛で緊急の診察を受けたので、今回も腰やひざ、股関節(昔、股関節炎の治療をした経験有り)の痛みを伝えたら、又骨シンチの検査を追加された。腕は全く痛くありませんが、と言ったら

そこまで行ってしまったら大変なことになっているよ、だって。そりゃそうだが、念のため・何でもないという安心感が欲しいでしょと言うことで、検査することにした。はぁ・・・・。


ついでに、治療には関係ないことですが、と断りを行った上で相談した。弟の成年後見人のこと。

先生が言うには、私の精神的な負担を無くすためにも、ご主人に任せて、貴方がサポートという形で出来ることだけをやった方が良いとのこと。正論である。が、先生はまだ私の性格を理解していないみたいだ。

私の場合は、サポートとか、ご主人に任せると言うよりも多少無理してでも、自分が動いた方が精神的に楽になるのである。今回の場合も父さんがやったら、毎回愚痴を言われるか、小遣いと称してお金を抜き取られそうだ。(それでパソコンの部品分を買ったりして自分のパソコンを作り上げてしまう。父さんの趣味になっている)

病気でも、自分で調べたり問い合わせしたりして、動くことが大好きな私、これだけは理解して欲しいなあ。

〝私が後見人になる方が、私のためにも精神

的にも、自分のためになる〟のである。
ということを。

多分ガンを隠して私が後見人になってしまうだろう。先生にも役所にも内緒である。ここだけのヒミツだ。

後、抗ガン剤を受けながら看護師さんから聞いた話。がんセンターの裏道で桜が綺麗に咲いて花見が出来るそうである。何と屋台も出るとのこと。今年はここで花見をやることに決定。先生や看護師さんも皆来るのかな。それはそれで楽しみである。

最後だが・・・・ウチにあるおひな様今年こそは飾ると決めていたが、父さんと娘の「置く場所がない」の一言でこれに決まった。

                 おひな様


勿論、Y先生ですよ~。これで癒されようでも、ウチにある本物のおひな様、親王飾りだけだが、もう何年出していないだろう。箱から出すのが怖い。風通しだけでもしなくてはいけないね。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
そんな映画があったなぁ・・・・・。

なんか、だんだんとガンのことから遠ざかっていくブログである。きちんと治療しているよ。副作用もあるよ。明日は5クール目にはいるよ~。それは明日書くからね。

今日も弟のことだ。呆れて物が言えない・・・・。先週から又連絡取れなくなったので今日、買い物ついでによって見た。生命保険のことで証書が無く、受取人が父の名の保険のことを聞くつもりだった。どんな内容の契約を取ったか。

弟は覚えもないらしいが、保険がかけてあることは正解だ。受取人の名前を変更する事を伝えようと思って、ついでにガン保険も付けようねと言ったら、付いている保険ならあるよだと
第△生命のもので、ガン・心臓病。脳梗塞の三大病が付いているという。そちらの方が良いように見える。でもさぁ・・・ふたつ保険かける人間って・・・・・・。私には分からない。

どちらも保険証書がない、とりあえずいろいろと問題点があるため(受取人が他界、母は認知症)手続きに色々と問題があるという。なので、弟の障害者認定と成年後見人の手続きが終わったら弟が立ち会いの上、やることにした。両方会わせると、42,000円以上の保険料となる。妻も子どももいない独身の弟にそんな高い保険は必要はない。病気になったときに保障が出るだけでも十分だ。後は葬式代が残ればいい。どちらか一つにまとめるつもりである。ちなみに受取人は私になる。これ以上迷惑かけるな、と、言いたい。

それと、成年後見人と父の相続をするためにお金がかかる。いくら出せるか、と聞いたら100万円は出せるという。あまりにも物事の価値が分からないというのは・・・・・だから業者に騙されるんだよ、と心から思った。兎に角必要経費は出させるつもりだ。少しだけ〝私の手数料〟は貰うぞ。

もう忘れた~すべてあなたのことは・・・秋の枯れ葉の中に捨てた(白い冬より)

負けない、負けない、誰にも負けない(砂の道より)

どちらも好きな曲の詩の一部である。私の気持ちを少しだけ代弁している。今日は私の気持ちが固まった日だ。父さんがそんな私を見て大笑いしている。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。


追記

実家のオール電化、どこの業者でお願いしたかは分かりませんが、東京電力に聞いたところ、ウチで取り扱っている商品で、東京電力に直接お願いしても100万円はかかるそうです。中間業者(代理店など)にお願いしたらもっと工事費がかかるとのとのこと。家族が全く弟一人だというのにねぇ。何の必要があるのだろうか。

電話も弟は殆どかけない・出ない(居留守も使う)のにNTT回線を休止している。KDDIならNTTより安いという主張だが、月に基本料金とわずかな電話でどれだけ得があるのだろうか。

私の独り言でした。
最近の疲れが溜まっているらしい。あちこち痛い。肩凝っているし・・・。


昨日の話の続きになるが、家に帰ってから、何となくもやもや仕始めた。最初は「何しに来たの」というようなぞんざいな態度だった。
書類の中に〝今まで大きな病気をした事があるか〟と言う欄があった。記入がなかったところ、そこを突っつかれた。

無いと答えたら「では何で介護5という診断が付いたのか」と聞かれたので、認知症ですから・・・と答えたら、それも大きな病気です。何故書かないのですか、だって・・・・。

大きな病気=認知症では無いだろうが

父は認知症ではないが、脳梗塞で介護5、施設に入った。認知症ではないので頭はしっかりしている。ただ半身不随のため施設に入った。私はガンという大病をしている。再発・転移で三回の手術とラジオ波と抗ガン剤治療を今でもしているが認知症ではない。

確かに認知症も病気だ。今までの施設でも同じようなことは聞かれたが、そう言う言われ方をされたことがない。例えは若いときに大病や大けがをしたからと言って、年取ったときに必ずしも認知症になるわけではない。

私は、わざと言ったのではないか思っている。向こうが勝手に弟の事だけを見ていて、私たち夫婦を変人・常識のない夫婦だと思っていたから・・・・・。姑の入所も断るつもりでいたのか・・・と勘ぐってしまった。

成年後見人も母親の後見人になると思っていたらしい。弟だよ

父さんは後一言二言言われたら、申込用紙破いて、こんな所に二度と来るかと、いいそうだったよ、と後から言った。私もそうだった。誤解が解けたとしても、あの方とは永遠にわだかまりは残ると思う。

今まで、いい人ばかりと巡り会っていた私たち、久しぶりに嫌な思いをした。

何故一番初めに私と弟が揉めたとき、疑問に思ったことを私たちに聞いてくれなかったのか。ずっと非常識な夫婦だと思われていたことが、ものすごく悔しい思いでいる。それでも母が入所してお世話になっているから有り難いと思っていたのに・・・・。

誤解が解けたんだと、納得しなくてはと思っていても。気が晴れない。嫌な自分がここにいます。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
まず、姑の特養入所申請のため、今現在実母が入所している施設に行きました。

ここは実母が入所するときに、弟と大喧嘩したところです。

それでそこのケアマネさんが、私のことを非常識な姉、お母様の面倒を私たちが見るというのに、何の文句があるのだろうかと、今までずっと疑問に思い、又不愉快に思っていたそうです。

私は自分の意志でしか携帯は教えません。家電は電話帳に載っているから(今はNTTではないから載っていない)仕方無いとしても、携帯はいつでも夜中でもどこでもかけらるから、知らない人には教えたくないのです。

勿論病院や学校関係など必要なところには教えます。それは私の判断で、ね。

又その用件というのが、ヘルパーさん曰く「今弟さんが目の前にいて、この電話番号を聞いたが、弟さんがお姉さんと話すと怒るから嫌だと言っている。お母様が今特養に入所したので、この電話番号も特養の用紙に記入する」だった。

施設には全く文句はありません。特養に入所して、どうしても私の連絡先を知りたいのなら、弟がきちんとそれを私に話し、携帯を教えて良いかどうか、入所する前に確認すれば良かっただけのこと。それをせず、当日になってそこにいるにもかかわらず自分で電話しないで、ヘルパーさんに電話を教え、かけさせた。

それを私は怒ったのです。筋を通せば、いくら短気な私でも怒りません。案の定、居留守を使う弟と、連絡が取れずら困っていたそうです。

母親の成年後見になると思っていたその方は、弟が障害者の可能性があり、弟の成年後見になると言ったらビックリしていました。そうには見えないって・・・・。そう見えなくても障害者というのはいるんですよ。

その揉めたことだけでなく、何故弟の障害者申請を私がするのか、どうして成年後見人になるかをすべて話したところ、やっと前後が見え理解できましたとのこと。

誤解されていたのですね、私。誤解か説けてホ

ッとしました。


そうでなければ、私の方が施設で変人扱いされていたままでしょう。今日、改めて携帯を教え、よろしくお願いしますと、心から言えました。

その後実母と姑に会い、帰ってきました。二人ともご飯をよく食べ、賑やかだそうです。二人一緒になったら怖いかも。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
殆どのことは父さんに書かれてしまったわ

午前中にもいろいろと電話を書けてみたが、郵便局の対応はあまりよろしくなかったわ。後何処か忘れたけど、成年後見人になっても二親等以外の家族以外は、個人情報保護の為貴方には何も出来ませんと言われて、プチッ電話をたたきってやった。

何のために私は成年後見になろうとしているのだろう。でも、後々から良く考えたら・・・・・・。

私は姉だから、二親等ではないか相手にも、弟のことで、と。はっきり話している。

やはり物事は落ち着いて、整理して話さなくてはいけないね。怒ってはいけない。

平常心・平常心・・・・・・と、心の中で考えながら物事を勧めていこう。短気は損気ある。


明日は姑の施設の手続きに行ってくる。介護5になったことで特養を中心に探すことにした。とりあえず今母が入っている施設に申し込む。多少、ホントに多少だが、優先されるようだ。母か入っているからだろう。

後は今入所している老健が経営している特養。少し離れているが、こちらも多少・・・・・数字が全く同じならと言う条件で、優先権があるようだ。

老健だといずれ出て行かなければならない、もうそろそろその時期である。説明を聞いてこよう。


まだまたやることがいっぱいある。ウチの確定申告と姑の年金申告。息子の書類作成と、個人面接、ハローワークへの訪問。また、息子の通学方法が変わったから、その通い方の確認と練習。(電車に乗って通うというのが苦手なの。障害を持っているから)まっ、高校には一人で通えるから2~3回確認すれば大丈夫だけどね。

私のガン治療と、心療内科の通院もある。忙しくて、心療内科にかよえない。行きたくもないが、通わないとだめのようだ。寝られないし、弟のことで今とっても気持ちが不安定。主治医に怒られるわ・・・・・。来週火曜日はがんセンターの日だが、それまでには予約だけでもしておこう・・・・。

何のために私は今、こんな忙しい思いをしているのだろう。何のために私は産まれてきて、この世に存在するのだろう・・・。ついそんなことを考えてしまった日だった。

私は自分と父さんと二人の子どもと四人で平和に幸せに暮らしたいだけなのに。お願いだからこれ以上、誰も邪魔をしないでおくれ



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
以前、リレーフォーライフで知り合った人から、オフ会と称して呼び出され、とある宗教の勧誘を受けて不愉快な思いをした、と書いたことをご記憶でしょうか。

今日その人から連絡か有り、あの頃はうつが酷く、誤解を受けるような事を言って申し訳ないという謝罪の電話でした。本人は勧誘しているという覚えが無いのでしょうか。父さんとも話していましたが、結局は宗教からは全く離れておらず、〝洗脳されたままである〟と言う印象しかありませんでした。

調子が良くなったから、と言いつつ、私の書込んだことや他の人のブログは読めないとのこと、私たちの気持ちを理解出ていないようです。

なので、悪いとは思いつつ、きついことを言いました。お付き合いするのは全く構わないのでが、宗教だけは受けいられません。ましてやその宗教は評判は芳しい物ではありません。早く本人が気が付いてくれれば、と思うのですが、相変わらず素晴らしい宗教と他人を勧誘するだけです。病気や弱みにつけ込んでの勧誘なんて・・・・。

わたし自信、宗教を理解していない人間が言うことではありませんけどね。

ただ、私は人には恵まれました。特別な言葉ではありません。日常ごくごく普通に使うような言葉なのに、すごく感動を受ける言葉で、そして、本当にこの人は私のことを心配して言っていると言う事が分かる様なしゃべり方で。きっと

〝あんぱん母さんは恵まれているよね〟と言う言葉に

〝貴方にもごく身近にそう言うことを言ってくれ

る人がいる筈だよ〟
と私は言いました。

宗教関係者以外に耳を傾けてとも・・・・。私は本当に周りに助けられました。ホンのささやかな言葉に感動し励まされ、そして乗り越えられてきた。息子の時も姑の時も。後から気が付くんですけどね。

宗教を絶対に否定しません。自分の心のよりどころとして信心することは悪いことではありません。でも勧誘はしないで下さい。本当の宗教なら勧誘などしなくても人は集まりますから。

少しだけ宗教から離れて周りを眺める余裕があると良いと思っています。きっとこれから良いことあるからね。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
日常の話と言っても中心は弟と息子のこと。

まず息子の事で、ハローワークに行き住民票を提出・・・・・・。の筈が。息子のだけだった。家族全員分が必要とのことで、もう一度区役所に。姑も戸籍上は同居になっているので、念のために姑の収入証明を貰ってきた。これは来月前半の提出。と言うのも、来月になれば一定基準以下の収入の家庭には、いろいろと補助金が出るとのこと。交通費(定期代)もべつに貰える。それが分かるのが今月中頃だそうだ。

貰えますよと言って実際はそうでなかったら申し訳ないから、来月に来てくださいとのことでした。

多分貰えると思うがと担当者はつぶやいていたけど・・・・貰えたらやはり嬉しいぞ

示された金額が半端ではありませんでした。娘のバイトよりずっと高い金額。そこまで知ってしまったら〝やはり支払いできませんでした〟は、許さないからね

そのまま役所に行き、お世話になったケースワーカーと会う。国リハ合格を伝えた。これから厳しいぞ、と息子は脅かされていたが、「今の担任よりましだ。」と未だに言う。そうかもしれない。ずれたところで怒られてばかりいた息子、どんなに厳しくても、正当な理由で怒られるのであれば息子も納得できる。

このケースワーカーも優しい方だ。療育手帳を貰って手当が貰えると息子が喜んだら、貰える物は何でも貰いなさいとのこと。それを貯めて大事に使うことも勉強の一つだよって・・・・。ホントにそうですよね。

免許の事も聞いた。試験場の審査が通れば大丈夫とのこと、その手当を貯めて免許取ったらいいよだって。息子にも目的が一つずつ増えてきたようだ。

そして弟のこと。今日役所から手帳を貰うための書類が届いた。これを記入した上で心療内科に診察に行き、医師に書類を書いて貰う。手帳が貰えても貰えなくても、成年後見人にはなるつもりでいる。

そしたら家庭裁判所にいって説明を聞いてこよう。最近は個人で取りに来る人も多いそうだ。挑戦してみるつもりでいる。

それが終われば、土地・家屋と財産分与、電話の名義変更、弟が騙された業者の支払いどこまで止められるか・・・騙しているのに個人情報は教えないという馬鹿会社がいる・・・・調べる事、弟の生命保険の受取人をかえること(いまだに亡くなった父のままだ)、家のローンもあったはずだから、父も生命保険に入っている筈だが、こちらはもう無効になっているだろう。

それと今弟が勤めている会社にどう話すかが問題。障害者と言うことでクビになったら困るし、だけどいろいろと給料を計算する以上確かいろいろと免除がでで来る事もあるはず。まずそれを調べてからの話になるが、難しいところだ。


やることがいっぱいだ。父さんが明日気晴らしにどこかに遊びに行こうと言っているが、娘は明日も就活。

私が今一番ノンビリ出来るのは、がんセンターに入院して、先生

の顔毎日見て、看護師さんに優しくして貰うこ

と。勿論治療無し、抗ガン剤だけ。
なんですよ~

そうそう、従兄弟の所にも行ってきた。弟のことを報告、息子のこともこういう進路なったと言うことを伝えた。そして、伯母のお見舞いを来月にすることも決めてきた。はぁ・・・ガン患者に休み無しだわ。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
4クール目の抗ガン剤も今日の夕方から一週間お休み。来週から5クール目が始まります。今、何故か足の裏がかゆい。どうしてでしょうね。これから痛くなってくるのでしょぅか・・・・・。手足の色、だんだんと人間離れしてきています。

明日は、ハローワークに今度通うリハビリテーションセンターのための書類を届けに行きます。年収によってですが、交通費も全額出ます。その後、従兄弟の所へ行って弟のことと。今度施設に入った伯母のお見舞いのことを話してきます。久しぶりに自分の家族のことが出来ます。

さあ、これからも頑張ろうっと

表向きは静かになり、怒ることと言うのがなくなった私ですが、腹の中は煮えくりかえっている様です。こんな私が今度怒ったらどうなるのでしょうね。

しばらくの間〝冷静になること・話すときは間をおいて一呼吸〟に気をつけなくては行けませんね。沈着冷静なあんぱん母さんを目指さなくては。はぁ・・・・・。

すべてのことが終わったときに、ガンも完治しました、と言われるような気がしてきた・・・・・。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
結局昨日は弟とは連絡取れなかったわ。なので朝一番に実家に行ったが、それでもいない。とりあえずこれから色々やっていく上で必要かなと思い、実家の家の〝証拠写真〟を撮ってきた。とてもではないが何度見ても住めるような家の中ではない。

それと騙されたと思われる業者の名刺があったので、持って帰ってきた。案の定一カ所以外は通じない、その通じたところも転送電話なので支社にどういう人間がいるか分からないという。その転送電話、と言うこと自体怪しい。

結局はその人は辞めた、工事の内容は個人情報なので教えられないという。

コノヤロ、いずれ近いうちに私が成年後見人になってやるから、

絶対に訴えてやるぞ。個人情報なんて言わせないようにしてや

る、待ってろよ。


と心の中で思いつつ、丁寧に〝お手数おかけして申し訳ございませんでした〟と笑顔で電話を切ってやった。



最近の私はもう一線を越えてしまったらしい。短気な私が全く怒る気がないのである。


待っても待っても弟が帰ってこないので家に帰ってきたとたん、何と電話がかかってきたではないかちょっとビックリだが、メモに少々脅しの言葉を書いたので、仕方なく電話してきたのだろう。

すべてのことを話し、私が成年後見人になって、実家と母と弟の財産などを守るべく、すべての物を私が管理する事に決めた、と言ったら、僕の通帳は管理されると困るという。障害者にはなっても良いらしいが、お金は嫌だと・・・。

お馬鹿、そのせいで何回も騙され、今も悪徳業者に七万以上のローンを組んでいるのでいるのだろうが・・・・。それが出来ないよう、財産を守ってやるというのに。

用は自分のお金が全く使えなくなったら、自分生活はどうなるの。と言うことらしい。勿論私が使うわけではない。母の施設の支払いや公共料金の管理をし、弟の生活費は勿論自由に使えるようにする。ただ、大金があると現金で支払えという悪徳業者もいるから、そう言うことが出来ないようにするだけだ。

まぁ、嫌々ながらも納得はした。そんな話聞いていないって言われないよう、主人にも話は聞いて貰った。さあ、後はどうなることか。

電話を切った後、父さんが、〝弟と話しをして怒らない母さんを初めて見た〟という。そう初めてである。

でもさっき書いたように、一線を越えたようだ。怒ること自体に疲れたし、もう障害者という言葉を聞いて怒ること自体無駄な労力だと悟ってしまった・・・・。これから優しい母さんになるのかな。だけど、心の中ではやっぱり怒っているには違いないけどね。

昨日だって、こっちが弟のためにいろいろと調べているというのに、何で留守だったか聞いたら、日帰りで一人で盛岡まで遊びに行っていたという。

はぁ・・・・である。

遊びに行くなと言うわけではないが、私は何のために一日動いていたのか・・・。それも私には言えないことだと、初めは突っ張っていた。何も悪い事してないなら言えないとか、教えないとか言うのはもうやめにしてくれと言ったら、白状した。

遊びに行くのは良いが、その前に家の中を掃除しろよ

それも一人でか・・・・そりゃ一人旅もいいが、友達とも旅行にさえ行ったことのない弟、何が楽しいのだろうか。疑問だが、本人が楽しいなら仕方ないか。

まあ、これで一歩前進は間違いない。それで良しとしよう。でも疲れた二日間だった。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は姑と実母の所に面会。どちらも元気で安心でした。

姑が介護5になったことで、本格的に特別養護老人施設への入所を考えるようになりました。今、二つの施設の申し込んでいますが、3桁の空き待ちです。
そこでこんどの候補が、実母が入所しているところ。そしてもう一つが今入所している老健の系列施設で他の市のある老健。今週中には両方申し込むつもりです。


・・・・・って、私の仕事が増えただけじゃないか。チッ

弟は今日一日捕まらなかった。どこへ行ったやら・・・。帰ったら連絡を、と言うメモ残したがかかってこないだろうな。仕方ないので勝手に話を進め、後は実家に押しかけて捕まえるしかない。

ビックリしたのは、弟の生命保険の受取人が死んだ父になっていること。見つけてしまった・・・。早く成年後見人にならなければ大変になりそうだ。カビの生えまくったお風呂にも平気ではいる。食事もまともではない。

私に、 「自分の治療に専念し、穏やかな生活を家

族と一緒におくれる時」
 はいつ来るのだろうか。今日は、つくづくそう思

ったよ・・・・・。誰かそんな私を元気づけてくれ~~~



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
夕べはほとんど寝られず、朝は朦朧。午前中は布団で寝させて貰いました。

やはり心療内科は通い続けなければなりませんね。ちょっとあるとこれですから・・・・・。睡眠剤と精神安定剤はしばらく必要です。途中で辞めると、本当に辛いものなのですね。Y先生の言っていること、当たっていました。今回は嘘では無かった・・・・と言うと怒られますね。

それと今日、姑の介護認定がきれたため、新しく審査して貰った結果が出ました。何と、介護3から介護5にあがってしまった・・・・・。夫婦してビックリです。元気なのですけどね。良いことか悪いのか、良く解りません。

認知症の人は、障害者手帳を持っていなくても、65歳以上ならこれから所得税、市・県民税が免除対象になるそうですね。なので我が家の確定申告と一緒に年金申告も行ってきます。

・・・・・と言うことは母もか弟には出来ないことでしょうから、委任状貰って私が行くこととなるでしょう。はあ・・・・。住まいが違うので、税務署の管轄も違います。忙しい日が当分続くでしょう。


ところで・・・。近所でこういう病院を見つけました。それがこれです。


   たまご    たまご2

何の病院だと思いますか。




そう、なんと「産婦人科」です。可愛い病院です。

息子の時、妊娠が分かったのが随分早い時期で、産婦人科に行ったときは、まだたまごの状態でした。中で心臓だけが動いているんですよ。何となくこの病院の由来が分かる気がします。

ちなみにこの病院での出産ではありませんが。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
本当に電話で聞いてみるつもりだけだったのだ。行動に移すつもりもなかったのだ。

今日、弟の住んでいる役場に電話をしてみた。これからのこと、このままですむ筈がないからだ。何処かに相談窓口はないかと・・・・・・。そしたら福祉課に繋がった。

母がぼけ始め、父が脳梗塞で入院した頃からの話だから、かれこれ6~7年前の事からだろうか。私がガンであることも、それに対して何も感じていないようだと言うことも。そして、今近所では変人と噂されていることも言った。

それに対し、あくまでも私の話を聞いた限りでは、と断りを言われた上で、精神的な発達障害を持っている可能性があると思われる、とその職員さんから言われました。

もう一つ知的障害の可能性も、と言われましたが、生育歴、通信簿、母子手帳が必要とのこと。年齢的なことと、高校まで出ていて、勤めをしていて、特殊学級に入っていないので、こちらは可能性は低いそうです。

そして手帳を取った上で、家裁へ行き、成年後見人に必ずなること。ガンである私は難しいが、父さんなら可能、もうこの方法しかないだろう・・・。ただ〝障害者〟と、本人が認めることが一番難しいだろう。それを自覚しない限り先に進まない・・・・・・。

これはケースワーカーと診断してくれる病院(精神科か心療内科)に協力を頼むしかないだろう。私の話には反発するだけだから・・・・専門家からの説明が一番良いかな。

この先どうなるか分からないが、兎に角動かなくて行けない。でもまさかすぐに、障害者と言う言葉が出るとは思わなかった。

確かにそう言うことを言われたこともあった。そのときは私が怒ったが、落ち着いて一歩下がって〝第三者〟としてみればそう思われても仕方がないと思う。もう変人という噂がが立っているのだから・・・

書類を送ってくれるという。それからゆっくり考えよう。いま、息子のリハビリテーションセンターの手続きと、確定申告と姑の年金申告と卒業式と、私の診察・検査・・それだけで一ヶ月暇無しだ。まだ書類何も書いていない・・・・。心療内科の診察もさぼっている。これは主治医からきつく言われている。辞めては駄目だと。でも行っている暇がない。はぁ・・・・


墓穴掘ったかなぁ・・・・・・。

今、弟の事は避けてばかりいられない状況になった。

私の今一番望んでいることは、自分の治療に専念しながら、親子四人でごくごく普通に生活したいだけだ。

でもでも・・・・・・。親が認知症、伯母も認知症、私がガンで弟は発達障害で、ガンの私が(出来るだけ私がやりたい)弟のの成年後見人になる何て家はそう多く無いだろう。

私の存在って何ガンになったことは仕方がない。息子も手帳を貰ったことは仕方がない。そのおかげで、私と息子は、多くの人に助けられ、守られている。素晴らしい人と出会った。それを心から有り難いと思っている。

私は弟の親でも保護者でも何でもない。弟は私に何をしろと言うのだろうか。最後の、たった一つの姉の責任として成年後見人にはなるが、それ以上でもそれ以下でもない。もう迷惑をかけないでくれ、と心から切に願う。冷たいと思われるだろうが、私は自分のことで精一杯。これ以上頑張れない、



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日も寒い日でしたね。夕べ寝るときに雪が降っていて大喜びしたものの、今日は晴れ、全く積もっていませんでした。

二年続けて入院していた私、今年こそ忘れずにと思っていたこと・・・・・。
 
節分、昨日だったではないか

さすがに豆まきはしないけど、あのお豆大好きな私、自分の年の数を一度で取って食べるんですよね。絶対食べようと思っていたのに・・・・・。バレンタインは忘れずにチョコを買おうと思っている。勿論自分が好きな物・・・。


最近みんなのブログ読むことが出来ないでいるが、父さんが色々と教えてくれる。そんな中今日、ふっと思ったこと。

みんなが同じ病院に入院していたらどうなるのだろうか。私としては今私が通っているがんセンターが良い。(Y先生とS先生を教えてあげたいから)

楽しい生活になるんだろうなぁ。午後はみんなの部屋を回ったり、一緒に検査受けたり・・・。正門のそばに桜の木が何本かある。春になったら先生に無断で、その下にござ敷いて酒盛りやっていたりしてね。元気なガン患者だと言われそうだね。

ちょっと想像しただけで、楽しくなりました



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
晴れて合格が決まった職業訓練校のオリエンテーションに行ってきました。何と競争率2倍以上。良く受かった物です。

正式名称が「国立職業リハビリテーションセンター」、軽度の障害者(埼玉では療育手帳という)だけが入れるところです。ウチの息子は知的障害児ではありませんが、発達障害児としての入所です。期間は一年ですが、早く就職が決まれば期間を待たずに就職も可能だそうです。

所沢なので遠いのですが、自然の多い、静かなところです。場所的には良いところでしょう。子どもが小さいときは良く所沢航空記念公園に遊びに行っていたのですが、なんとその駅を降りるのです。

公園があって、私がお世話になっているY先生の母校がすぐ隣にあるのにはビックリしました。公園とB医大とその病院と、息子の通うセンターとみんな隣同士だなんて・・・・・きっとその頃からなにかの縁があったのでしょう。
その〝ご縁〟というのを大事にして、私も息子もこれからのことに良い方向に向かうようにしたいですね。

ちょっと調子が悪く、車で出掛けたのですが、疲れました。足の指と 股関節が痛くてね。一度股関節炎をしたことがあるので、整形外科通った方が良いか悩みどころです。ずっと痛いわけではないのですが。


その帰りに、去年の夏にお世話になった施設にお礼かたがた、合格の事を伝えてきました。大喜びしてくれこちらも嬉しい・・・。どうしたのかな、と心配していたところだったそうです。

こういう施設に来る人というのは、年が上がるにつれ、いっぱい傷ついた人だけが来るそうです。中には大学を卒業して就職が上手くいかない・・・・実は発達障害者だったという方もいると以前言っていました。

ウチの息子も傷ついたこともあるでしょうが、今度はおなじような人ばかり、きっと上手くいくと信じています。

これからハローワークに行ったりいろんな書類を作成しなければなりませんが、これも楽しみの一つですよね。子どもが書ける所はなるべく本人に書かせて・・・とのこと。明日から二人でせっせと書類作りです。

それでは今日も早く寝ましょう。年と共に体力が落ちていく・・・・・。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
昨日の夜から降り出した雪、今日の朝一で雪かきだと喜んでいた私、朝起きてショックです。晴れているし、雪かきするほど、と言うかほとんど積もってない。

去年も一昨年も、雪が降っているときに入院していた私。寒いのは大の苦手なのに雪だけは大好き。犬みたいですね。

スリップ事故も多かったそうですね。雪をなめてはいけませんよ~
たった一センチ程度で大騒ぎ・・・かな。

そんな中、娘は就活のため今日は六本木まで行ってきました。適性検査と簡単なテスト等を受けてきたそうです。スーツで行ったので、雪が酷くなくて良かった、と言ってました。そうですよね。滅多にはかない靴で転んだりしたら笑われてしまうわ・・・・。

それでは明日は息子のことで早いので、今日はもう休みます。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
まず、蕁麻疹の話。結局関連性は分からないから、とのことで、今夜からまた普通に飲んでみてください、との一言で終わってしまいました。前日ロキソニンも飲んでいるので良く解らないらしい・・・・。薬って本当に注意して飲まないと怖い物だね。

でもウンとかゆいんだよ~先生、冷たいぞ少しは心配してくれないかしら。


で・・・タイトルの事。

今日集金日なので、最後に銀行へ行ったときの事。私は小切手入れるだけだから、そんなに時間がかからない筈なのだが、前の人がちょっとトラブルがあったようだ。ずっと待たされてイライラしていた。それでなくても先生に会えなくてつまんない、と思っていたときだ。

トラブルと言っても揉めていたわけではなく、書いた書類などをシュレッダーにかけてるだけ・・・・なのだが、その客二人がどうしようもない態度。ウチの娘と同じぐらいだと思うのだが、窓口の女性にタメ口。

その職員がフロアーにいた男性職員(60歳代とおもわれる)を呼んだら〝○×ちゃん、こっちで呼んでるよ、キャハハハハ〟と大騒ぎ。

シュレッダーでは、〝僕にやらせてよ~〟と、やればやったで〝わはは、すっご~い〟と女の子口調というか幼稚園児口調で、フロアーいっぱいに聞こえるくらい騒いでいる。

あまりにもバカバカしすぎて、つい横向いて、私は吹き出してしまった。それを聞きつけた片割れ。自分の頭を指でチョンチョンと指し、

「お前、ここがバカか」と大声で私に向かって言い放った。

さすがにきれる直前、私は

「そうですが、貴方ほどではございませんわ。」


と言ってやった。

心の中で、外で待ってろよ、と思っていたが、用が終わり外へ出てみるともうその二人はいなかった。

あのなぁ・・・喧嘩売ったなら、男なら責任とれ

よ、ステージⅣのガン患者をなめるなよ、もう怖

い物なんか何にもないんだからなぁ


父さんに言ったら、これだからガン患者は困るよ。怖い物なしで元気だからなあ・・・・と、嘆いていた。はい、もう怖い物なんててありません。

私も人の親、きちんとしつけ出来たか、と聞かれると返事に困るのだが、今の若者の常識とかマナーとか、年上の人に対しての接し方だとか・・・何を考えているのでしょう。若いからってそれだけで許せないこともあります。

あまり口うるさいおばさんにはなりたくありませんが、一言では絶対に言えない〝常識・社会性・マナー・ルール・・・〟身につけてほしい物です。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。