2009年12月

ここでは、2009年12月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんだかんだと言いながら、もう12月31日なのですね。早いものだなぁ

病気を持ちながでも、ごく当たり前のお正月を迎えられると言うこと、本当に幸せですね。でも、病院で過ごす方も多くいらっしゃるのですよね。

でもでも、前向きに明るく笑いながら生きて行けば必ず良いことがあると、私は信じています。

みんなのガンが治りますように

良い年を迎えましょう。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
今日は。父さんの方のお墓参りに行ってきました。昼間はさほど寒くなく、穏やかな日。みんな来ていましたね。こちらには毎年年末にも来ます。

それでふと思い出したのですが、昨日行った私の実家のお墓、夏のお盆には必ず卒塔婆を頼むのですが、新しいのはありませんでした。墓守さんが居るので綺麗でしたが、お線香置き場が真新しいまま。ほとんど汚れていない。墓には五年前に他界した父の名前は無し。きちんと納骨したのでしょうか。
 
お葬式の時の卒塔婆はありましたが、五年の歳月が分かるほどのもの。49日には来るなと言われた私。住職もその墓の名を継ぐ者が墓を守るべし、と言う人。多分、弟の代でなくなるでしょう。そうしたらその名を継ぐ人間は、「私が離婚して旧姓に戻る」と言う方法しかありません。と言うことは全くいなくなると言うことになります。私はどうすればいいのでしょう。こういうのも含めて、やはりきちんとしたところに相談しなければ行けませんね。

ガンの治療はどんな副作用があっても、苦痛だとは思いません。そりゃ嫌ですけど、私は

〝絶対に完治〟
を目指していますから。

でも、こういう事は本当に憂鬱ですね。誰かがやらねばならない。その誰かって・・・・・誰なんでしょう。

まっ、気分治して正月の買い物。私が麺類駄目なので、今年は年越しカレーとなりました。何故カレーなのかは父さんが言い出したこと、父さんに聞いてくださいね。

おせちも・・・・どうせ朝しか食べないし、絶対に〝これだけはほしい物〟というのを家族から聞いて、少しだけ用意するつもりです。父さんは大トロだぁなんて言うけれど、それは却下。酢蛸で我慢して貰うことにしました。

後はお雑煮、関東だから醤油味です。おやつには勿論お汁粉。

ちなみに始めから自分で作るのはお雑煮だけ。後は市販の物でごまかしました。来年は娘と一緒に作りたいなぁ・・・・。

ちなみに三日までしか休みのない娘。25日からお休みだったのですが、バイトと就活、学校のフリーペーパー作りで忙しい娘。明日もバイトなので、今日必死にパソコンでレポート作成してます。無事間に合うのでしょうか。

親は見ているだけ。頑張れ、娘よ



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
年末の忙しい時期だというのに、いきなりやって来た学会の人。子供同士が同じ中学校で、一者に役員をした仲間だからあえて強くは言えないけど、先日学会も学会活動も全く興味はないと言ったはずなのに。

学会のシンボルと言われているらしい「赤富士の写真」らしき物と、スーパーの袋に入れられているそばを持ってきたからと、アポ無しでやってきた。それもチャイムもならさずドアをいきなり開けて玄関に立っていた。

写真を持ってきました、と言うけれどそんな物頼んでいないし、いらない。おそばも・・・・言うが、どう見ても1~2人前。私なら、そんなに付き合いのないよそ様の家なら、箱なり何なり、それなりに見栄えのする物を持って行くぞ。お裾分けでお隣さんや仲の良い人には、バラで持って行くこともあるが・・・・。旅行のおみやげさえきちんと箱入りの物を渡すけどな。正直、スーパーのくしゃくしゃになった袋で頂いても嬉しくはない。

相手は気楽にお返しなんていらないから・・・・・と軽い気持ちで持ってきたのだろうが、学会入会と活動のお誘いに来た、来年もよろしく、と言うのが見え見え。

ちなみにウチでは年越しそばは無し。私が匂いをかいだだけで気持ち悪くなるからである。

どうして宗教の勧誘ってしつこくするのだろうね。今度来たら、もう二度と来ないでくれと言うつもりである。それに私は自宅を教えたつもりはない。勿論住所もね。

後で父さんが塩をまいていた。父さん ・・・・嫌な奴だ ・・・・・でも、この塩の効果を期待している母さんである。私も嫌な奴だねぇエヘヘ

今日で二クール目のゼローダを飲み終えた。今度は1月5日だ。Y先生に会えないのが淋しいぞ


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。


今年最後の病院です。娘の予定が中止になり、家族全員で行ってしまいましした。CTだけだから時間はかかりませんが、この程度で家族全員・・・・というのは他にはいないでしょう。

勿論今日の診察はありません。Y先生と最後の日に会えないのはものすごく淋しい事です。それなのに外科の私の嫌いな先生(腕は良いし優しそうな話し方をするのだけど、顔が嫌なの)とは二回もあってしまうし・・・・。顔を覚えられているから無視できないし・・・・。

でも、今日のCTは放射線科のT先生。ちょっぴり嬉しい。注射をされるとき手を握られて喜んでいるのは私だけだろう。Y先生曰く「人種が違う医師」だそうだから。サーファーの先生、相変わらず色黒で髪の毛は茶髪に近い。確かに変わっているが、Y先生・・・・人のことは言えないぞ。

終わって出るときに、看護師さんに〝この病院は、面白い先生と看護師さんばかりだから通うのが楽しい〟と言ったら、

〝あんぱん母さんも楽しい方ですよね〟だって・・・

最近がんセンターの中で有名になりつつあるらしい。そんなに私は面白い人間でしょうか。

月曜日はY先生の診察がある。一応挨拶だけでもしたいと思って、近くまで行ったのだが、混んでいる。こういう時の先生は機嫌が悪い。なので看護師さんにY先生の七福神バージョンを渡し、年末の挨拶だけして帰ってきた。今頃写真を見て楽しんでいるのだろうか。

外科のS先生にも挨拶したかったので病棟まで行ったのだが、今日も手術があるようで・・・そのまま帰ってきた。今日が仕事納めの人も多いでしょうが、入院施設のある病院には休みはありません。

最後にディケアにいって看護師さん達に挨拶してきた。抗ガン剤の時にお世話になっている。Y先生の七福神も見せてきた。大受けである。

あっそうそう、放射線科の先生の七福神バージョンも作ったのだ。先日壊れたポートを取り替えて貰ったとき、からかわれた仕返しと、何度もポートを入れ替えて貰った〝お礼〟に。こちらは初めて作った。次に行くときに先生達に感想を聞かなくてはね。

これだから、あんぱん夫婦は有名(それとも面白い夫婦)になっているのだろうか。治療は辛いが、通うのは面白くて大好きである。看護師さん達にパワーを貰えるしね。

さて、次は1月5日が診察日。何もなければそのまま抗ガン剤の予定だが、肺の陰がちょっと心配。無事何でもなかった、と言う言葉を期待しよう。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は姑と母の面会の他に、私の実家のお墓参りに言ってきました。

姑も実母も食欲はあり、元気そのものです。二人とも、後10年は生きられそうなぐらいね。羨ましい限りだわ。施設にはいることで元気になるのだったら、有り難いこと。職員の方々にもお世話になっていますが、穏やかな施設生活を送っているようです。

実家のお墓参り、実は結婚して初めてのことなんです。近いのにね。皆さん、ビックリしますでしょ

元々父とは確執がありました。私が結婚したことで余計に悪化したように思います、孫にあたる二人の子は可愛がってってくれましたが、それも普通に可愛がるのではなく、俺が孫を可愛がってやっているんだと言う自己満足が見え見えのかわいがり方。息子は1歳の時から障害児のセンターに通っていましたから、私たち親も勉強の毎日。それを理解しない父は、私に怒るだけ。

俺が可愛がっているのに、何の文句があるのか。そんなに逆らうのかと。

それと嫁に行った私には墓参りはして欲しくない様でした。それが分かるんです。「墓を作り直したと」聞いたのは、何年かたってからでした。

結婚してまもなく娘が産まれ、主人が独立し私も仕事をてつだう様になりました。姑の介護をしながらね。息子が産まれてまもなく、娘は実家へいく事を拒否するようになりました。

黙って墓参りすればいい、それも考えましたが、主人も私も父も言い出したら、絶対に自分の意見を変えない性格。それが悪い方へ悪い方へ、と進んでしまったのでしょう。もう今では誰が悪いなんて言いたくはないのですが、私は嫁ぎ先の墓を守る立場になったのだから、後は弟がすべき、という父さんの意見を通すしかありません。父はそれも理解できないようでした。

ただ、父さんの夢の中に、私の姉が出てきた、と言う一言で、実家のお墓参りに行かなくてはと、二人で思うようになり、今日初めて言ってきました。

私の姉は死産。出生届は出さずに死産だと言う書類を出しただけなので、戸籍上は私が長女になっています。お墓にも記されてはいましたが、名前無しそれも一番端に一人分だけ離して書いてありました。姉が可愛そうに思えて・・・。

宗教や戸籍のことは良く解りませんが、姉がいたことは事実。それは今はもう私だけが知っている事実でしょう。顔も見たこともない姉ですが、私が一生弔っていきたい、と思っています。

父が他界した後、もう五年になりますが、実家には一度も寄っていません。行くことが出来無くなりました。それから私の鬱が始まりました。でも無理して頑張ってきた・・・・・・。一昨年の夏にガンが発覚、病気を治すと共に精神安定剤と睡眠剤を処方して貰いましたが、それでも治らず、去年から心療内科にも行くことになりました。

死ぬまで一言も口を聞かなかった父、今の私の姿を空の上からどう思っているのでしょう。認知症で私をすっかり忘れた母、毎週お見舞いに行きますが、本当に何もわからないままなのでしょうか。居留守まで使って会おうとしない弟、母に面会に行っていることは分かっているはずなのに、ガンの姉をどう思っているのでしょう。

今の生活の中で唯一変わったのは姑。同居していた時とは全くの別人です。私にすごく優しい。施設の人は私の実母だと思っていた方がいました。とても仲良さそうに見えるそうです。それだけが救いかな。

人には恵まれている私。なのに実家とは疎遠の私。私は今の生き方を変えることが出来ません。弟もそうなのでしょうね。不思議な物です。

未だに土地家屋は父の名義です。それでも税金を払っているのなら大丈夫らしいのですが、名義を換えるにはそこに相続が絡んできます。さてさて、どうすのでしょう。私か元気なウチに終わらせたいのですけどね。

年明けたら、腹をくくって強引に物事を勧めないと行けない時期に来たかもしれません。親戚からも縁を切られている弟。私が動かないと駄目なようです。はぁ・・・・。

長文になりました。愚痴です。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
抗ガン剤のせいなのか、心療内科の薬が効いていないのか分からないけど、この2~3日、だるい。頭も痛いというかもヘルメットをかぶっているような感じである。眠気も酷い・・・・・。夕方になると少し元気が出るのだけどね。

動きたいのだけど眠いしだるいし・・・・・・父さんはさぼり癖が付いたと思っているだろうな。

手足にも副作用が出てきてしまった。何と・・・・指先が黒ずんでいるではないか

勿論冷たい物を触るとぴりぴり来るし・・・・・。と言うことでクリスマスはなし。お正月も手抜きさせてくださいね~

父さんに毎年のことだろうと言われるだろうな。でも、28日と年明け5日にまたがんセンターなのだから、許してちょうだいね
それと大掃除有り難う。いつも感謝していますよ。


5日からはまた抗ガン剤が始まる。お正月はゼロータ飲まない週なので、それは有り難いね。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
明日から息子は冬休みとなります。と言うことは通信簿を持って帰ってきた、と言うことになります。

順位はど真ん中、まっこんなものでしょう。それよりも今回初めて〝10〟が付いた科目がありました。

もう、びっくりです。まさか息子に10が付くなんて・・・・なにかの間違いかと思ってしまいましたよ。五段階にすれば勿論〝5〟ですもんね。小学校に入ってから初めてです。来年もこのまま良いことが続いてくれればいいですね。

ただ、担任のコメントがねぇ・・・・。納得いきません。その全文です。


進学先決定、おめでとう。試験も結果がどう出るか分からなかったので、不安も大きかったと思います。その分、喜びも大きいでしょう。この合格にはハローワークの方の多分な働きかけがあったと伺いました。多くの人が君のために動いてくれたことを忘れないように。人は一人では生きていけません。見えないところで多くの人が支えてくれた事を忘れずに。謙虚な気持ちを持ち続けてて下さい。残り少ない高校生活、大切に過ごして下さい。


はい、息子は生後一ヶ月で小児医療センターで手術をし、10日間入院しました。1歳で保育園に通い、主任の先生から障害の可能性有りと言われ、とある障害児専門の施設にも通いました。

小学校に入ってからは四年生まで、グループ相談という部門にも通いました。言葉の教室にも通いました。
私は私で、両方の親の介護に関わりながら、息子のために・娘のためにと休む暇もなく動いていました。とどめにガンになり今でも治療を続けている、三度死にはぐりながら・・・・ね。

担任に言われるまでもなく、多くの人に私たち家族は助けられてきました。病院の医師や看護師だけでなく友人知人、同じガン患者にも・・・・。色々と声をかけて貰いました。

〝絶対死んじゃ駄目だよっと一緒に生きていこうよ〟〝貴方なら大丈夫、ガンを乗り越えられるわ。〟〝今の状態を責めてはいけない。二人に一人がガンになる時代、前を向いて完治出来るよう治療に専念すれば良いだけだ〟等々・・・・。

担任にいわれまでもなく、私たち家族は多くの人に助けられています。感謝の気持ちでいっぱいで、何て言って良いのか分からない程に。

私たちが知らないところで、周りの人が頑張ってくれている事ぐらい、バカでも分かります。謙虚な気持ちを持ち続けて・・・・・当たり前でしょう。謙虚と言うより感謝かな。いつでも有り難い、有り難い・・・そう思っています。

隣人にもそう言う話をしたことがあります。隣人は、貴方が元気になったときに、貴方の周りで困っている人がいたら助けてあげればいいの。それが貴方が今までお世話になった人への恩返しになるのよと・・・・。元気になったら絶対そうしようと思います。

息子によく言うのですが、学校に入学したらきちんと卒業して、きちんと就職してがんばっている姿を、今までお世話になった人たちへ見せること。それが一番のお礼だと思っています。

先生の言うことは正論です。それは分かっていますが、謙虚な気持ちより感謝の気持ちを持っていて欲しい。職業訓練校も自分の力だけで合格したのではない、と言うことも理解しています。早く自立した生活を送れるよう頑張るのが息子の仕事。家ではそう話していることも分かって欲しいです。

長文になりました。スミマセン。
ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日ハローワークから電話が入った。いつもの担当者ではない。合格したのは手違いかと、父さんは思ったらしい。

私に変わったとたん、「息子さん合格おめでとうございます」と言われ、ホッと一安心。で、用件というのが、一定の収入以下の人には、訓練校に通う間だけ国から補助が出るという。今は私が仕事を出来ない分収入が減っている。勿論この大不況が一番の原因だが・・・・。

娘も息子も近くの学校にかよっているし、奨学金も借りているから学費に関しては大丈夫なのだが、今度は往復で約1,700円近く。定期代はいくらかかるのだろうか、とても心配だった。訓練校の授業は無料だから助かるのですけどね。はっきりした金額はまだ分からないが、定期代ぐらいは出るという。

正直いって「とっても助かります

私の治療代もうんとかかるし、去年から委任払いに変えたばかりです。先がだんだん明るくなるかしらねぇ

だけどさあ・・・これから公立高校の授業料が無償化されるとか、子供手当が・・・何て言われても我が家には全く関係ない。うちの市では、中学生まで医療費も戻ってくる。これも全く関係ない。
 扶養控除では大学生に当たる年齢の特別扶養控除(で良いんだっけ)が廃止になるらしい。これは4月からなら娘が該当する。何か損をした気分である。不公平だよ仕方ないけどねぇ・・・・。

税金で学校いって交通費程度の手当貰って、通うんだもんねぇ。1年後には息子も娘も就職できる筈・・・・・多分・・・・・だから、働いたらお返ししましょうね。





ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
本来なら今日は友人の結婚式の筈だった。メールでだいぶ前にお呼ばれの連絡を貰っている。

でも12月に入っても招待状が届かない。服だけは用意したが、15日を過ぎても招待状が来ないのでもう一人招待された友人が連絡を取ったら、本人の具合が悪く、式を延期したとのこと。

こういう場合の連絡ってどうすれば良かったのだろうか。親戚などにも連絡だけはしてあるはず、ずっと招待状を待っていた二人・・・こちらからは聞きづらい。延期したの一言で良いから連絡を欲しかった。

娘はとても楽しみにしていたドレスを選ぶのにも嬉しそうにしていた。友人がどんな衣装で来るか、「着物かなそれともドレスかな、早くみたいよ、顔も可愛い子だから、何着ても似合いそうだね・・・」そう言っていた。

〝延期なのだから、またいずれ連絡が来るよ〟と言ってあげた。具合が悪いんじゃ仕方ない物ね。買った服も真夏でも着られるように、袖無しのワンピースとジャケットにしてある。もう少し待ってあげようね。

よくよく考えてみたら、娘も来年22歳。親の承諾なしに結婚できるのよねぇ・・・・・。彼氏がいる様子は未だにないが、確かに私の同級生でも若いときに結婚して、孫がいる人もいる。

 
ウチの娘、まだ嫁に出したくないわ。当分結婚

しないでねぇ。


はい、親ばか、過保護の親です。娘の結婚なんて想像出来ない母親です。どうしましょ。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
先日お亡くなりになったそうです。女の子のお父様です。まだまだ18歳、お父様も私たちと同じ年代でしょう。まだ成人にもならない子を残して、さぞ無念な想いでしょうね。

そのときの先生の話が、

「私もすごくショックです。その友達には気を遣ってあげてください」と言う物でした。確かにそうです。年末年始というのはクリスマスを含めておめでたいモード、そのお子さんは辛い時期とも言えるでょう。

でも何か違う。納得出来る言葉ではありません。一番ショックなのは亡くなったご本人とその家族です。先生ではありません。気を遣えとはどうすればいいことでしょう。休み明けに学校に来て慰める冬休み中の楽しい話や開けましておめでとうの類の話は禁句

私も一歩間違っていたらもうこの世にはいなかった身。娘に話を聞いてみたら・・・・

何も気を遣ってくれなくても良い。ただいつもと同じように接して

くれればそれで十分。
だそうです。

まあ、それも難しいでしょぅが、おはようっと言って、一緒にお昼食べようっといって、帰るときはまた明日ね、ばいばいといって・・・・・。そしてその子が泣き出したら、手を握ってそばにいてあげる。私はそれだけで良いと思うのですが・・・・・。

周りの大人はきっと、お母さんを支えてあげてとか貴方も頑張って・・・と言うでしょうか。

私なら・・・・お母さんと一緒に泣きたいときは思いっきり泣いて良いのよ、頑張らなくても良いの。人に頼りたいときは誰でも良いから甘えなさい。今を乗り越えられるときが必ず来るから、無理しないでねと言うかな。

一度辛いことを経験すると、いずれ人間は強くなります。それまでは頑張らなくても良い。人間はそう言う力を必ず持っているから、きっと這い上がれるよ。私の外科の主治医の言葉です。

先日息子の話を小学校の時の恩師と話をしました。担任の言いたいとは分かるのだが、と言う前置きをした上で、この一年どういう指導を受けたか説明したところ、同じ教師として、信じられないと言うことでした。

高校と小学校という違いはあるが、療育手帳とか障害という言葉を初めて口に出すとき、本人に直接話したら駄目だと言うこと、その後の進路のことも全く分からなく、私たちが逆に教えたと言うことに関しては、呆れて物も言えない、と・・・・。教師として前もって下調べすることも大事なんだよと、言われました。

若くて張り切って動くと言うことに関しては、素晴らしいと思うのですが、自分の受け持つ生徒に関しては、もう少し言葉を考えて欲しいと思う一日でした。

先生への愚痴になってしまいましたが、まだまだ若いのですから、勉強だけではなくクラスを受け持つならばもっといろんな事を、〝自分も〟勉強して欲しいです。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
と言っても、父さん中心ですが、昨日から始めました。

子どもたちの分は本人に任せるとして・・・・・。写真が1年分貯まっています。私たちのも含めてね。私はそこから手を付けましょう。

それと何故か壊れたままのプレステとファミコンが未だにウチにあります。昔のゲームボーイも・・・・・これは娘に処分を頼みましょう。今は二人ともDS使っていますからね。購入したのはもう何年前でしょうか。プレステは地域振興券で買った記憶があります。

台所も父さんが磨くと言っています。じゃぁわたしは、写真だけあ、確定申告の準備はしておかなければ。請求書や領収書、バラバラです。それを整理して、売り上げも月別にきちんと計算して・・・・・一つの箱にまとめて入っています。書類も自分で書いていますが、結構頭使います。

毎年一ヶ月ごとにやっておけば楽なのに・・・・と思いつつ個人事業でそんなに書類はないからと、後回しにしてしまう私。B型の悪いところがはっきり出ています。

A型の父さんはきちんとこなす、典型的なA型。ここに性格の差が出てきます。大掃除の時は私は邪魔者だそうな・・・


はい、自覚してますよ~


明日は掃除ではなく、年賀状を印刷するとのこと。枚数はそんなには多くはありませんが、今年は喪中の方が多いので気を付けないと行けません。二人で確認しながらの作業となります。

残りの10日間、出来ることだけを無理せずにやりましょう。そして31日にはお墓参り。これだけは結婚してから。毎年続けています。私たちを守ってくれているというので、今年は特に念入りに掃除をしようと思っています。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
子供も大きくなり、クリスマスは我が家では関係ない行事になりつつあります。ツリーもあるのですが、家庭用としては少々大きく、片付けるのが面倒という理由でこの数年出していません。あちこちでツリー飾ってあるし、がんセンターも病棟ごとに看護師さんが競って飾り付けしています。

ただ、Y先生のサンタさん、実物みたいです。本当に病室を回るそうですよ。私の主治医なのに、一度も見たことがありません。今度お願いしようかしら。

お正月もなぁ・・・・五日には診察だし、4日から大学始まるし娘はずっとバイトだし。

元旦と2日しか空いていません。どちらかに明治神宮へ行くつもりですが、それだけでしょうね。ついでに原宿のイルミネーションも見てこようかと思っています。

去年はレインボーブリッジと東京タワーのイルミネーション見てきました。綺麗ですね、本物は。

ガンになってから、治療が中心。我が家の周りでは元旦もお店が開いているので、31日にはお雑煮の準備はするけど、おせちは適当です。年越しそばは去年から中止。と言うのも、病院の麺類がぬるくて伸びていて・・・・はっきりいって

全く美味しくないのです。

一度無理して食べた後、吐き気止めの点滴を受けたほど。それ以来、家でも食べることが出来なくなりました。本当は好きだったのですけどね。
 今年は年越しカレーの予定です。こういう家は滅多にないでしょう・・・・・。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

まだまだ副作用が続く中、今日は姑と実母の施設に行ってきた。二人とも食べるわ食べるわ・・・・・。でも実母は話しもせず、目を瞑ったままである。

食欲があるというのは良いことだが、先のことを考えると暗くなる。土地のことや墓のこと、財産のこと・・・・何も手に付けていない。

「私は財産放棄するから、勝手にしやがれ、弟

よ。もう知らんぞ


と言う気分である。そんなことを考えながら出掛けていたから、途中でグロッキー。本当に気持ち悪くなってムカムカするのと、頭に来てムカムカしているのと・・・・両方だわ。

帰ってきても姑の大事な書類二つ。一つは税金関係の督促状だ。以前出したと言うが見てはいない。必要事項を記入してポストへ・・・・。


もう一つは、介護認定の書き換えのこと。そう言えば一月いっぱいだったと思う。早く手続きしなければ、と思いつつ、確か二年前は施設でやって貰った記憶がある。入院中でとても助かった。が・・・・今回は最寄りの役所で手続きしてくれという。住所と今の施設、役所の管轄が違うからか

早速市役所に電話してみた。いくらかけても繋がらない。仕方ないので代表にかけたら・・・・・

今日は土曜日じゃないか。繋がるはずはないよね。
父さんは、何で休みなのに一生懸命電話しているんだろう、と見ていたという。早く言えよ

仕方ない。月曜日に忘れずに電話しよっと


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
薬局で買った便秘薬飲んだら、今日は大量の○○○が・・・・・。お腹すっきりです。便秘には気をつけてと言われていたので、一安心。

今回使っている抗ガン剤には、副作用の一つに、出血しやすい、腸に穴があきやすいというのがあるそうです。出血しやすいは気をつけていればいいことだけど、腸に穴があくって、どう予防したらいいのでしょう。怖いですね。

確かに採血したり、抗ガン剤の時の針を抜くと血がとまりにくいです。でもねぇ・・・体の内部はどうしようもないですよねぇ。考えただけで怖いです。

Y先生、どうにかしてぇ

まだまだ体調の良くない私です。ついでに機嫌の悪い父さん・・・・・これは取引相手のせい・・・・触らぬ神にたたり無しの状態です。お願いだから早く機嫌治してね。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
まだまだ副作用が続いています。今日は便秘も加わってしまった。手足のしびれは続くし、だんだんとひどくなるのかしら

今日は便秘の薬も飲みます。

そう言うことで、今日も早めに寝ます。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
私の場合は、二日目に出ることが多い。吐き気はあるが何も出てこないしも便秘にもなる。食欲がないせいもあるが。

今日はずっと寝ていた。冷たい物は飲むのも触るのも駄目だ。アイスがあるけ食べられないだろうなぁ・・・。残念である。

今頃の時間になって少し元気が出てきた。今日は水曜日、〝相棒〟をどうしても見たいのである。10時まで頑張っていようっと

それでは今日は調子がイマイチなので・・・ 


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
血液検査とも尿検査とも異常なし、無事抗ガン剤をやることが出来た。

前回は気が付かなかったが、薬が変わっていた。ゼローダと点滴会わせて、薬15万弱痛い値段である。
訳あって、後払いにしているから全額払うのではないが、抗ガン剤って高いですよねぇ。

今日は先生のご機嫌がとっても良い。不思議だなぁ

息子が防衛医大の隣にある職業訓練校に通うことになったと伝えた。先生に「今でも防衛医大に行くことはありますか」と訪ねたら、その返事が「卒業して医師免許取った後、お金払って別の所に行ったから縁がきれてしまったんだよ」とのこと。ちょっと残念。その続きがある。

「卒業して別の所に行くと、高額のお金払うんだよ~」だって。

一度防衛医大の特集を某テレビのニュースの中でやっていたから、それは知っている。この辺なら、立派な一軒家が立つほどの金額だそうだ。でもさ、患者に言わなくてもも良いことなのにねぇ。診察中の雑談が増えた様に思える。

これで良いのだろうか私は楽しいけど・・・・・。

雑談ついでに、先生のサンタバージョンの絵をプレゼントした。大受けである。そこにタイミング良くいつもお世話になっている看護師さんが来た。看護師さん曰く

「サンタさんはプレゼントではなく、愛をくれるんだよ」とのこと。

すぐさま私は先生に言ってあげた。

「先生、私に愛を下さい。そしたら痩せるかもし

れないから」
と、ね。

先生、固まってしまった。看護師さんが、もしかしたら絶句していると聞くので、そうかも・・・・と言ってしまった。

ディケアで、抗ガン剤の針を刺した後、部屋を出るときに小声で 「痩せなきゃ駄目だよ~」 と言いつつ出て行った。

看護師さんは笑いながら、人のこと言えないよね、と言っていたが・・・・。500g増えた私への仕返しかもしれない・・・・。次はお正月明けの1月5日の診察だが、絶対に痩せてやるぞ、と誓った今日だった。





悔しいぞ・・・・・・・
 


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
まだまだ睡眠障害が続く。兎に角朝起きられないのだ。薬は変わらないが、飲み方を変えて様子を見ることにした。一ヶ月分の薬を貰い、そのまま父さんと仕事で一回り。

一旦帰ってきて、今度は父さんが営業がてら仕事にいき、まだ帰ってこない。貧乏暇無しとはこのことか。私が病気だから仕方ないことだけど、そろそろ車の運転を再開しようと思う。新しい車になって、二度ほどしか運転していない。それも久しぶりのオートマ。ギアの位置が違うしサイドギアは足。

車自体、二回り以上は小さい。なにせ2400㏄から1000㏄だからね。感覚が全く違う。ガソリン代が安くなったのは助かるけどね。

明日はがんセンター。2クール目、抗ガン剤をうちゼローダを2週間分貰ってくる。

〝一日薬を飲まないでいられる〟

と言う日がない。それでいてお酒は飲んで良いという。喜んで良いのやら・・・。と言いながら先日の同窓会ではしっかり飲んでしまった。たまに家でも飲む。まあ、先生が良いというのだから喜んで頂きましょ。

父さんが昨日のうちに、Y先生のサンタバージョンを作った。サンタの衣装がよく似合う。病院でもクリスマスをやるそうだ。サンタさんはY先生だという。確かにお腹が出ているから、ぴったりだ。実物を見てみたいなあ。看護師さんにお願いして、写真取って貰おうかしら。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
さっき従兄弟が来て、年賀状の印刷を頼まれた。

従兄弟は県内一のターミナル駅から徒歩圏内に住んでいる。通勤には便利だが、買い物にはとっても不便だという。コンビニ無し、個人の商店はほとんど無し、スーパーも遠く、一番近いのが某有名百貨店。伯母の下着を買うのに難儀している言う。同じ市内でもやはり違うのねぇ。

ウチのそばにはいっぱい安売り店あるよ男だから女性の下着なんて買えないから、今度都合のいい日に買っていってあげようと思う。

今日は日曜日だというのに仕事だ。と言うのも明日は心療内科、明後日はがんセンターで2クール目の抗ガン剤。仕事にならないからまとめて仕上げた。年末にも検査があるし。

その合間を縫って、私の実家の墓参りに行こうと思っている。近くに住んでいながら、墓参りすら来いとも言われなかったし行く気もなかった。住職は、その名字を名乗る者が墓を守るべきという考えの人。父の葬儀に私がすべて仕切ったら・・・・・・弟が出来ないから・・・・怒られてしまった。それでなおさら行けなくなってしまった。

ただ、私も〝○○だから出来ない・したくない〟と、つっぱるのも疲れた。弟と一緒には出来ないが、私たち家族だけで出来ることをしようと思っている。命日・お盆・お彼岸でなくてもお墓参りは出来るからね。無理しない程度に・・・・ね。

子どもたちには〝親の嫌な後ろ姿〟ばかり見せたくない。良い親になろうとは思わないが、失敗してもくじけても前向きになって頑張って生きていると言う姿を見せたいと思っている。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
息子が小学校1年・2年とお世話になった先生に電話連絡した。この先生には本当にお世話になっている。療育手帳を取り、職業訓練校に合格し1年通うことを伝えた。本当に喜んでくれた。

そして私がガンであることも伝え、良い先生に恵まれて治療して貰った結果、今は安定していること・転移再々発予防のため抗ガン剤治療中であることも話した。ちょっと長電話になってしまったが、〝今を大切にし、過去を振り向かず、前向きに頑張って〟と励まされた。

娘も担任には恵まれている。私も主治医には恵まれている。今の息子には、その担任以外にもハローワークや市役所の人たちにも恵まれている。それって本当に幸せなことだ。

勿論父さんが一番優しい・・・と言っておこう

父さんが夢を見たという。

本来なら、私は長女が産まれた後3年後に次女として産まれる予定だったが、長女が死産だったため急遽わたしが産まれることになったとのこと。弟は予定外だそうだ。弟が産まれるときに私が産まれる予定だったそうだ。

亡くなった舅が私の姉を連れて来てくれ、今、私たちを守ってくれているのだという。それを確かめる術はないが、私はそれを信じようと思う。決して弟がいなければと言うのではない。良い話を信じたいだけだ。

ほんの15分しかこの世にいなかった姉に、私は頑張っているよと言いたい。近いうちにお墓参りに行って来ようと思う。祖母の初七日に産まれた私、生まれ変わりだとも言われたし・・・・。そうすれば仲違いしたまま死んだ父とも許し合いが出来るのだろうか。

ちょっと考えてしまった一日だった。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
娘が副学長から言われた一言。それが他の先生と話しているときに・・・・

「この子は三年生の中で内定一号だよ」だって・・・・。

あのぅ・・・・確かに合同説明会にはもう何回も出席しているけど、まだ試験は一つも受けていない、と言うか履歴書さえ書いていない。それでどうやって内定が決まるのか不思議である。

一つだけ心当たりはある。夏休みに行われたインターシップ。某有名薬局なのだが、バイトも接客業、お客様への対応は慣れている。ものすごく評判が良い、と大学に連絡があったらしい。

25日に行われるその会社の説明会には 「必ず出席のこと」という有り難いお言葉を頂いた。

それだけで内定貰えたらいいのにね。これから試験・面接が続くはず。まあ頑張って早く就職決定させて欲しいわ・・・。

それと、昨日所用で区役所に行ったとき、一番初めに息子がお世話になった方と偶然で会えた。進路決定のことを話したら

「そこは優秀でないとなかなか入所できないん

だよ」
と言われた。

確かに競争率は2倍以上あったが・・・息子のどこが優秀なのだろうか。夫婦で疑問である。一つだけ自慢できるとしたら、挨拶がきちんと出来ることぐらいしかない。

ただここに入所すれば、国立なので就職はほぼ全員出来るらしい。授業料は無料、かかるのは交通費・昼食代・教材・作業服代程度。無料というのはとても助かる。

あと一年たてば二人とも社会人になれる・・・と思うと、やはり親として嬉しい。先が見える事って素晴らしいことだね。私も少しずつ良くなっていくよう、治療に励もうっと。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
以前入院していた、精神科のある病院から電話が来た。用件は、「お姑さんの書類が出てきましたが、どうしましょうか」とのこと。それは家庭裁判所で作成して貰った〝あんぱん父さんが実母の保護者として認める〟と言う物。

勿論返して貰わなくてはいけない。〝どうしましょうか〟はないだろう。

精神科に入院する場合、成年後見人か、子供が親の保護者になると言う書類(ウチの場合のように、認知症の親を抱え精神病棟に入院する)が必要になる。

以前退院するときにも書いたと思うのだが、そのときは無いと言い張った。「すべての書類は今渡した物だけだ。その中に無ければお預かりしていないと言うことだ」という。

絶対渡したと言っても、そんな大事な物を無くすわけないし、無いと言うことはそちらが提出していない筈だと怒られた。

保険証とは違い、普段滅多に使用するわけではないし、入院するときには再発行して貰うしかない、と諦め、帰ってきたのだが、今の今になって出てきましたってそんな無責任な・・・・。

大事な書類に違いはない。今日取りに行ったのだが、これですね、と、裸のままの書類を渡されて、それでおしまい。

あれだけ無いと言い張り、いかにも私たちが悪いような言い方をしておいて謝罪もない。ひとこと

「無いといった書類、こちらの手違いで病院にあ

りました。ご迷惑をおかけしました」
ぐらい、言えないのか

それに重要な書類だというのだから、せめて封筒に入れて欲しかった。

本当にいい加減な病院である。薬や点滴の仕分け、廊下にある誰でも座る椅子の上でやるかぁICUとは名ばかりの、狭い・消毒もしない・簡易トイレ有り・誰でも自由に入れるICUってあるかぁ

もう二度と関わり合いになりたくない病院である。幸い姑は食欲も増え、起きている時間が長くなった。食事の時の席は決まっているようで、女性ばかりのテーブルにつく。それなりに他の人と関わっているようだし、暴言もなくなった。もう入院することはないだろう。

比べてはいけないと思いつつ、私が今通っているがんセンターと比べとしまう。公立だから当たり前なのだろうが、看護師さんや先生の笑顔やいろいろなやりとりの中、ホッと安心させて貰うことが多い。特に看護師さんの笑顔ほど助けられる物はない。

病院と名の付く施設、当たり前のことは当たり前にやって欲しいと願うばかりだ。

怒ってばかりいた今日、夕方になって珍客がやってきた。首輪の付いている黒いラブラドールが玄関先にいるではないか。2歳前後かな、痩せてあばら骨が見える。牛乳とご飯とウィンナーをあげたらむさぼるように食べた。

人なつこいのだが、やたらと飛びかかり腰を振り振り攻撃には参った。散歩すれば家に帰ってくれるかと思ったが、もう最初の曲がり角で迷子状態。
 
可愛そうだと思うが、警察に連絡して引き取って貰った。ある程度の期間は動物愛護センター等でお願いはするが、結局引き取り手がなければ保健所にお願いするしかないという。

飼い主が、きちんと犬の迷子手続きをしていてくれることを祈るのみ、ですね。犬大好きのあんぱん夫婦にとってはそれは辛い物です。しかしもウチも飼っている余裕なんて無いからねぇ・・・。

飼い主さん、特に大型犬を飼っていらっしゃる方、最後まできちんと責任もって世話をするよう、お願いしますよ



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日もやりました。体育の時間に蹴飛ばされてたんこぶが出来たと帰ってきた。ただよくよく聞いてみれば、サッカーをしているときボールの取り合いをして、たまたま相手が息子の足を

間違って蹴飛ばしてしまっただけの事

体育でサッカーをやっていて、ボールの取り合いに夢中になりたまたま息子を間違えて蹴ってしまったとのこと。相手は不可抗力だよねぇ。それでも、わざとやったように見えたんだという息子に、強く言ってやった。

それはあんたの被害妄想だよ。自分だって色々と言い返しているでしょ

反論できない息子。しかし反省している様子はない。良いじゃんと言いながら2階に逃げていった。おいおい・・・・少しは反省しろよ。

自分のことは棚に上げて、相手の悪いことだけを言いつける・・・誰に似たんだよ。もしかしたら私に似たのかしら・・・・はあ~

もう少しで卒業なのだから、少しは大人になろうね。社会出たら通用しないわよ。


ところで書き忘れていたけど・・・・

ゼローダ2週間分飲みきりました。来週火曜日に2クール目にはいる。今のところ大きな副作用はないが、氷や冷たい水を触るとしびれるようになった。これからもっとひどくなるのかな。仕方ないね。ガンを退治するためには仕方ないこと。出来るだけ明るく前向きに生きていきましょ。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
色々事情があって、帰るとき必ず校門前から電話するように言ってある。今日は何故か遅かった。その理由というのが・・・・・・。

「友達と揉めて喧嘩になり、先生に注意されたけど、お腹が張って気分が悪い」とのこと。すぐさま先生に連絡を取り、一通り話は聞いた。まぁどっちもどっちという些細な事が原因だったが、息子にも言い分がある。これだけは言って欲しくないと言うことを言われたとのこと。

確かにそのことについては息子もコンプレックスを持っている。それは先生にも話してある。親もそのことを一番に気をつけて欲しいとお願いしたことだ。それを茶化したように言われると、人一倍大声で怒鳴ってしまう息子。大声を出すことは確かに悪いことだが、本人にはどうしようもないことだ。

たとえは悪いが、体が不自由な人に向かってそれを笑いものにするのと同じ感覚でいる。だからこそ療育手帳を取ったのだ。

今回が初めてではない。私たちも息子には相手にするなとはいつも言っているが、今日はさすがに我慢しきれなかったようだ。

それがストレスとなってお腹が張った

と、言いきる息子。一人で帰れるか不安だというので、迎えに行き、そのままかかりつけ医に。はい、医師にしっかり笑われました。でも確かにお腹は張っている様子、薬を処方して貰いやっと家に帰れた。

明後日からは期末テスト、席順は名前の順になるのでの揉めた子達とは席が離れる。それが終われば球技大会、すぐに冬休みだ。三学期は一月は学校だが、学年末テストが終われば、卒業式まで一週間に1~2度程度の登校。三月二日が卒業式の予定なのだから、いつまでもカリカリしないで頑張れよ、息子。卒業後の進路は決まっているのだしノンビリと行こうよねっ。

ところで、冬休みの宿題がもう出た。家庭科からで、「さらば、悲しみの性~高校生の性を考える」と言う本の読書感想文。家庭科でそう言うことも教えるのだねぇ。・・・・・息子は結構喜んでいるが・・・・・この前は、いたずらメールや架空請求、振り込め詐欺のことを勉強したという。時代は変わったものだ。

息子よ、喜んで読んでいないで、きちんと感想文書きなさいよ

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
昨日の話でスミマセン。さすが昨日は少々つかれぎみで更新諦めました。ご免なさい

昨日は高校の同窓会でした。前回都合で欠席したので何年ぶりでしょうか。クラス会があったのがもう10年以上も前のこと。本当に久しぶりでした。

ただ、ウチのクラスの出席率最低6人しか集まらない。それよりも〝連絡先不明〟の方が多い。みんなどこ行った
 
でも50にもなると、やはりみんなそれなりに〝おじさん・おばさん〟悪く言えば〝じじぃ・ばばぁ〟でしょうか。実際孫がいる人も。特に男性は頭が・・・毛が薄い・・・と言う人も多く、誰だよと言いたくなる。6クラスあり、一度も同じクラスにならなかった子もいるので自然とグループが別れる。

同じクラスだった子でも名乗られて初めて分かった子もいる。一番最後にきた(無理矢理呼び出された)T君、私の顔見るなり、だれだっけという。頭にきたから〝○○だよ〟と旧姓名乗ったら思い出してくれたが、すぐに言った言葉が「お前、おおきくなったな」だと・・・・。はいはい、横に大きくなりましたよ。お互い様だねと言い返してやった。

二次会にも出席し和気靄々。ビールを飲んだせいか眠くなる。勿論主治医から許可は貰っているよ親しい友人も飲めない方で、私たちはジュースやデザートばかり。二次会の途中で帰ってきました。

幹事はクラス順、私たちのクラスは次の次。その内3人は県外に住んでいる。なので必然的にまず残りの3人が幹事をやることとなるだろう。後は行方不明者を捜しそう・・・。ケータイの番号を教えあってとりあえず無事帰宅となった。

父さんに幹事やるかも、と伝えたら、やめとけの一言。病気のこともあるが、唯一クラスの中で来ていた男の子・・・と言う年齢ではないが・・・ガンを患っているという。人事ではない。断ることは出来ないよねぇ。私にも

「6年後幹事をやるからそれまで生きてやる」

と言う目標が出来る。お互い頑張ろうねと言う気持ちだわ・・・・・。

でもやっぱり楽しかったわ。アルコールが入ると余計賑やかになる。名前を思い出せなくても、同窓生には違いない。何となく会話も通じる。ただ全体的に女性の方が若く見えるのはどうしてだろうか。髪の毛や化粧のせいだろうか。

私はどう見えたかな。やはり〝大きくなった〟かな兎に角久しぶりに一人ででかけ友達と飲んで大騒ぎした・・・・というのは楽しい時間でした。 

駅の近くや駅ナカ、デパート・・・・クリスマスのイルミネーションで綺麗にかざられていた。こういうのも久しぶりに見たわ。良い気晴らしでした。


中学の同窓会は入院の直前だったので断念。今度はそちらにも出られたら良いな。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

午後から本降りになりました。洗濯物が乾きません。こういう時だけ乾燥機が欲しいなと思うのですが、一年に何回使うかしら、と思うと買えないんですよねぇ。

そんな中、就活のため娘がピックサイトへ行ってきました。一番最前列に座ると会社の担当者の印象が違ってくる、と言うので目当ての会社だけを回ってきたそうです。

午前中いっぱいかけてニカ所だけだそうで・・・・。時間の前からずっと並び、両方とも最前列に座ったとのこと。空いている時間には色々回ってパンフを貰ったりしていたそうですが、まだまだこういう催しはあるから、今度は違う企業へ行くことでしょう。

息子も、遠くへ通うことをやっと受け入れたようです。今日は元気に、頑張って一年間通うよ~って言っていました。訓練校のそばは、マンションと航空公園、市立小・中学校、後は防衛医大と防衛医大病院があるだけ。駅は小さく、隣にコンビニが一軒だけという、夜になったら淋し~い場所です。遊ぶ場所はありません。池袋駅の外に出たら危ない場所があるけど、息子は乗り換えるので必死だからまっすぐ帰ってくることでしょう。

娘の大学の周りも林と田んぼと果樹園と・・・・・田舎です。外にでと蚊に刺されると文句を言う。蝉も蛙もうるさいそうで

どちらも、勉強するには静かで環境が良いとこ

ろです。


二人とも来年最後の年、就職に向けて頑張るのだぞ



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
11月27日に書いた国立職業訓練校の件。

12月1日付けのホームページでは、合格者の番号に息子の番号はありませんでした。それでは27日に何故呼び出すのだろう、落とすつもりなら、「前回の面接で聞きはぐったこと」をわざわざ確認する必要があったのか、疑問でいました。

しかし、片道二時間近くかかる道のり、息子は〝通学が無理そうだから別に落ちてもいいや〟と半分喜んでいた。負け惜しみかもしれなかったが。でも、こういう施設は少なく、県内のは終わっているという。

担当者とは訳あって、月・火と連絡が取れないでいた。が・・・・。午前中の書留郵便でその訓練校から書類がきた。そう言えば合否に関わらず、封書でも結果を郵送すると言っていた。だめ押しの書類なんかいらないぞと思いつつ、何故か父さんが丁寧に開けていた。その行動に意味はないが。開けてみたら・・・・


何と合格通知ではないか

そう言えば、合否の通知は少し遅くなりますとは言っていた。でも1日に発表があり、番号がなかったら諦めるよねぇ。

学校から帰ってきた息子に早速見せてあげた。〝はぁ~〟の一言で終わった。

嬉しいの嬉しくないのと聞いたら、そりゃ嬉しいけどさ・・・だと。

どっちなのさ、男ならはっきりしろと言う言葉を飲み込み、「辞退することもてきるんだよ。親は強制しない。これから先のこと考えて、自分で良く考えてみなさい」というと・・・・

「辞退しない。一年間 頑張ってみる」

という、ちょっと情けない返事が来た。通うのは苦痛ではないはずなのだが、時間がかかることと都内へ一回出てからまた県内に戻ること、乗り換えが何回かある、行き先によっては目的地に届かない場合がある・・・・・どの電車に乗って良いか不安らしい。でも、本心は嬉しいに決まっているだろう。

まっ、何度か電車に乗って通学をする練習をしよう。決して難しくないのだからね。分からなければ駅員さんに聞きなさい。と、説得した。

この不況の中、合格したことは良いことなんだよ。求人一人の募集に10人も20人も集まるのだから。

きょうやっとハローワークの担当者連絡が取れた。もう結果は知っていたようだ。学校の担任と、一番初めにお世話になったケースワーカーの方にも連絡した。みんな喜んでくれた。

ちなみに娘は大学三年生。来年は二人とも就職活動となります。来年の今頃に二人の就職が決まりましたって報告出来ればいいな



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は一日中雨。外に出るのを辞めた。

息子も家庭科が無事に終わり、やや早めに帰ってきた。が、期末テストが待っている。マラソン大会欠場のため、明日はきっと午後走らされるだろう。頑張れ息子、赤点取ったらお仕置きよ

二科目以上赤点だと親の呼び出しがある。終了式の二日前に電話がかかってくるので、息子はその日はびくびくしながら過ごすことになる。今学期はどうでしょうか。今のところ一度も赤点取ったことはありませんが。

話は変わるが、私は今、点滴とゼローダの両方の抗ガン剤を使っている。冷たい物を触ると手がぴりぴり仕始めた・・・・。さっき冷えた麦茶飲んだら、唇にも違和感が・・・。まだワンクールも終わっていないのに、これからいろいろな副作用が出てくるのだろうな。はぁ・・・・。先が思いやられます。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
新型インフルエンザの予防接種、やっと出来ました。でも、今頃になってねぇ・・・・息子の学校は一度学校閉鎖になったから、ずっと怖かったのよねぇ。この辺では高校生の感染が多かったから、国ももっと考えて欲しいわ・・・・。

危ぶまれていた修学旅行、昨日から予定通り沖縄に行ったそうです。良かったねぇ二年生。一クラスでも学級閉鎖なら中止だったとのこと、今頃楽しんでいることでしょう。

修学旅行が終わるまでは、一・三年は今四時間授業。だけど、マラソン大会を見学した息子、明日天気が良ければ同じコースを走らされるそうです。きちんと走りきらないと赤点。

それと家庭科の手提げ作りがまだ終わらず、居残り。まだ出来上っていないそうで、

息子だけ6時間授業になっています。


何度もやり直しさせられた・・・と言っているけど

それは貴方が不器用なのが原因なのよ。

頑張って早く終わらせなさい

それと・・・・今頭を悩ませている先日の宗教勧誘の件。色々と根が深そうでした。元々良い人らしいのですが、本人自身が〝洗脳されている〟らしいとのこと。私たち素人がどこまで出来るか分かりませんが、他の仲間達が彼女のために色々動いてくれているようです。

洗脳されていて何が正しいか悪いのか、分からなくなっているのでしょうか。一度は頭にきたあんぱん夫婦ですが、洗脳されているとなれば話は変わってきます。リレーフォーライフで私たち家族がぽつんとならなかったのは、彼女の存在が大きいです。良い方向に行くことを心から願っています。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
退院後一週間、抗ガン剤の様子・体調とポート部分の抜糸のためがんセンターに行きました。

まず採血室へ。私の番号が過ぎても呼ばれない。今日は空いているし何故と思いつつ聞いてみたら、検査の予約は入っているが、「採血の指示書が出ていないから先生に聞いているところ」とのこと。また忘れられた・・・・・。

少々またされ、採血と検尿をすませ診察室で待つこと一時間。やっと呼ばれた。

入ってすぐに「う~~ん」と、カルテ見ながらうなっている。どうしたのですか聞いたら、一言「あのね、これからカルテ読むんだよ~」と明るく・軽く言われてしまった。おい血液検査の結果が悪いのかと思ったではないか。驚いてしまったぞ。体調は全く悪くなく、順調と伝えておしまい。

あのぉ~抜糸は来週ですか、と聞いたら何と

 「あっ、忘れていた。今日、抜糸だと言ったよねぇ」 

レッドカード出すぞ

昨日の宗教勧誘の件、簡単に説明し、Y先生の名刺だして私たちを安心させたのかも・・・と言ったら、先生もびっくり。色々会合や講演会に出ているから名刺はばらまいているという。出すところ間違えないでねとお願いしてしまった。


リレーフォーライフのことは先生もご存じで、あれは宗教の勧誘は禁じているはずだよ、っと言っていたわ。

ついでに、「勧誘された事は別にどうでも良いのだけど、私たち夫婦はいいカモにされたのかもしれないと、自分に対して怒っているの」と言ったら、先生曰く

「勧誘する相手を間違えたね、その人」と、大笑い。あん

ぱん夫婦の性格を見抜いているかしら。

最後に抜糸をするとき、怖い顔をしている。痛そうな顔辞めてくださいね、と言ったら老眼なんだよって・・・・。私より若いのに老眼なんて言わないでほしいなぁ。

私が、先生に私より若いんですよねといったら、何を思ったか、A先生(私をY先生に紹介してくれた前の主治医)は僕と同じ年なんだけど、僕一浪したから後輩なんだよって・・・。

それは何度も聞いている。それと老眼がどう繋がるのだろうか・・・・。やはり面白くて変わった先生だ。看護師さんから名物の医師と言われているのを知っているのだろうか。

そう言えば今回の入院で、面会受付やお掃除の人たちから、また入院なの、久しぶりだねと声をかけられた。私も名物の患者なのだろうか。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。