2009年08月

ここでは、2009年08月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日入院先の医師から呼ばれた。台風の中、集金を終え、行ってきた。

もう一ヶ月以上入院しているし、そろそろ退院してはどうか、とのこと。あまり様子は変わっているようには見えないが、老人はあまり病院には居られない。

薬の加減で食べたり眠ったり手を出したり・・・・・・難しいところだそうだ

ただ、以前居た施設は入所可能だそうで、施設に戻ってみて様子を見ようと言われた。年寄りなので、食べることにムラがあるのは当然。二日寝ていて一日きちんと食べる、そう言う人もいるらしい。

とりあえず明日の血液検査の結果次第で、来週半ばには施設に戻ることになる。後は定期的に精神薬を処方して貰う。

病院と施設、どちらが良いのだろう。でも病院は三ヶ月以上居るのは難しい。ある程度治療の成果が出たら退院だ。精神科はどうなのだろうね。

狭い病院だから、施設の方がきれいだし、広くて明るい。庭もあるしそっちの方が良いのだが。私の決められることではないけどね。

とりあえず明日施設に連絡して、相談してみよう。病院からも相談員が電話すると言っていた。又忙しい月になりそうだ。

息子も明日からは学校、新学期。今後のことはどうなるか、全く聞かされていない。こっちも連絡取らなくては・・・・・・安む間もなさそうだ。

とりあえず息子の夏休み=研修も終わった。息子よお疲れ様。

そして関わってくれた方、本当に有り難うございました

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
夕方雨の中、行って来ました。雨だというのに結構混んでいます。前回の市長選どころではありません。やはり総選挙です。いろいろとありますからねぇ・・・・

それと一緒に「最高裁判所裁判官国民審査」というのかありますよね。毎回困ってしまいます。だって知りませんもの・・・・。

八時から即日開票ですよね。さあ、これからどうなる事やら・・・・・。政治家のための政治ではなく、国民のための政治家になってほしい物です。

ところで、今日は父さんに頼んで、ちゃっかりいただいてしまいました。それがこれ二つ。

トトロ プー先生

左は〝コッコのトトロ〟、右は〝クマのYさん〟です。クマのYさんは私の主治医です。コッコのトトロはピヨピヨ軍団の一員、母さんの方に友情出演です。私がお呼びしました。出演料は木の実です。

明日は台風が近づくそうですね。関東地方の方、十分気をつけましょう。

それなのに、我が家は家族全員出掛けなければなりません。はぁ・・・・それてくれないかしら。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。


追伸です。

今日お昼近く、突然某政党の人がやってきました。勿論あの○○の人です。以前一緒に中学の役員をしていたので、多少の事は目を瞑っていましたが、「今日は選挙どうも有り難うございました。」と言われたときは、さすがにカチンと来ました。まだ選挙には行っていない時間です。勿論入れるつもりはありませんが・・・・。

普段お付き合いを全くしていないのに、選挙の時だけ来るのは如何なものかと、つい言ってしまいました。本当にこの数年あったことも電話したこともありません。家など教えていません。

そしたら返事が・・・・・「じゃあしょっちゅう来るのであればいいのね。具合悪いというのも聞いていたし、党としてなにか出来る事があったらいつでも言ってね」との事。

いつも来る=○○活動をする、または誘いに来ると言うことではありませんか貴方にとっては・・・・。私にはそう言う気持ちは全くありません。これから沢山来られても困ります。

今まで一度も来なかったのに、選挙の時だけ(市長選と今回の総選挙)きて、〝お願いします〟は無しでしょと言っているのです。党にお願い事なんてありません。

今の私にとって、願うことはガンの完治と家族の健康、それと自営業不況の解消です。それ以外何もありません。今の時点でガンを完治してあげるなんて言えますか。

仕事のことも借りを作りたくはありません。自分たちの努力でどうにかします。

お願いだから、私たちをそっとしておいてください。


前回も同じ様なこと言ったのにな。
暑さと、だるさとでバテバテの私。子どもの頃から暑いのは苦手だったので辛いです。ちなみに結婚前までは体重は平均でした。今からでは想像できませんが

夕方になってやっと外に出ることに。腰の痛みの方もだいぶ楽になったので、散歩を兼ねて図書館に・・・・。久しぶりの外の空気です。

最近は本がなかなか読めなくなっているので、専らCDばかり借りています。図書館の一角には、まだ自由研究用のコーナーが・・・・。今日・明日と親子で間に合わせようとする家庭もあるのかな。昔を思い出します。人のことは言えません。

次回の抗ガン剤治療は後2週間後なので、それまではせっせと動いて、お腹に脂肪をためないようにしましょう。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
夕べは何故かなかなか寝付けませんでした。薬が変わったせいもあるのでしょうが・・・・・。午前中はダウンしていました。

空腹になると吐き気が有り、あめ玉や小さいお菓子を、つい口の中へ・・・・。だから痩せないのですよね。中年太りのY先生にいつも怒られてばっかりです。絶対にこの先生だけには言われたくないわ

と言っててもしょうがない。腰が治ったら歩くこととします。これから涼しくなるでしょうから・・・・。

こちらでは先日コオロギが鳴き始めました。先日のドライブでは、もうトンボが・・・。秋も近いのですね。

まだ副作用のせいか、今日一日だるい日でした。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
あぁ、すっきりした。46時間、邪魔なんですよね。でもこれから吐き気が来るんです軽くすめばいいと思っていますけど・・・・。

ところで昨日の腰痛、夜だんだんと酷くなり病院に電話してみました。家にある鎮痛剤を飲んでも良いとのこと。間をおいて睡眠剤飲んでも、どちらも全く効かない。夜だから余計にいろいろ考えてしまいますよね。

もう一度電話しましたが、夕べの当直は麻酔科の先生。薬には詳しくないでしょうとの事。そりゃそうですよね。私が知っている先生ですが。

そのまま我慢して居たらいつの間にか寝てしまいました。朝起きたら、ほとんど痛みはなく、ホッと一安心です

寝付きか悪かったので、朝食後布団の中で横になっていたら〝大丈夫だよ〟って可愛い声が・・。実は父さんには小さな女の子が見えるそうです。私は見えませんが、時々、声が聞こえます。

我が家では〝座敷わらしのハルちゃん〟と呼んで居ますが、二年前からずっと居座っています。それなのに全然金持ちにはなれそうもない。まっ、病気が良くなりつつあるから文句は言えませんね。病気が治るまでは家にいて欲しいし

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今のところ副作用は便秘程度だろうか。そんなに酷くはない。

が、腰の痛みがどんどん増してきた。筋肉痛のような打撲症のような痛みである。骨シンチをする予定だが、やはりガン患者にとって痛みって不安だね。

九月半ばにならないと結果がわからない。怖いなぁ・・・・。

そう言うことで今回はこれで。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は診察日、白血球も増えており、予定通り抗ガン剤の投与となった。

〝調子はどう〟と言われたので、腰が痛い、特に右側のこの辺が・・・と押さえながら答えたら、じゃあ、骨のMRIを取りましょうとのこと。

母さん・・・嫌です。前にも閉所恐怖症だって言いましたよねぇ
Y先生・・・じゃぁを骨シンチやりましょう。

母さん・・・それはどういう検査ですか。
Y先生・・・(プリントを見せながらの説明)

母さん・・・注射って痛いですか
Y先生・・・う~んと痛いです。

母さん・・・えっじゃあその前に麻酔を・・・
Y先生・・・ハハハ、普通の注射と同じぐらいです、そんなに痛くありませんよ。まっ医者は嘘つきですからね。(顔は笑っています。)

又やられました。Y先生に騙された もういつか絶対に仕返ししてやるぞ

でも一言先生に注意されました。たぶん体重のせいでしょうって・・・・・。本当のことだから何も言えません。でも心の中で、先生も腰痛酷くありませんか、と言ってあげました。

デイケアセンターで抗ガン剤投与の後、受付ではミッキーマウスのテーマ曲が流れていた。地球儀もあり、デイズニーシーの雰囲気。
私はミッキーマウスがいないね、と言ったらあんぱん父さんが、がんセンターにはプーさんが居るじゃないかと言いました。そう、私の主治医Y先生のこと。舞の海さんとプーさんに似ているY先生って・・・・・と思いつつ、笑ってしまいました。何時か本人に言ってあげようと思います。仕返しの一つとして。

受付を通り、帰ろうとしたら、看護師長さんが居らっしやったのでご挨拶を。いろいろお話をしました。やせた方が良いよ、と言われました。それは素直に聞きました。

20日に書いた丸二年「ガン記念日」 私が言われた三人の主治医に言葉を伝えたところ、「医師としてそれは当たり前の言葉ですよ」と、当然のようにおっしゃった。確かにそうである。

医者に限らず、その当たり前のことを当たり前に出来ない人は多いと思う。私の周りにもいる。ブログでもいろいろと話は聞く。ニュースでも良く聞く。

では私はどうか。当たり前のことをきちんと当たり前のように出来ているか・・・・・・。自分ではわからない。

私は、医師にも看護師にも友人にもお隣さんにも恵まれている。自分のことは良く解らなくても、「当たり前のことをする」人間にならなくては罰が当たるだろう。

まずは治療を受け完治すること。それが周りへの恩返し。前を向いて歩いて行かなければね。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
ようやく本格的に治療が始まった・・・・・と言ってもずっと薬のお世話になってはいたが。

確かに睡眠薬は多くもらっていたようだ。睡眠薬に関してはいろいろとうるさいらしい。必要以上に患者に処方してはいけないという。

睡眠薬の量や種類を変え、抗うつ剤はそのままだ。睡眠薬は少し量が減った。新しい睡眠薬の中にグッドミン錠というのかある。

〝good眠か、洒落みたいな名だなあ〟先生一人でうけ

ていた。若くて感じの良い先生だった。が・・・・・・今回は臨時に診察だとのこと。たまたまいつもの医師がお休みで変わりに来ただけ。

じゃあ、いつもの先生って誰なの何と〝院長先生〟なんだって。


前回は相性が悪かったら、先生を変えてもいいですよ、なんて簡単に言っていたけど、院長では言える訳がない。どうか、話しやすい、優しい、腕の良い良い先生でありますように

明日はがんセンターだ。白血球が減ってなければいいな。テレビで最近言わなくなっていたが、新型インフルエンザの患者数が増えてるそうですね。
 私は高熱だけで一ヶ月半入院したことがあるから、インフルエンザは怖い。ワクチンも足りないとのこと。マスクをかけてお出かけだぁ・・・・。

来週から息子は二学期に入る。今もだが、電車通学しているので気をつけさせなければね。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
明日は心療内科、明後日は抗ガン剤の日、しばらく母の所に行けそうもないので、今日無理してでも行ってきた。

午前中は息子の関係で12時まで講演会に出ていた。話を聞いているだけというのもちょっと辛い物があり、途中で退席してしばらく外の空気を吸っていた。

お昼を途中で食べ、母の所に向かった。母はもう単語しか話さないし、かみ合わない。顔も見ようとしない。私が行っても本当にわからないようだ。ベッドの柵をカタカタ揺すっているだけだった。

確かに実家とは〝確執〟があったにせよ、私としては複雑な心境だ。母は〝私を忘れたまま、悪者にしたまま〟時が止まっているのだろうか。

介護もそうだが、実家の相続問題も父が他界した後、そのままになっている。相変わらず弟は電話に出ない。どうせ居留守を使っているに決まっている。強引に実家に行くしかないようだ。

そろそろ私も、腹をくくらなければならない時期に来ているのかもしれない。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
我慢できない程ではないのですが、右側腰から少し上に鈍痛があります。ラジオ波をやったあたりです。昨日の夜ぐらいかしら・・・・・。

はじめは久しぶりに履いたヒールの靴のせいかもと思っていたのですが、場所が場所だけにちょっと心配です。25日に言ったときに聞いてみようとは思うけど・・・・・何でもなければいいけどなぁ。筋肉痛みたいな感じです。

24日は心療内科、どんな先生か全くわからないって不安です。


昨日お通夜に出てから、余計にブルーになっています。私の喪服姿をみて、父さんが、〝まさかおまえの喪服姿をみることが出来るなんて・・・〟と、ぽろっと言った。あと半日遅れていたら、私の為にみんなが喪服姿になるところだったって・・・・・。ちょっと無責任発言かもしれませんが、ホントに〝死〟を覚悟していたので、その辺はお許し下さい。

健康なときには「死ぬこと」なんて他人事のような気がしていたけれど、そうではないんだよね。でも、それでも、私は元気になって、ガンから卒業したい。そのためにも前を向き、免疫力を付けて歩んでいこうと思っている。

兎に角、明後日は良い薬を見つけてらおう。薬に頼らざるを得ないが、仕方ない。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。


訃報が入りました。

何と娘の高校の同級生です。私も親同士メル友になっているため、娘と一緒に今日お通夜に行ってきました。

今年の一月、成人式を迎えたばかりのまだまだ未来のある子なのに・・・・・・。持病を抱え、大学まで進学したのですが、病には勝てなかったのですね。

子どもの方が親よりも先に旅立つ、そんな悲しいことがあって良いのでしょうか。親御さんの気持ちを考えると声のかけようがありません。

絶対私は自分の親より長生きしてやる・・・・・そう思いました。もっとも実母は私の事などもうとうに忘れていますが。ガンだと言うことも理解していません。それも悲しいなぁ。

いろいろと考えさせられる一日でした。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
こう書くと不謹慎かもしれないけど、家族皆これからは絶対にガンにならないために、今日という日を忘れないでおきたい。

二年前の今日、私が大腸ガンの手術をした日だ。まさか私が・・・・・・と思っていた。出産以外入院歴のない私にとって、〝入院だね〟の次が〝手術だね〟と言われた事は、まるで人事のようだった。

前々日の夜中にも、同じ市民病院に夜間診察を受けていた。そのときは内科医で、腹痛の原因は「ただガスが貯まっているだけ」だった。浣腸をしたら確かに痛みは治まった。が、点滴をしている間に高熱が出た。急にである。看護師はそれを医師には伝えてくれなかった。

あの時もしもっと詳しく調べてくれたら・・・・・浣腸をしなければ・・・・と言う思いがある。大腸ガンには違いないが、破裂の痛みを知らないで済んでいたかもしれない。過去を振り返っても仕方がないが。

ただおかげさまで、腕の良い、誰もがこの先生に手術して貰いなさいと言うほどの主治医に出会えた。そして、がんセンターに紹介して貰え、そこでも誰もが良い先生という先生に出会えた。

がんセンターに初診で行ったにもかかわらず、その日にもう予定が組まれていた。手術するときも、同じ。二度がんセンターで手術したが、全部日程が決まっていた。

7月にラジオ波で最後の二つを焼いて、今は抗ガン剤のみになっている。二ヶ月に一回CTを撮るが、再発と転移がないことを祈るだけである。

市民病院でもがんセンターでも、あと40年は生きたい、と言っている。そしたらY先生が、僕の方が先に死んでいるかもね。と笑っていた。

ガンになってしまったことは驚いたけど、医師と看護師には恵まれている。有り難い話しだ。家族にも迷惑をかけた。

みんなに感謝だね

一番最初の主治医、A先生の〝絶対に自分を責めてはいけないよ〟
今の内科の主治医、Y先生の〝あんぱん母さんが頑張れなくても、僕が頑張るから〟
外科のS先生の〝これもなにかの縁、最後まで何度でも手術してあげるから安心して〟

その言葉は本当に嬉しい。

さあ、来週は心療内科の診察と抗ガン剤治療がある。未だに落ち込んではいるけれど、前向きに治療していきたいと心から思う。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
と言ってもこんな時間に仕事の電話が入ってきたが・・・・・。たまには夫婦して暇な一日も良いかその代わり明日から忙しくなる。

娘が就活がそろそろ始まる。最近ネットでいろいろ探してIT関連の会社の一日体験(インターシップ)に参加している。
 今日は品川にある会社からOKのメールが届いた。そこで娘が言った言葉・・・

品川って上野から四つ目の駅だよね

お馬鹿、それは東京だよ、品川は九つ目だよ。駅は数えなくて良し。山手線黙って乗っていれば、いずれ到着出来るからね。

それからもう一つ、九段下駅近くの会社に申し込んでいる。これもわからないという・・・。上野から銀座線、東西線に乗り換えれば行ける。

と言う前に自分で調べてね。パソコンは母さんより詳しいのだから。それとね、品川駅も九段下駅も貴方は利用しているのよ。

少しぐらい覚えなさい、もう~

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日はちょっと寄り道して、一番初めに入院していた病院の、移転した場所を確認に行ってきました。用はないけど、まぁ興味本位で、っていったら怒られるかな。大きくきれいな病院に変身していました。周りは田んぼと住宅地、蝉が鳴いていました。

そのまま姑の病院にも行きました。移転したS病院とき雲泥の差・・・・・・個人病院ですからね、仕方ありませんが。でもここも周りは自然が多いです。

最近つくつくほうしが鳴いていますね。秋が近づいてきたと言うことでしょうか。ミンミンゼミとアブラゼミ、賑やかでした。

そう言えば私が入院していたときは、周りは田んぼ、蛙がうるさかった。真冬は富士山の夕焼けがよく見える。自然の中、季節感がある中での入院って結構良いかもしれません

姑もそれを感じてくれているのでしょうか。今日はあまり話もせず、めんどくさいという顔をしていました。早々に帰ってきてしまいました。一日おきに行っているからね。飽きちゃったかな。

今日で息子の夏休みも終わり。明日からは職業訓練に通います。夏休みが終わるまでね。

娘は今週いっぱいインターシップで、〝働く〟と言う勉強をしています。アルバイトしているので働いてはいるのですが、まあ単位がつくからね。成績にも関係してきますし・・・・。いろいろと忙しい夏休みです。
娘は九月半ばまで夏休みなのですが、バイトもあるし学校説明会のスタッフの一員だし、学生会に入っていて、スポラスの勉強もあるし・・・・・結構忙しそうです。暇なのは私だけ

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

追伸…この記事を書いた後、YouTubeをみながら、私のガンの話になった。父さんは〝三度

死にはぐっている〟
と言いたかったらしいが、何と私に〝三度の死に損な

い〟
と言ってしまった。

おいおい本心か怒るぞ
一昨日の疲れもあったのか、今日も午前中はだるくて眠くて・・・・10時過ぎまで寝ていた。暑さで、ばててしまっている。洗濯物は息子に干して貰った。
 それでも熟睡感がない。あと一週間・・・・・・新しい病院の心療内科、どうぞ私と相性があうように、と願うしかない。

パソコンも自分で文字を打つのは良いが、他の人のブログまでたどり着けない。コメントは読めて返事書けるのですけどね。

なので、最近父さんがいろいろと教えてくれる。おもしろい事が書いてあると、わざわざ呼びに来て見せくれる。自分では読めなくても、皆さんの情報を知っている私。

仲良し夫婦、二人三脚でブログを作っている感じ

最近皆さんの所に行っていませんが、良く知ってますよ。いろいろ父さんから聞きますからね~。それも楽しみの一つです。

それと最近mixiを始めました。なかなか上手くできないのですけど(年のせいで覚えられない)頑張ってやって行きたいと思います。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は姑と実母の施設、2カ所行ってきました。四人そろって見舞いに行ける日は少ないので、早めに出てのんびりと・・・・ね。

姑も実母も相変わらず・・・です。ただ姑は起きていることが多くなりました。食事もムラがあるが毎日食べているのこと。

姑は施設に入ってだいぶ柔らかい感じになりましたが、実母は相変わらず言葉がキツイです。思ったことをそのままストレートに話してしまう・・・・・・そう言う性格は認知症になっても変わらないのですね。

私自身介護している時間が長く、多くのお年寄りをみてきましたから、今は何言われても平気ですが、子どもの頃は、そのキツイ言い方に良く泣いた物です

私ガンになって手術したんだよ・・・とは伝えましたが、何と返事をしたのか、意味わからないことを言ってました。聞き直しても「わからないよ」の一言。元々は看護師。ガンの怖さや辛さはわかっているでしょう。認知症でなければ・・・。

忘れられてしまうのも仕方がない、それは病気が悪いのだから。他の入所者から優しい言葉で声をかけられると、やはり嬉しいです。

「どちら様だか知りませんが会いに来てくれてありがとう」、と、一度だけで良いから言われてみたい。姑は帰るときには笑顔で手を振ってくれますが、実母はそっぽ向いたまま「知らない」と言うだけ。やはり父と同様、私を嫌っているのかな。淋しくなります。

まっ、時間がある限り面会に行きましょう

今日も車の運転練習しました。車の感覚が身についていないので、駐車場やせまい道路でのすれ違い、幅寄せはまだ怖いです。でも乗らないと身につきませんから、毎日少しずつ練習しなくはね。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

追伸・・・今日はあんぱん父さんの54回目の誕生日です誕生日のケーキは昨日食べてしまいました。今日はいただいたマスクメロンでお祝いです。

父さん、誕生日おめでとう
昨日はうんと落ち込んでいたので、気晴らしに・・・・と、、和紙の里、高原牧場と長瀞に行ってきました。ついでに長瀞駅近くの(と言っても歩いてはいけませんが)温泉に入ってきました。

          茅葺き

これは東秩父和紙の里の中にある散歩コースの一角です。体験は個人では出来ないので、散歩をし、おみやげで売っていた和紙で作られた栞を買ってきました。

その後は高原牧場、これはソフトクリーム目当てで行きました。

    牛2   牛1

アイスを買っていた間に息子が撮った写真です。

高原牧場ではいろいろな体験ができます。今ならアイス作り。夏以外はバターやチーズも作れます。牛乳パックを再利用して紙すき体験も出来る様です。作ったアイスは写真で撮っておけば夏休みの宿題にもなれそうですよね。

そしてそのまま山を越えて、長瀞へ。ここは岩畳で有名なところです。が、今日の夜お祭りがあるらしく、場所取りのシートや関係者以外立ち入り禁止区域などがあり、のんびり散策・・・・どころではありませんでした。今頃は花火大会や、灯籠を付けた船が川を下っているところでしょう。昼食だけとり早々に〝逃げて〟来ました

朝早く出てきたので時間はたっぷりあり、長瀞駅から一番近い温泉を教えて貰ってのんびりしてきました。露天風呂からはもみじを初め、いろいろな木が見えます。川も流れ、滝もよく見えました。この滝、なんと〝華厳の滝〟と言うらしい。何故そう名付けたのでしょうね。でも、滝を見ながらの入浴も風流・・・・・・かな

秋の紅葉の頃に来たらきれいでしょうね。父さんに行こうって言って見ようかな。

やはり、自然の中に来ると元気が出ます、暑かったけど、蝉の声や風の音、川の流れや滝の音・・・・。昨日は落ち込んでいたけど、少し元気がでました。帰りは久しぶりに長距離の運転をしました。それも国道です。まだ車の感覚が良くわからないけどね。

〝少しずつ〟普通の生活〟をしていくことで元気が出てくる、そう感じています。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
それでなくても抗うつ剤飲んでいて、不安と悲しみと・・・辛いのに、訃報が入りました。

そう言えばちょうど一年前の八月、ほんの2週間の入院で知り合ったKさん。再発で大泣きして落ち込んでいる私を「貴方なら大丈夫、絶対に完治するわよ」と、励ましてくれた方です。

その方は退院後すぐに急変し、八月に他界しました。とても強い方で、余命を宣告されていたにもかかわらず(私は後から聞きました)いつも笑顔で、退院するときもさわやかな笑顔で〝ごきげんよう〟と言いながら部屋を去ったKさん。今でもそのときの笑顔と爽やかな声は覚えています。

未だに信じられません。

生きている私に「出来ること」とは何でしょう・・・・。やはりガンの完治でしょうか。それと〝忘れないでいること〟でしょうか。考えてしまいます。

やはり悲しいことは悲しい・・・・・。ご冥福を心よりお祈りします。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

うちのお盆は7月に終わっていますので、変わりに姑と実母に会いに行ってきました。

姑は病院にずっと居たいそうです。施設に戻ると、いろいろとやることがあり、一日中寝ていたい姑に取って病院は一番好きなところかも。
 〝でもいずれ退院する日は来るからね、病院はずっと居られないんだよ〟とは言いましたが、どこまで理解しているか・・・・・。かわいそうな気もするけど、いずれは施設に戻らなければなりません。在宅介護は無理だし・・・・。

でも、頭はだいぶはっきりしてきた。よく話すようになっている。食事が少し減ってきたと言うが、今日は点滴していないし、暴力・暴言もほとんど無いようだ。顔つきも締まってきたようである。

お願いだからおとなしく施設に戻ってくださいね。

そして実母の特養に行った。相変わらず寝たまま・・・・寝たきりだから仕方ないが。でも口は達者である・・・・・・・・・

以前持ってきた娘の成人式の写真、見あたらない。ゴミ箱に捨てたという。弟は「そんな物いらない」という。何という親子だ・・・・・娘ながらちょっとあきれた。ばあちゃん、初孫の成人式の写真ぐらい、わからなくても良いから、捨てるだなんて言わないで~


職員さんに聞いたら、陰の方にあった。手渡して、貴方の孫だよ、と言ったら口の方に持って行きそうになった。食べちゃ駄目だよ、と声かけたら、「誰が食べるものか」だってさ。今度写真立てを持って行こうと思う。

二人とも長生きしそうだ・・・・・・はぁ・・・・元気でいるのであればそれはそれで良いことなのだが、少しはおとなしくしていてね、と言いたくなったわ。

今日は途中で車の運転を二年ぶりにしました。オートマなんて何年ぶりだろう。5~6㎞ぐらいだが、初心者並みの運転になってしまった。ブレーキも下手になっている。2400㏄から1000㏄になったから車の感覚も今ひとつ。車庫入れも下手になった。

これから毎日練習だわ。頑張ろうっと

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日買い物に行ったらお父さんが多い・・・・・。みなお盆休みになったのでしょうね。おじいちゃん・おばあちゃんが幼い子を連れてきているのは、逆に帰ってきてくれたのでしょうね。

おじいちゃんが孫をあやして笑顔でいる・・・・。遠くに遊びに行かなくても、一番の楽しみなのでしょう。私にとっては、とても羨ましい話です。

以前も書きましたが、父方の祖父母はもういませんでした。母方の祖父母は健在でしたが、祖父が認知症だったのでかわいがって貰った記憶が全くありません。

うちの子には同じような思いをさせたくない・・・・・。父は父なりにかわいがってくれたと思いますが、そのやり方が分らなかったようです。私も理解できなかった。

ただ、娘のために羽子板やおひな様は真っ先に購入してくれました。娘は嫁に行くときに必ず持って行くそうです。娘には父親の気持ち、通じたかな。それならば嬉しいんですけどね。

今日から息子もお盆休み。娘だけが勉強で働いています。頑張ってね。

今日ETCのカードが届きました。でも夏休み中は旅行の予定もないし使うことはないかなぁ・・・・・。せめて三月に旅行に行った時にいまの車があればなぁ、随分安くなったはず、と、ケチなことを考えています。ハハハ

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

追伸…息子が〝母ちゃんのブログいつアップするの〟とうるさいです。私のを見て何が楽しいかしら。息子の気持ちが分りませ~ん
先日貰ってきた薬、抗うつ剤と睡眠薬の効き目が悪くなっている気がする。

抗うつ剤は以前より量が増えていて、朝晩飲んでいるが、不安とか悲しみとかずっと抱えたまま。

睡眠剤も確実に量は増えてるが、夜中に又目が覚める様になってきた。変な時間に起きてしまうから熟睡感がなく、朝食後又1時間ぐらい寝ないと起きられない。それも結構辛い物だ。

24日に新しい心療内科に行くまでの我慢だと思っているが・・・・・。眠気の方はまだましだ。心の問題はなかなか解決しない。もやもやした物が貯まっていく感じだ。

父さんはそれが嫌かもしれない。なにせ、姑の躁鬱病でうんと振り回されたから。私も姑に文句ばかり言っていた。

そんな私が、今抗うつ剤のお世話になっている。まさか心療内科のお世話になるなんて、あの頃の私は想像もしていなかった。そりゃガンが4期で、再発して・・・・・・。普通でいられる方がおかしいが。

ごめんね、父さん。私も頑張るから、怒らないでおくれ。辛いのは辛いのよ。暖かい言葉かけてなんて言わないからさ。

優しくしてちょーだいだめ お・願・い・

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
朝が大変だった。ガンになって、今までに下痢はしたことがない。

食欲はあったのだが、食べ終わってまもなく、お腹ごろごろと・・・・痛みも出てきた。1時間の間に五回もトイレに行った。
 行くたびに柔らかくなっていくのが分る。でも不思議なことにすべて出したら嘘のように痛みが引いていった。

よかったぁ、何でもなくて。

何かあったらすぐに病院に来なさいと言われている。ただの下痢でも、副作用だろうか、それても大腸ガンの再発なのかって、悪い方に考えてしまう。

なので午前中はゆっくりとお昼寝・・・・・ではなく朝寝させていただきました天気も悪いので、洗濯物も今日はお休み。

もうお盆休みの人も多いのだろうか。うちはお盆は7月なので八月は関係ない。息子は夏休み中職業訓練に通っているが、13日からは一週間お盆休みである。

ただ、娘はインターシップが今日から始まった。2週間程だ。某有名薬局チェーン店に行く。親子の休みが全くあわない。まぁ、来月の連休にのんびりすることにしよう。

父さんは早くETCを使いたいらしい。が、カードがまだ届かないし、そんなに遠くには行かないしなぁ。ETCのレーンを通りたいらしいが、何処か行く当てはあるのだろうか。

ただ、渋滞する時期は絶対に高速は通りたくない。

今年は高速や空港の混雑ぶりを見ながら、〝ざまあみろ〟と思うことにしようか・・・・。

本音は、行けない者のひがみである。やっぱり何処かへ行きたいよねぇ

月末には抗ガン剤があるから、しばらくはおとなしくしていよう。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
がんセンターには三週間に一度になり、病院通いも少しは楽になったろうか。それが本当に〝良くなった証拠〟ならいいのですけどねぇ

今日、ふと父さんが、〝おまえの親父の人生は何だったのだろうねぇ、楽しかったのだろうか〟と、言った。

父は若いときに自分の父(私の祖父)を亡くしている。兄は若くして戦死した。病弱の母(祖母)と、弟(伯父)のために旧制中学を出て、夜学の高校を一年通いながら公務員として定年まで働いた。弟(伯父)は、大学生の時に亡くなったという。同じ町内に祖母方の親戚が何人かいるが、祖父方の親戚づきあいは全くない。

祖母の初七日に私が産まれ、曾祖父が五歳の時になくなったが、私はこの曾祖父にものすごくかわいがられていたという。

父に関してはそのぐらいしか分らない。お酒も全く飲めず、友人を連れてきたこともなければ、同窓会の類には覚えている限り出たことがないという。
 人付き合いが悪く、頑固で飲めない父、飲み会も私的な遊びも誰にも誘われたのを見たことがない。

なので私にも同様のことを求めた。女の子が飲みに行くこと自体おかしいと言う。成人してからは家族と旅行にも行かなくなり、私は友人と出かけるとが多くなった。休みの日はあまり父とは顔を合わさないよう極力努力していた。

結婚が決まったときも、〝ああこんな物か〟と思うぐらいさっぱりしていた。

なので父は、きっと私と同様、私を嫌いであったろう。何せ父の言うことだけを素直に聞く長男がいるのだから。

そんな長男=弟は何も出来ない大人になっていた。周りの誰もが「自分の置かれている立場を全く理解していない」と言うほどに。

なので実家のことはすぐに動いて解決する私たち夫婦の所に連絡が来る。誰にも看取られずひっそりと亡くなったときも、である。

父に嫌われている私が葬儀をだし、父の大好きな息子はただただ食べまくるだけであった。父の介護が始まったときから、一度も父とは話をせずに亡くなっていった。

今、父は何を考えているのだろうか。定年後、家の中にこもりきりになり、医師にも見放され、私とも和解せずに死んだ父。

あなたはそれで幸せでしたか・・・・一度聞いてみたい物である。不謹慎でご免なさい。

私は・・・・・・精一杯生き抜いたよって、自信を持って言えるような人生でありたい。いつも、今もそう思っている。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
抗ガン剤治療中は便秘だと書いた。

と同時に右側の腰が痛む。何処かひねったか、と思って湿布していたが、じっとしていても、動いていても、寝てても痛い。

今回白血球が少ないのに抗ガン剤をしたのでその副作用か・・・・・・・それともラジオ波治療の影響か(その真下だったので)何かあったらすぐら連絡を、と、主治医に言われてた。

ところが・・・・・・。

一昨日針を抜いて、昨日から便が出るようになった。今日は快調である。それと同時に腰痛が無くなっていく。そんなことってあるのだろうか。不思議である。

まっ、楽になったのだから良いよねぇ

深く考えない様にしましょ。

今日は中学の同窓会の連絡があった。前回は出られなかった。何年ぶりだろうか。久しぶりに出席してみようかと思う。みんなおじさん・おばさんになっていることだろう。人のことは言えないね

それとお願いが一つあります。
 精神的に安定していない今、自分でも誤字が多くて困っています父さんがチェックはしてくれますが、見落とすことも多いです。何か変な文字や勘違いのようなことが書いてあったらスルーしてくださいね。よろしくお願いします。

〝それ間違っています〟との一言だけのコメントはご勘弁下さい。我が儘言ってご免なさいね。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日はまだ医師の診察ではなく、その前の専門員さんからの聞き取りだけだが、予約して行ってきた。

ここに心療内科があるのは知っていたが、二階がディケア。認知症の診察もするところである。姑が在宅介護の時に通っていたところだ。だから心療内科と言うよりも介護施設という感じがして行きそびれていた。

でもそんなことは言ってはいられない状態になってきた。

建物自体は大きくないが、新しく明るい感じがする病院である。それに医師が四人いて、相性が会わないと思ったら医師を変えてもいい、と言うのが気に入って、次回24日に診察予約を入れてきた。薬も心配だが、今のを飲むしかない。

とりあえずそれで様子を見ることとした。一歩進んでちょっと安心

帰りにちょっと夫婦げんかをしてしまった。反省

ごめんよ、お父ちゃん。許しておくれ

午後からは姑の所へ行ってきた。なんと車いすに座ってナースステーションにいるではないか

部屋でいろいろと作業があったらしいが、自分から車いすに座って出掛けたいと行ったそうだ。話は少々かみ合わないが、入院時よりだいぶしっかりしてきた。話している内容も分るし、自分から話す。
 帰るときもまだここにいるってナースステーションに入っていった。今までずっと寝ていたばかりだったのに・・・・・・・。退院も近いかな。

弟との事は全然解決しそうもないが、兎に角一つでも良い方向へ進みますように。


ところで・・・・。テレビはほとんど見ない私だが、五時からのニュースはなるべく見ようとしている。しかしこの何日か酒井法子さんの話しかしない。別に好きでも嫌いでもないが、あそこまで報道する必要性があるのだろうか。逮捕状が出ているというのだから当たり前だが、ニュース番組もワイドショー化している気がする。

昨日は広島の原爆投下の日である。私にはそちらの方が大切の様な気がするが・・・・・。そう思うのは私だけであろうか。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
午後二時に無事針が抜けました。

その分少々気持ちが悪いです。それに便秘で丸三日間出ていません。お腹も張っている様で余計に辛いです・・・・・・・

でも、ずっとぶら下げていたものが無くなって、うっとうしさは消えたけどね。今度は三週間後の25日です。九月にはCTもあるので不安だわ。

今度こそ再発と転移はないように、と願うだけですね。

今日は辛いので、この辺で・・・

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
二度目の書き込み失礼します。

以前にも書いたかしら・・・姑はある宗教の学会員です。どこだか分りますよねぇ・・・政治にも関連しているところです。

同じ隣組にも学会員の方はいるのですが、私たちは全く関与していない事を理解してくれて、学会の話は全くしてきません。それ以外は普通に上手くお付き合いしています。

なのになのに・・・・・ちょっと離れたところに住んでいる、某会員さんが、お互い顔を知らないはずなのにどこで調べたか、夜の9時過ぎにアポもなくやってきました。一緒に活動をしないからとお誘いに。

まだ私が発病する前の事、子どもも少し年齢が低かったときのこと。9時過ぎと言えばもうお風呂に入る時間でした。主人は二階に上がって出てこないし、「顔見知りでもないのに約束もなくこんな時間に来られるのは迷惑です」と、私が断ってやっと帰って貰ったのはその30分のこと。

もう二度と来ないだろうと思ったら、なんと数日後に見知らぬ男性を伴って、夜遅く約束なしにやってきた。今度は主人がでで、玄関先で大もめ、二度と来るなと怒鳴った。

にもかかわらず、今日突然やってきた。

その数分前に帰ってきた主人がまちがってそいつに挨拶してしまったよ、と話していたところだった。

 「選挙の事なら分っています。二度と来ないでくださいと言ったでしょう。」と答えたら、後ろから中学の時の役員仲間と、今度の衆議院議員選挙に立候補する現議員が出てきた。

少々焦った私。庶民のために頑張ってくださいね。いい生活が出来ますように、と、伝えるのが精一杯だった。

でも、二度と来ないでください、と言ったのに何でうちに来るのだろう。短気な私、そんなことを言われたら二度と行かない。だけど、道路ですれ違っても、私たち夫婦に愛想が良い。そんなに学会活動に参加してほしいのか。

お願いだから宗教の強制だけは辞めてください。私たちはやりたくないのです。どう伝えたら理解してくれるのでしょう。

近所の人だから故に悩みます。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

あんぱん父さんです、誤解がないように一言
私の父はそちらの人間でした一生懸命信心し、誰からも慕われる人でしたが42歳の若さで交通事故で亡くなりました(母さんのページによくでてくる舅です)父が信じていたものですから私もそのまま頑張りましたが、何かが違う・・・ずっと思いながら活動してきました。
自分なりに宗教とは・・・自分から勧誘したり、誘ったり・・・何で?
こまってもいない人、むりやり入信させたり・・・.
宗教とは必要な時、必要な人がすればいい、信じている人から言わせれば邪道かもしれない、でもわたしは人として魅力があれば、こちらから言わずとも分かる・・・。
昨日、今日はじめた人間に気安くいっしょに頑張りましょうなんぞと言われると虫ずが走る、おまえ、俺のなにを知っている、未来で勝負しようと言われた事もある。なんで生まれ変わってまでおまえとあわなきゃなんないんだ、お前なんかだいきらい ! ほっといて貰いたい、こんな時妻が癌だなんていったら大変な事になる。会員のなかにも理解してくれる人も尊敬出来る人もいる、でも近所にいるあいつは最低、義弟なみである。
今日は、朝・夕と吐き気止めを飲む。飲まなくても薬をを少なくしてあるため、吐き気はほとんど無い。

ただ、暑さのせいも有るが、だるくてしょうがない。それに睡眠剤のため午前中はほとんど寝ている・・・・。

辛いわぁ・・・・

さっき、心療内科を見つけて予約した。混んでいるらしいが、医師の診察の前にソーシャルワーカーとの面談があるとのこと。金曜日の10時に行くことにした。診察の予約はそのときに取るという。

これで普通の生活・・・・不眠や不安・ストレスが楽になればいいな睡眠薬が多く処方され過ぎと言われて余計に不安になってしまった。
 だけど私が勝手に辞めてしまったら、どうなるか分らないからそれも出来ない。困った物だ

今できることは、新しい病院で、やり直してくることだけだ。いろいろ話してみようと思っている。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
白血球の量が少なかったが、予定通り抗ガン剤治療が出来た。いつもと同じである。ポートに針を刺し、明後日の午後二時までぶら下げていなければならない。

うっとうしいぞ 

再発・転移防止のためには仕方ないが・・・・・・。そして薬の話をした。やはり睡眠剤と抗うつ剤は抗ガン剤と同じように、細かな調整が必要だから専門医に診て貰った方がいいとのこと。

確かに今の主治医Y先生は、抗ガン剤のプロだけど、心療内科医ではない。多少は処方できるが、それが効かなくなったときには、専門医を紹介するらしい。

ボソッと、ガンの医師の中でも、総合病院の医師でガンに詳しくない医師がとんでもない処方をする先生がいるらしい。患者が疑問に思ってがんセンターに来た時には、酷い症状になっている患者もいるらしい。
 確かに以前同じ病室で、盲腸と診断されて手術をしたが、なかなか退院させて貰えず、苦情を言って再検査したらガンだった、と言う人がいた。誤診である。

プライドと腕に自信のある先生だからこそ、専門医に・・・・と言うのだろう。やっと決心をした。次の診察までに探してみようと思っている。

とりあえず、前回精神科のある病院でいただいた薬と同じ薬を処方して貰った。その病院は理由を言って、他の病院を探すと伝えた。心療内科をメインにしている病院をね。

処方箋を持って薬局に行ったら、こんなに睡眠剤を処方する医師はいないよ、と薬剤師に言われた。
Y先生にお願いして、精神病院の先生にいただいた薬を同じく処方して貰い、それを飲んでいる間に新しい病院を探していると伝えた。O病院の信頼が無くなった。

二度と行かないぞ 

話が横にそれるが、診察を待っている間、Y先生の部屋から出てきた患者さんがいた。私たちの目の前に座り、看護師さんから呼ばれるのを待っていた。私たちの話から同じ先生だと気づいたのだろう、声をかけてきた。

話をしていて、もっと手短にと、怒られたそうだ。そうでなくても初めての受診で不安そうな感じの方だった。いろいろ言われて来たらしい。本当に泣きそうな顔で、〝Y先生ってどんな先生ですか〟と聞かれた。正直に思っていることをそのまま伝えた。

確かに冷たい・厳しい先生であること、はっきりと物事を言うこと、短気である、でも本当は優しい先生で、ガンを早く治したいと前向きな患者には、患者と一緒に・一生懸命に治療していくと言う先生であること、等々・・・・・。

短気なので愛想がないときは、看護師もそっと逃げる、こちらから声をかけない、なにか言われたら絶対にスルーすること。患者も気にしないでいること。

時間がたてば絶対に大笑いしてくれる先生だから、冗談も言うし、雑談もしてくれる先生だよってね。

それを聞いて安心しましたって、言ってました。名前は聞きませんでしたが、同じ先生だから又何処かでお会い出来る人でしょう。

Y先生、もっと優しくしてあげましょうね。

勿論私にも優しくしてねぇ~、いじめないでねぇ~

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
今日、実母の所へ行ったら、弟とたまたまかち合った。いい機会だと思い、これからの事を話し合いたいと言った。

兎に角弟とは連絡が取れない。携帯を持っていないので自宅の電話しかないのだが・・・・。NTTの電話は休止中だと確認が取れているので聞いたところ、知らないという。先日実家のお隣さんから聞いた水道メーターの不審な取り替えの件、騙されたとは思っていない様だ。

主人が、早く帰って貰いたい為にはんこを押すのか、と聞いたらそうだと言う、苦笑いしながら・・・・。

おまえが騙されるだけならいい。その尻ぬぐいはこっちに来るんだぞ、と主人が言ってくれたが、自分の都合の悪いことにはすべて黙ってしまう。

そしてガンだというのに一度もお見舞いに来ないこと、三度死にかけたこと、今は元気になったがおまえよりも先に死ぬ可能性が大きいこと、これからの事をどう考えているのか聞いたのだが、返答なし。

そして最初にあったときに何故具合はどうなのか、聞かないのだと最後に主人が声をかけたが返事なし。

今まで何度も実家に電話かけたが、居留守を使ったという。

さすがにキレた。〝何か一言でもいいから言うこと無いのか〟と私が聞いたら、逃げかけながら弟が言った一言

だから嫌なんだよ、怒ってばかりじゃないかだってさ。


怒らせているのはどこのどいつだ、自分の置かれている立場をよく考えろよ

施設だったので、さすがにその言葉は飲み込んだが、家だったら一発殴っていたかもしれない・・・・。

どちらにしても家の財産のことは話し合わなければならない。従兄弟に仲裁に入って貰って、今月中にでも実家に行こうと思う。私が元気なうちにやるべき事をやらなければ、死んでも死にきれない。

弟もかわいそうな人間だと思う。親に何も教わったいないのだから、親の言うことを聞けばそれて済むのだと思っていたのだから・・・・・・。これは私の両親にも責任が有るだろう。でも、社会人としては失格である。

人間一生勉強だと思う。学校で教わることだけが勉強ではない。社会へ出たら自分で学ばなければならない。つくづくそう思った日だ。

私自身完璧かと、問われたら返答は出来ないが、少なくとも知らないことに関しては〝勉強している〟つもりである。

同じ兄弟で性格も何もかも正反対だ。我が子にはこういう大人になって欲しくはない。


ちなみに、携帯は嫌いだから持たない(前回は買い方を知らないと言った)。叔父のお葬式は、葬式自体に出たことがないから行きたくないと言った。はぁ・・・・・・・。いい加減にして欲しいなぁ。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。