2009年07月

ここでは、2009年07月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この一週間の研修タイトルは「就職活動のための接遇研修」だというのを、今初めて知った。社会人としての最低のマナーやルールを覚えるという内容だ。

面接の仕方は中学でも受験前に徹底的にやらされた。挨拶や返事は小さい頃から親が気をつけていた・・・・と思う。・・・・たぶん平気だと思う・・・・

たった一週間で何が身についたか・・・・・・と言うと疑問だが、きっと時間がたってから本人が?あの時行って良かった?と思う時があるだろう。

兎に角休むことなく、無事一週間を終え、修了証を貰ってきた。有り難うございました。

来週からは違う場所で職業訓練に入る。何が得意で、何が苦手で、どんな仕事なら本人に向いているのかを学ぶ。お盆休みが一週間だけで八月いっぱい通う。

本当なら二ヶ月かけてすることを一ヶ月でやるのだから、どうなる事やら・・・・・・・。息子本人が頑張るしかないのだが、周りも大変だろう。皆さんよろしくお願いします。

今週は息子のことばかりになってしまった。姑のことでもいろいろ嫌な経験をした。でも、私もガン患者なのよねぇ。忙しかったというか・・・・。自分のことを考えられなかったのは初めてだ。

だから、先生に自分の治療に専念出来ないのだねぇ、と言われてしまうのだ・・・・。

忘れていたわけではない。睡眠剤も抗うつ剤も毎日飲んでいるが、自分に目を向けて生活できなかった。

三日から息子が新しい施設に行くが、電車は同じ、今降りている駅の三つ先。前回息子が間違って電車を乗り通過して降りたところだ。なので電車は平気だろう。今度は駅前だそうである。日曜日に一度息子と確認をすれば後は大丈夫だろう。

来週は私も抗ガン剤を予定している。当分は同じ薬を使うだろう。白血球が減っていませんように。

抗うつ剤と睡眠剤は専門の病院で、と言われたが、この前の病院にはもう行かない。今姑が入院しているところは精神科だけ。それでなくても変な病院なのに、通えるはずがない。がんセンターの今の主主治医にどうしてもお願いしたい。四日の日にゆっくりと話せるだろうか・・・・・。無理してでも話してこなくてはね。

今日は昨日の雷で中止になった花火大会。近くなので、のんびり見に行ってこようと思う。家族そろってぴりぴりしていたから、気晴らしになるかな。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

スポンサーサイト
今日は、面接の練習をしたそうだ。ノックを三回して注意されたとのこと。

周りの子とも慣れ、今日はいろいろと話をしたらしい。そうやって友達が出来るのは良いことだが、電話番号やメールアドレスの交換は禁止事項となっている。今回の仲間とは明日までなので息子にとっては淋しいことかもしれない。

兎に角明日まで頑張れよ。 

午後からは雷雨警報が出てしまった。息子がちょぅど帰宅時、びしょ濡れになって帰ってきた。すごい雷でしたよ。何処か落ちたようだった。

おかげで今日の花火大会延期だ徒歩圏内なので見に行こうと思っていたのにぃ・・・・・・。まっ、明日のんびりと見に行くことにしよう

それにしても、今日は物が壊れる日だった。扇風機、息子の椅子、パソコンのスィッチングハブ・・・・あんぱん父さんが全部直したが、車といい、〝壊れる〟って続くんだね。

私の体調に絶対に影響しませんように。心からそう思っているわ


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日はセンターに集合ではなく、他の駅にある銀行の前、現地集合である。電車の路線も違う。

昨日電車を乗り間違えた息子、不安だぁと言いながら出掛けていった。出掛ける前には地図を片手にイメージトレーニング・・・・・・・・したが、駅に降りたら仲間がすぐそばにいて、結局後をついて一緒に行ったそうだ。

迷子にならなくて良かったねぇ、徒歩10分掛る

って言われていたからねぇ。母さんも心配だっ

たぞ


なんと貸金庫まで見せてくれたそうだ。なかなか入れるところではない。特に貴重品や財産のない我が家は・・・・。貴重な経験である。銀行とはどんなところか、と言うのを勉強したらしい。

そのまま一般のバスでセンターに戻り、午後からは、ここの研修生だった先輩の経験談などを聞くこととなった。有名なス○バに勤めているそうだ。なんとコーヒーまでご馳走になったらしい。

帰ってきて、息子の〝楽しかった〟の一言、親としてもやはり嬉しい・・・・が、遊びに行っているのではないからね。社会人としてのマナーを勉強しているのだからね。勘違いしてはいけないぞ。

でも楽しみながらいろいろと覚えられるのであれば、やはり息子にとってはいい経験をしているのだと思う。初めは悩んだが、息子にとって〝今、一番いい選択をした〟と信じて、応援してするだけである


あっ、そうだ、あんぱん父さん。人のブログで勝手に返事を書くなよ


母さん泣いちゃうよそれでも良いかい

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今週一週間利用する路線には「通勤快速」「快速」「各駅停車」の3種類ある。息子の降りる駅には、「通勤快速」は止まらない。何度も注意したが、なんと今日は気がつかずに乗ってしまった。

降りる予定の駅を通過してしまい、焦ってしまったそうだ。次にどこで止まるか、東京まで行ってしまうか相当悩んだに違いない。その困った顔が想像できる。幸い三つ先の駅に止まり、Uタウンして無事ついたそうだ。

明日は別の路線に乗り、県内では有名な某銀行に見学に行くそうだ。別の路線と言っても先週乗ったばかりである・・・だけど、何番線の何線に乗るのか忘れている。同じ駅に降りたはずなのに。

勿論場所は違うが、国道沿いの割とわかりやすい道順である。地図のコピーを貰ってきたが見づらいので、パソコンからダウンロードしてあげた。カラーだし、目印もある。
 
 地図を見ながら一人で行くのも、分らなければ人に聞くのも勉強である。

しっかりしろよ、息子よ。頑張って一人でたどり

着くんだよ。応援しているからさ~


と、言ってもやはり心配だけどね。ついて行くのは簡単だが、見守る事も大切。親心って複雑だわ

そして、あんぱん父さんが禁煙してなんと・・・・・

今日で五日目である。新記録達成

支払いは九月からである。十分間に合うわ。父さんのことも応援しているからね。


そうだ、姑の紙おむつの事。。初めて買いに行った。子どもの物しか買ったことが無い。大人のは高いんだねぇ。
 それに平らな紙おむつ・・・・・布団の上に敷いてふとんがよごれないようにするものは薬局ではない。以前私が使っていた物を持って行ったのだが、それはがんセンター内にある売店で買った物だ。
 今度の病院には売店がない。毎日行かなければならないのも苦痛だ。なのでこれだけは病院にお願いすることにした。

これで父さんの負担も少し楽になる。月二万はきついけど、ずっといるわけではないし、自分で購入しても結局お金がかかるのは同じだ。楽になる方を選んだ。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日から一週間、市障害者総合支援センターに通う。

行く時は親も見学してくださいという話があったので、一緒に行った。自己紹介や一週間の予定を聞いた後、私はそっと一人で帰ってきた。

高校入学の時は何度も行っていたのでそんなに心配していなかったが、今回は上りの混雑する電車を使い、ターミナル駅で乗り換える・・・乗り換えホームもウンと離れている。帰りが心配だったが、迷子になることもなく、無事帰った来た。

なんと小学校の同級生もいた。その子も息子と似た感じのタイプである。ただ、普通高校に通っているのは息子だけで、他の子は支援学校と呼ばれる学校に通っていた。
皆〝どこかしらに問題を抱えている子〟ばかりだが、心は純真な感じである。元気に挨拶し、明るい。
息子も楽しかったようだ。

ターミナル駅には、駅ナカがある。いろんな店の前を通ってくるのも楽しいらしい。余計な物は買ってこないでね。

明日からも頑張るんだよお友達も出来るといいね。

午後から、車購入に必要な書類を役所に行って取ってきた。早くて今週中に納車だそうだ・・・・31日は集金日。月曜は会社が休み、火曜日は私の診察日。31日の午前中に納車になってくれないと困るではないか。間に合うかな。エアコンは全く聞かないし、エンジン音もこの一週間で随分変わってきている。

乗っていて怖いぞ早く納車してぇ~

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
決して文句を言いたいのではありません。でも言わせてください。

入院時に持ち物は・・・・と聞いたのですが、施設で使っていた物をそのまま持って行けばいいとのことだったので整理もせずに、施設から病院に向かいました。

でもやはり施設と病院での持ち物は全く違います。看護師からは〝説明は聞いていたのですか〟と言われ、急な話だったし、通院していてからの入院ではないので聞いていないと話したところ、これもあれも足りないと・・・・・。

いったん帰宅してから整理して持って行きました。そして、経済的な事情は別の病院のソーシャルワーカーから連絡が行っていたので、洗濯・紙おむつなどは自分ですればその分やすくなりますと言われていました。紙おむつを入れる入れ物はトイレか別の場所の置けばいいと言っていました。

家庭の事情で毎日のお見舞いは無理だと言うことも正直に言いました。

でも事実は全く違う。紙おむつはベッドのそば。当然においます。だから毎日取りに来て欲しいそうです。洗濯物も足りない。

病室とは名ばかりのICU。普通のドアに土足のまま、消毒も何もせずに入れる。隣の人は、簡易トイレを使っている。三つのベッドがあり通路は人がすれ違うのも大変なくらい狭い。

私もICU経験者だが全く違う。こんなICUは見たことが無い。私が入っていたところは、土足厳禁、専用のスリッパを使う。ドアのスイッチは足であけ、手は全く使わない。バックなどの持参禁止、手は必ず入室前に消毒、ドアは二カ所。簡易エプロンと、マスクは必ず着用。

私から見たら全くの不衛生、あんなのICUだとは言わせない。

お宅の事情も分かりますが・・・・とのことだが、要するに看護師が自由に出来るよう、病院での洗濯と紙おむつを利用させたいようだ。紙おむつもパットと下に引く物も用意したが、大きさが違うだの、こうじゃないだの・・・・・いろいろ言われた。

長期になったらこっちだって本当に困るのだ。看護師さんとのコミニュケーションが上手く取れない。

どうしても今通っているがんセンターと比べてしまう。その前に入院していた市民病院も建物は古かったが、医師も看護師も皆優しかった。言葉遣いも何もかも・・・・・・。最初に入院予定していた病院も看護師さんも患者や家族の立場に立って話をしてくれる人ばかりだった。

何度も言うが決して文句を言っているつもりはない。その病院のやり方は皆違うだろう。でもなにかが違う様な気がする。何が違うのか・・・良く解らないけど・・・・・。早く退院させて欲しい。


全く話は変わって・・・・・。 

今日は息子と障害者センターに行く練習をしてきた。駅から少し歩くが、絶対に間違えないと思われる目印の所を一カ所まがるだけ。たぶん大丈夫だろう。ただ駅が問題だ。22番線まである県内一大きな駅だ。
それに帰るときに、その駅は一本のホームしかないのに、上り線に乗ろうとした。新宿に行ってしまうよ

おいおい、大丈夫かぁ

明日の帰りからは一人きりだぞ。八月からは別の駅を使うのだよ。一応同じ市内なのだ。市内で迷子になるなんて恥ずかしいよぉ。迎えに来てと言っても、絶対に行かないからね。自力で帰ってきてね、息子よ。

それにしても今日は暑かった・・・・・。家に帰ってきてまたまたダウンの日だった。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
ここのところ、いろいろとやる事や悩むこと、出掛けなければならないことが続き、今日の午前中は起きられなかった。 疲れがたまっていたらしい。

洗濯だけはした物の、立ち上がれずに、父さんと息子に干して貰った。そのまま二人で姑の病院と買い物をお願いした。

姑の病院ではなるべく費用のかからないよう、洗濯物は自分で、紙おむつも在宅介護時に市から支給された物が残っていたのでそれを利用することにした。紙おむつでも月二万ぐらい掛るらしい。

それと、施設で何も食べないと言っていたのに、今日は歌を歌いながらよく食べていたらしい。

何故だ食べないから入院したんだぞ

どうなっているんだと、文句言いたい気分です。

明日は、一週間研修に行く所まで、電車に乗って往復できるか確認の為、息子と一緒に出かけてきます。この前は車で行ってしまったので、行き方が分かっていません。地図も読めなさそうなので、練習です。

乗り換えは一回、県内では一番大きいターミナル駅です。めったに電車に乗らない息子、そこで迷子になりそうですが、それも勉強。なるべく声をかけないで一人で歩かせようと思います。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
午前中は息子と一緒に障害者職業センターに行ってきた。ここでいろいろ作業などをしながら、本人に向いている仕事を探していく。

親からの聞き取りの他に簡単なテストも行ってきた。療育手帳を持っているなら、とりあえず簡単な製造などの仕事は出来るという。高校生向けのパソコンの検定資格も持っているので、どこまで出来るかも見るという。

来週一週間は市の障害者総合支援センターで、社会人のマナーや電話のかけ方、面接の指導や履歴書等を学ぶ。

お休みはお盆の一週間だけ。それは仕方がない。一昨日も今日も初めての場所で、初めての経験をした息子、ちょっと緊張していた。月曜日は30分ぐらい親も見学していいとのこと・・・・・どういう事をするのか理解して貰う意味もあるのだろう。

後は一人で通う。障害者職業センターは来月三日からだが、場所が全く違う。前日に私がついて行って、ルートを確認させなければならない。
 でも、もう高三なのだからも分からなくなったら〝人に聞いて教えて貰う〟言うことも学ばなければならない。勿論お礼をきちんと言うことも・・・・・。

頑張って一人で通うのだぞ、息子よ

何時までも応援しているからね。貴方の将来・未来がかかっているのだから。

で、帰ってきてから急に思い立って、明日行くことにしていたディーラーに急遽出かけることにした。

何せ余命を宣告されている車、正直、いつ壊れてもおかしくないと言われているのだ。ついに契約してしまった。月曜日には車庫証明取ってきてくれるという。今月中には納車出来るらしい・・・・。月曜日は休みなのにわざわざ警察まで行ってくれるとのこと。いい人に巡り会えた。有り難う、ホントに助かります。

これからローンが大変だけど、父さんがその分禁煙してくれるという。車にはなんと灰皿がない。

禁煙する為の絶好のチャンスだ。

息子と一緒に、あんぱん父さんも禁煙頑張ってね・・・・・と言っているそばからシケモク吸っている。それもわざわざ車の灰皿を持ってきて・・・・・。意味ないじゃん


父さん、ご協力お願いしますね・・・・・・・と、ぼそっと言ってみる


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
姑を無事病院に入院させることが出来ました。診察・レントゲン・CTを終わらせたらもうお昼。なんと今まで食べないでいた姑、半分以上食べている・・・・・。何ででしょうねぇ。

ただこのT病院の印象はあまり良くありませんでした。私も抗うつ剤と睡眠薬、出来れば姑と同じ病院なら楽だと思っていたのですが、診察するのは諦めました。何が悪いんだろう・・・・看護師さんも元気がないというか手際が悪いというか・・・・・・・。建物自体も怖いんです。理由を分からないけど、私を拒んでいるようなかんじ。

出来れば毎日でも来て欲しいという看護師、とてもじゃないけどそれは出来ません・理由をはっきりいってきっぱり断りました。
週二回と言うことで手を打って貰い、後は様子を見るだけです。


で、何が大変なことか、というと・・・・・

ついに車が余命宣告されてしまいました。新車で購入して13年。良く持ったと思います。

きっかけは、今日運転席側の窓の開閉が出来なくなった事と、エアコンがつかなくなったこと。前回ストップランプが切れたときに、クラッチの調子が悪く、今でなくても近いうちに修理した方がいと言われていた。
 で、エアコンかつかない原因は、中のゴムがすり切れていて寿命だとのこと、エアコン全体を取り替えなくてはいけない・・・・・両方で安く見積もっても20万はかかるという。ゴムの破片か飛び散っていればもっと費用がかさむ。

おそるおそるこのまま修理しなければどうなるでしょうかと尋ねた。答えはなんと

一年も持たないで動かなくなるでしょうとのことです。

ちなみにタイヤは次回の車検では通らないほどすり切れていると言われている。なので未だにスタッドレスをはいている。


はい、諦めました。事故でも起こしたら大変。13年乗っているので減税対象になるのですが、新車なんて買えません。五人乗りの小型車、新車の半分の値段で、ほとんど距離を走っていない中古車を買うことになりました。

それでなくてもお金が無いのにぃ。まずあんぱん父さんが今日から禁煙することに。これで月一万は浮きます。・・・・・出来るのでしょうか・・・・・

食費は安売りのシールの這ってある物に限る。家庭菜園もやりましょうか。外食なし。取り合えずそんなところからやっていきましょう。来年になれば息子の定期代なども無くなります。

頑張らなくてはね。車がないと、姑と実母の介護、私の治療・・・大変にになってきますので。

皆さ~ん、応援してくださいね

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
まずは姑のこと。施設から、朝一番にS病院に入院してくださいの電話が入った。そこは最低でも18万かかる。前回も書いたが、高すぎて払いきれないと断ったところだ。

〝あのね○さんお金の問題じゃないの。〟と言う言葉から始まった。
姑ももうめいっぱいでこちらでは対処できないそうだ。そうはいっても私だってめいっぱいである。今日は息子を連れて行かなければならないところがある。自分はガンだし・・・・・お金のかかるところには入れられないという私は、責められている感じてしまった。お嫁さんではなく、息子さんの意見が聞きたいのだという。そりゃそうだが、私とでは話にならないと思ったのだろうか。

主人に変わって貰ったが、つい、〝いいよ、私が治療辞めればその分お金浮くから、そうしていいよ〟と言ってしまった。姑が費用がかかるなら、どこかを削らなくてはいけない。娘はバイトと奨学金で親はお金を出さなくていい。息子も学費免除である。後、削れるのは私の治療費だ。

それが分かっていてそう言ってくるのかと、思えるほど今日の私は疲れていた。

午前中あちこち電話をした。そして掛ってきた。O病院のソーシャルワーカーにも相談した。そこでやっと受け入れて貰えるT病院を紹介して貰えた。事情を説明したら差額ベッド代を免除してくれるという。今の施設と変わらない値段になるそうだ。病院のことは病院のスタッフの方がやはり話は通るのかなぁ・・・・。有り難いことだった。遠慮無くそうすることにした。

明日の朝一番で入院することとなった。

それが決まったのが12時過ぎ、息子にご飯を食べさせ、私はバナナ一本だけのお昼。すぐに市の施設に向かった。ここでは就職するのに必要な面接の仕方とか履歴書を書く練習をする。その前に登録をしなければならない。その手続きをした。

向こうの職員は息子が定員割れしている高校に行ったと思っていたそうだ。定員割れしている高校は成績が悪くも全員合格するのである。
 しかし、息子の高校は定員割れしていない。おちている子もいるのだと言ったら、驚いていた。勿論成績表や合格した検定も見て、知能指数には問題ないと思ったのだろう。そう言う子を担当する若い職員も連れてきて、簡単な聞き取り調査をし、27日から31日までの五日間そこに通うことになった。

八月からは違う施設に通い、適性検査や職業訓練をしながら仕事を探していく。

本来なら高三の新卒での就職は学校の仕事である。17日には高三生の就職説明会があった。これはある会場でいろんな企業の担当者が来て生徒がいろいろ話を聞く・・・・・と言う物である。担任からは参加しなくて良いと言われたそうだ。息子の就職に関しては学校は関わらないと言うことである。
この二つの施設とハローワークに出向いて自分で探せと言うことだ。

障害のある子は、三年前に新設されたS高校(軽度知的障害のある子が通う高校)と養護学校には障害者枠での採用の話が行くが、息子のように健常児だけが通える公立高校に普通に受験して普通に受かった場合は、高校には障害者枠の求人票は行かないらしい。それに授業のカリキュラムにもうこういう内容の授業が入っている。息子がこれからやろうとしている事はとうに終わっているのだ。なので自分で動かなくてはいけない。

そんな話は全くなかった・・・・・入学時には息子のことを話していて3年間同じ担任だった。せめて去年のうちに話してくれていたのならもっと余裕を持っていろんな事が出来ただろうに・・・・・。

と、文句を言っても始まらない。担当者のどうにかなるよと言う言葉を信じて頑張らなくてはね。

息子よ、いつでも親は応援しているぞ

最後に高校の通知票のコメント欄をみて、ハローワークのの担当者が、「この先生キツイ事書くね、息子さんじゃなくて先生が頑張れっていいたいね」と言っていた。

ちょっとすっきりした、父と母でした。 

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

追伸…カウンターが20000を超えていました。皆さん有り難う
姑の施設から、S病院のベッドが空いたから入院する手続きを・・・・・と、電話が入った。値段が高いときいているので無理だと言った。とりあえず今通っている病院に問い合わせしてみたが、明日にならないと分からない。急を要すると言ってみよう。

あぁ・・・もう嫌だ

私は、自分の家のことだけに専念したい。実母の方からは掛かってこないように。。。。

そんな中、おしゃべり娘が帰ってきた。今日は授業でやっている〝スポラス〟の一環で、埼玉西武ドームにインタビューに言ってきた。西武の関係で監督には会えなかったそうだが、おかわり君こと中村選手にインタビューし、最後に握手して記念撮影までやってきたらしい。試合前のグランドにも立たせて貰えたそうだ。

なんと羨ましいことだソフトバンクの秋山監督や今の渡辺監督が現役の頃からのファンである。

開幕戦、松坂投手が先発でバックネット裏のボックス席にも入ったことがある。夫婦で西武のファンである。九月の最後の日曜日にはその勉強の成果を発揮する日だ。大学からチケットも入手出来た。娘の晴れ舞台を少しだけ見たら、後は応援だ。久しぶりの野球観戦だ。もう何年も見に行っていない。今回は電車で行くので、父さんがビールの見ながら応援できると喜んでいる。

せっかくなので私も楽しんでこよう~っと。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
姑の方では、とりあえず前回薬を貰った病院のベッドの空きを待つことにした。姑は相変わらずだ。最近表情が無くなっている。入院を早めた方が良いかもしれない。

と、話していたところに、見覚えのある顔が・・・・・・。じっと見ていたら向こうも気がついた。なんと中学の時の同級生が、管理栄養士としてそこに勤務して居たのだ。今まで一度も会わなかったのが不思議である。11月に同窓会を予定しているのでそこでも会えるだろう。少し施設に行くことが楽しみになった。

そのまま実母の施設に行った。今日は車いすで、足を洗って貰っていた。私の顔を見るなり〝知らないんだよ〟と、何度も怒り出す。今日は娘も休みで一緒に行ったのに・・・・・・。分からなくても良いよ。でもさ、

そんなに怒るなよ

認知症って淋しいね。仕方ないとは思うけど、実の娘だろう・・・・・。他の人と比べてはいけないが、大勢で来て良いわねぇ、と言う方もいる。

子どもの頃からそうだったように思う。怒りっぽいというのではないが、父がいないときは、ちょっとしたことでぶつぶつ文句を言う母だった。父がいるときは、父のご機嫌伺いばかりしていた。父のいいなり。ぼけても性質だけは変わらないか、はぁ・・・・。

とりあえず娘の成人式の写真だけ置いてきた。そんな物いらないって言っていたけどね。だって初孫も分からないんだもんねぇ・・・・。でも、そんな物はないでしょう。例え〝知らない子〟であっても、きれいだねぇ・・・・の一言ぐらい欲しかった。

母の一番上の姉、私にとって叔母だが、同じ認知症でも叔母の方が優しい言い方をする。

まぁどうせ母にとっては、私は産む予定のない子だったからね。私の話さえ遮って、知らないんだよ、を繰り返す母。今日は一日ブルーである。それでなくても抗うつ剤飲んでいるのに。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
早いところではもうお祭りをやっているところがあるようだ。

同じ県内で・・・・日本で一番暑い日を観測した市・・・・明日からうちわ祭りが始まる。母方の実家があり、小学校の頃はよく行った。御神輿も山車もでる、大きなお祭りである。山車を引いてアイスを貰ったっけ・・・。
 祖父母が他界した後、引っ越ししてしまったので最近は行かないが、今年は無理でも来年あたり行ってみようかなぁ。
30日には地元で花火大会がある。少し歩いていけばよく見える場所がある。娘にも浴衣着せてあげたいしね。ちなみに私のために祖母が縫ってくれた物だ。当時の体型が娘とあまり変わらないのでちょぅどいい・・・・・・が、帯の結び方忘れている。練習しなくては

うちは夏休みは子どもたちが忙しいので、九月にのんびりと遊びに行こうと思っている。温泉にも行きたいな。大きな傷があっても平気なのよねぇ。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。


追伸:ついさっき、娘の携帯に小学校からの友人からメールが来て、年内中に結婚するとのこと。初のお呼ばれである。絶対に出席するからね、おめでとう、と返事を書いたそうだ。
嫌なことばかり続いていた私にとっても、うれしいニュースだ。可愛い花嫁さんになることだろう。

ただ・・・・先を越されたわ小さな声で〝チッ〟と言ってみる。父さん曰く、「うちの娘は嫁に出さない」そうだ。それも困るが・・・・・。

結婚おめでとう。幸せになるんだよ
相変わらず飲まず食わずの姑、同じ町内にある老人専門病院・・・・認知症や問題行動のある人を受け入れる病院・・・・に受診してみたらどうかとのこと。

ずいぶん前だが、母の行動がおかしくなったときに一度問い合わせしたことがある所だ。ただ、高額な費用のため諦めた。姑の年金収入ではとてもたらない。

急ぎはしないけど・・・・と言う言い方だが、毎日のように言われれば急用だと受け取れる。初診は月・水・金の午前中のみらしい。と言うことは来週には行けない。息子のことがあるから・・・・。

順序を付けて一つずつ・・・・とは思うのだけど、にっちもさっちもいかなくなってきた。入院している方が私にとっては楽かもしれない。その分父さんが大変になるだけだが・・・・・

どう動けばいいか分からなくなってきた。いくら抗うつ剤と睡眠薬飲んでも効かないのは当たり前・・・・かもしれない。私たち家族はどうすればいいのでしょう。はぁ・・・・・

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今頃になってやっと元気になりました。ただ、暑い日が続き、もうぐったりです。

姑の施設から、又電話があり、水分も食事もとらないので早く入院して欲しいのだが・・・・とのこと。同じ町内にある、S総合病院とも連絡を取り合うのを承知して欲しいそうだ。ただ、こちらもベッドの空き待ちだそうだ。

私はこの病院は好きではない。父のが入院したときにいろいろあったから・・・・。父も悪かったのだが。

来週は息子の就職のことで忙しくなる。我が子のことで忙しくなるのは良いが、介護に関してはもう勘弁してくれ、という感じです。

先日行った実母の施設でも、〝娘さんなのだから〟〝連絡先が一人だけというのはあり得ない〟と言われた。

事情を説明しようとしてもそれは関係ないという。順を追って言わないと、私がどうして母の介護に関われないか分からないと思ったことなのに・・・・・・。

姑の施設でも母の施設でも、見ているのはその本人だけ。その家族の背景は全く考えて貰えないのだろうか。

当分薬を飲むことになるのだろうなぁ・・・・・早く抗うつ剤と睡眠剤のお世話にならない生活をしたい。

愚痴になってしまったね。ただ今日良いことが一つ。息子の終業式だったのだが、定期テストが悪かったのにも関わらず、10段階で4以下がない。と言うことは赤点なし、5段階ですべて3以上だということだ。やったあ。

クラス順位は少し下がったがそれでも真ん中。成績面ではこれで安心だ。息子よ、就職に向けて頑張ろうね

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
針を抜くことが出来ました、丸二日間入っていた針・・・・うっとうしいの一言ですが、仕方ありませんよねぇこれで再発がないように、祈るばかりです。

さすが今になって少々副作用が出てきました。だるいし、眠いし、気持ちも悪い・・・・・・。久しぶりの抗ガン剤だからかな。と言うことで今日は早めに寝ます。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
姑の施設から薬かなくなったと言うことで、今日病院に行き、薬を処方して貰った。ついでに私の診察も三週間後なので薬が足りず、一緒に貰ってきた。

出来れば同じ薬をがんセンターで処方して貰いたいからである。

そのまま姑の所によってきた。相変わらずである。薬を看護師さんに渡し、面会したが相変わらず寝ているばかりだ。薬を飲まない。食事も水分もほとんど取っていないらしい。早々に入院だろう。まっそれは手続きはしてあるから病院のベッドの空き待ちだ。

そのまま実母の施設にも行ってきた。初めてである、今日面会した人は母の担当ではないらしい。あまり良い感じではなかった。やはり私が悪者になっているのだろうか。どうせ弟は説明できない人間である。ここまで来たいきさつも良く知っていなかったようだった。

ただ、いま、私は抗ガン剤投入中である。その姿も見て欲しかったのである。ガンで二年前から通院していて、まだ先が見えないと言うことだけは理解して貰おう。だから母の介護をしないというのではなく、弟が中心になって貰わないと困るのだ。それでなくても主治医から〝あんぱん母さんは自分の治療に専念できないんだねぇ〟と言われているのだから・・・・・

近々又行って説明してこよう、悪者になっても良いけど、事実だけは知っていて貰いたい。私がどうして先日うちの電話を教えなかったのか、何も手を出さなかったのか・・・・・・。

そして実母との面会。久しぶりである。父が他界した後とは大違いと言うほど穏やかであった。
でも不思議と、何も感じなかった。涙も出てこない、私がガンであることも知っていない。まだ母を憎んでいるのだろうか。父親も許すことが出来ないで居る。やっぱり、冷たい娘なのだろうか。

ただ、母が生きている間・私が元気で動ける間だけはる事はやろうと思っている。後悔したくないからね。私の自己満足の為だけかもしれない。今はそれで良いと思っている。

時間が解決してくれることを期待している。ただ弟とは無理かもしれない。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
これからの治療は、再発・転移のない様抗ガン剤をする、と言うこととなりました。薬は今までと同じ、三週間に一回です。それて二ヶ月に一度のCT。それでしばらく様子を見ることにしました。

それと抗うつ剤と睡眠剤のこと、これから通うはずの病院にはどうしても馴染めそうにはありません。建物が古いという事もありますが、病院に通うことが怖いんです。精神科もありますので・・・・。別にこういう病気に偏見は持っていません。姑が躁鬱病の時には何度も通っていましたし、そのときには全くなにも感じなかった。

でも今の私には怖いんです。病院の建物に入ることが。がんセンターで同じ薬を貰えないか聞いたら、とりあえず次回に処方箋を持ってきなさいとのこと。でもY先生・・・・・・出来れば専門の先生に診て貰った方が本当は良いのだが・・・・だって。そんなの分かっているけど

嫌な物は嫌だ。Y先生のところが良い。はい、我が儘な

患者です。

今日も意地悪をされました。体重を聞かれたら、順調に増えているねぇって・・・・。カチンと来たので〝一緒にやせようね〟言ってあげました。そしたらその返事が

僕はデブだけど、健康だから良いの、あなたは

病人だから駄目〟
 


ぐうの音も出ませんでした。・・・・・本当に女心の分からないヤツ・・・・・ついでに、今日は忙しいからもうおしまい、早く出て行って、と、笑いながら言われてしまいました。看護師さんに全部言いつけてあげたわ。なんていうことをいう先生でしょう、だって。

ああ、さっぱりしたぞ

そう言えばこちらは今日梅雨明けとなりました。病院の周りは田んぼと林ばかり。入院中は蛙の合唱でしたが、今日帰るときには、久しぶりに聞いた蜩の鳴き声。先週末からアブラゼミの声は聞こえていましたけどね。

子どもの頃を思い出しました。何せ田舎育ちなものなので・・・・。蝉時雨ってぴったりの地域だった。これからは夏真っ盛りですね。お祭りや花火大会のポスターもあちこち貼ってあります。来年も見られるように。。。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
うちのお寺さんは、八月ではなく、7月がお盆になります。今日は二人の子どもたちも帰りが早かったため、四人でお墓参りに行ってきました。

墓を掃除し、草を取り、線香を付け、お花とお酒のお供え。食べ物はカラスや盗みに入る人がいるため禁止。お金も勿論です。賽銭箱ごと盗まれたとがあるそうですよ。罰が当たりますよね。

住職は檀家参りをしません。詳しい理由は知りませんが、楽といえば楽です

なので八月のお盆は暇です。でもどこ行っても混んでいるしねぇ。今年は息子の就職があるし、娘は夏休み中に職業体験。どちらにしても夏休みは我が家には関係なさそうです。

それはそれでつまんない

父さんと二人でデート・・・・・・しようかな、ねっ父さん

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
珍しくおきていた・・・・・と言うよりも処方された薬が効いているようだ。

薬が効いて起きているのは良いのだが、暴言とまでは行かなくても、声にとげがある。それに大きい。今までほとんどしゃべらなかったので、知らない人から見たら暴言に聞こえるだろう。

近いうちに〝入院〟は決定だなぁ。又忙しい週が始まるだろう。

息子のことも電話では話せるような内容ではない。文化部なので10月の文化祭までは活動があるのだが、顧問に夏休みは出られそうもないといったら、一般の人を対象に毎年行っている講座の手伝いは出席と言われたそうだ。
 夏休みの予定は全く立っていない、夏休み最初の検査でその後の予定がはっきりする。顧問は勿論全く知らない。何せ担任自体が全く分かってないのだから・・・・・。学校に行って直接先生と話そうと思っている。

姑の入院の準備、私の診察と抗ガン剤のこと、息子のこと・・・・・。休む暇がないぞでも、その方が良いかもしれない。暇だと余計な事ばかり考えてしまうから・・・。
抗うつ剤も増えているしね。早く体調を元に戻したい

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は娘の大学のキャンパス説明会。娘も手伝いに行くと言うことで、なんと又行ってきてしまいました。息子をだしにして・・・・・・・。学校側から覚えられてしまいました。

今、七つのコースがあり、娘はITコースの代表して、選んだ理由や授業のこと、将来の夢などを受験生の前で発表しました。後は学校案内や誘導のお手伝い。サンドイッチの軽食と3,000円の日当付きです。

でも、やはり息子は就職です。その理由が「お給料がほしいから」だそうで・・・・・・。なんて良い息子でしょう。親の経済状態を考えて・・・・・ではないです。ただ単にお小遣いが欲しいだけ。

そうだよね。息子君、家の事なんて全く考えてないよね

まあ、それでも良いでしょう。これから就活頑張れよ、応援しているからね

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
呼び出された臨時の診察、行って参りました。

何せ、退院した日の午後に呼び出された事・・・・・・不安で不安でたまりませんでした。

で・・・・・・・何で呼び出されたかというと、肝臓ガンをラジオ波で焼いた後の月曜日の血液検査、炎症反応が出ていたので様子を見たかっただけとのこと。

退院日の血液検査の結果、 

看護師さんは問題ないって言っていたのにぃ 

きちんと看護師さんにつたえろよ

初めの一言も、いつも〝どう?〟と聞かれるのですが、元気ですよと答えたら、〝そりゃ見れば分かるね〟と言う返事。それは私の表情を見てのことかな。それともやっぱり体型

検査結果は、炎症反応の数値も下がり問題なし。14日ですむのでは・・・・と、素朴な疑問を感じました。言わなかったけどね。

ただ、父さんが、〝何を言われるか不安でやつれてしまいました〟っていったら、やせて良いじゃないかと、大笑い。

女心の本当に分からないヤツ先生一緒にやせようねって言ってあげた。

ただこれからの治療・・・・・抗ガン剤をしないで様子を見ようかと言う提案があった。外科の主治医からは再発の可能性大の箇所があるという。不安なので、もう少し抗ガン剤をしてくださいとお願いした。

とりあえずは今までの薬で、来週の火曜日から始める事にした。これからのことで、「抗ガン剤をしないで様子を見る」と言う方法も一つ選択できることか・・・・。

一歩前進した事に、正直うれしさを感じる。まだまだ先は見えないが、主治医や看護師さん、家族のみんなに感謝の一日だった。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

追伸
 診察室を出るときに、あんぱん父さんが「完治したら、抱きしめてくれますか」と、Y先生に聞いた。苦笑いをしながら、「考えておきます」だって。
 家に帰ってきて、もし嫌だっていったら追いかけて、後ろから抱きしめてやろうかなぁ、と私が言ったら、きっと手が届かないよ、との父さんの返事。確かに先生のお腹は大きいからね。ムフフ
今日、ハローワークに行ってきました。そこで登録し、今後の流れを簡単に説明されました。

息子の就職に関しては、学校での求人票(学校推薦)を通してでの就職活動ではなく、職安を通してでの活動になります。再来週、○市障害者支援センターに職安の人と一緒に行き、二日後には○(県名)障害者職業センターに行きます。

そこで、もう一度聞き取り調査をした上で、適性検査を受け、1ヶ月間障害者職業センターで様々な職業体験をし、それが終わってからいろいろと仕事探しになるでしょう。


希望職種はパソコン入力、製造です。製造は仕事内容によっては手先が器用でないと厳しい物かあるそうです。

担任に先生は事務は無理、製造にいけと簡単に言います。しかし、電話やお茶くみと言った事務だけではなく、パソコン入力だけだったら事務職でも仕事に就いている障害者が実際にいるそうです。

二級の検定試験・・・・・簿記、ワープロ、プログラミング、ビジネス基礎の4種類取っている息子なら、事務は出来るでしょう。本人もそれを希望しいます。職安の人も基礎が出来ているから、事務でも大丈夫だろうとのこと。

それと、障害者枠の仕事探し、養護学校等ではもう二年の終わりからこういう事をやっているそうです。まだ夏休み前で1ヶ月間体験する時間が取れたから良い物の、間に合わなかったらどうするのでしょう。ぎりぎりどうにかなる日にちだったそうです。

ケースワーカーさんの言うとおりになるところでした。

障害者枠の採用を・・・と、担任は簡単に言いますが、実際の所は、その方法を全く知っていません。私が質問する度に進路担当の所に行きます。以前に同じ高校の先輩で障害者枠で就職した生徒がいる、と言っていた割には何~も分かっていないようです。

親と生徒に声をかけるなら勉強と下調べをしてからにしてください。今、息子のように健常か障害か境目にいて、どちらとも言えないという子どもが沢山います。みどりの手帳(療育手帳)を持っていても普通高校に入学できる子もいます。

そう言う生徒が今後入学してこないとは限りません。知らない・分からないだけではすまされないのです。子どもの将来がかかっていますから。

特にうちははっきりと、ボーダー児だと言うことは入学後に伝えてあります。そして就職希望だと言うことも。

学校も、教えるだけではなく少しは勉強してほしい物です。親も勿論ですが。

それにしても・・・・・息子は夏休み直前になって、夏休みがなくなってしまったことにショックを受けています。

まぁ、自分のことなのだから、頑張るんだぞでも、月々のお給料20万欲しいなんて我が儘言うじゃない。親が恥ずかしいではないか

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
まずは役所。

息子の療育手帳をもらってきました。これは市によって独自にいろいろとあるようです。この手帳をもらう事とはどういうことか、税や扶養のこと、交通機関でどういう利用方法があるか等々・・・・説明してもらいました。。

それと月々2,500円の手当が出るそうです。息子に話したら、〝喜んでもらう〟だそうで・・・・。 

息子よ、勘違いするなそれはあなたのお小遣いではないんだぞ

でも、息子名義の通帳でないといけないので、結局はそうなるんだろうな

夕方、一番最初に話をしたケースワーカーさんから電話をいただいた。知能テストの結果は、療育手帳の基準をはるかに超えているそうだ。それでも貰えたという事は、高校からの依頼と言うことやその他の条件をいろいろ検討した結果であろう。

最後に一言、〝なので手帳を貰ったと言うことを気にすることはない、と言うことを息子さんに伝えて下さい〟と・・・・・・。そして、この手帳は一生使える物なので、社会に出て、何か困ったことがあったら役所に相談すればいいとも言ってくれた。
 初めから息子の気持ちを気にかけてくれていた。有り難い言葉だ。こういう人も役所にいるんだねぇ・・・・・・。

やはり私たち家族は人に恵まれているのかもしれない

それから私の治療のためにとある病院に向かった。うちの姑の担当の先生でもある。事情は知っているので気が楽である。私は初めて会う先生だが、穏やかな医師であった。

 診察の前にケースワーカーと話をした。それを見た上での診察である。私が精神安定剤だと追っていたのは抗うつ剤だとのこと。この薬の量を増やし、睡眠剤を現在の薬の量を少しだけ減らし、その分他の眠剤を増やすこととなった。とりあえず2週間分もらって様子を見るらしい。

途中で姑の施設から連絡が入り、病院にもFAXが届いていたらしい。薬をもらって飲んでいたので初めは食欲も出てきたらしいが、今日あたりから元に戻ってしまったらしい。入院治療・・・・・して欲しいそうだが、ベッドもまだ空かない。先生も悩んでいたが、私たちも今週は動けない。
 とりあえず、病院から、ベッドがまだ空かない、と言うことにして来週の入院となった。家族の意見も取り入れることも病院の一つの役目だそうだ。

良い先生・・・・・なのだとは思う。これから私もしばらくはお世話になると思う。ただ、この先生は今日初めてあった先生、まだ馴染めずにいる。

がんセンターですべてやってくれればいいのに、と、罰当たりなことを考えている。ごめんね先生。

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
あんぱん母さん復活

とまでは行っていませんけどねぇ、落ち込んでいる暇がなくなりました。

今日、役所から通知があり、先日行った息子の聞き取り調査の結果、療育手帳をもらう事となりました。1番程度の軽い〝C〟だそうです。

 そりゃそうですよね。一人で電車に乗って通学し、成績もクラス三分の一に入り、自分のことは全部自分で出来ますから。ただ、初めての経験することはなれるまでに時間がかかる事、人との関わり方が難しい事、言葉が不鮮明で、電話での会話は聞きづらい部分がある事・・・・それが引っかかったようです。良いのか悪いのかは分からないけど、就職に役立つならそれで良いことだと、割り切っています。

ただ、担任が初めての三年生を受け持つので仕方がないこと事だとは思うのですが、すべてが後手に回っているような気がします。副担任がベテランの先生なので、もう少し早く言って欲しかった・・・。

と言うのも、今通っている高校は普通の県立高校。障害児がいるわけではありません。なので、

就職もいくら〝障害者枠〟があると言っても、ハローワークに手続きをしないと

いけないらしいのです。親と子がハローワークに行ってね。


そんな分かり切っていることなら、早く言えよ進路指導の先生なら分かっているはずです。高校の求人票はハローワークを通した物でないと、だめなのです。息子の通う高校ではね。それは保護者会で聞いています。

私たちも勉強不足なのが悪い、と言われればそれまでですが、主人も私も高卒時には就職ではなく進学をしました、娘も進学しています。学校からもらったプリントでしか分からなかったのです。

高校生の就職解禁は、7月1日。と言う事は、もう就職活動が

始まっていると言うことなので、先生も焦っています。

私も自分の病状や姑のことは、学校に話す必要がないので全く話していません。明日は私が心療内科に予約を入れてあり、10日はがんセンターの診察もあります。その間いつ姑が精神病院に入院するか分かりません。勿論今週退院したばかりだなんて先生は知る由もありません。

3年間同じ担任なので、せめて一ヶ月早く「こういう方法もあるんだよ」と言ってくれれば良かったのに、と、つい担任に言ってしまいました。私にだって私の都合という物があります。言われて「はい、そうですか。では明日にでもすぐに手配いたします」と言うわけにはいかないのです。

時間も時間だったのでハローワークには電話は繋がりませんでした。とりあえず明日は、役所に行ってすぐに手帳をもらってくること、その足でそのまま私の心療内科の受診。

明日で期末テストが終わるので、9日にハローワークに息子を連れていき、10日にはがんセンターに受診。

その間もし姑の入院の話があったらアウト・・・・ですねぇ。うちは車が一台しかないし、この暑さの中、私一人で電車で行くほど体力はありません。だったらタクシーで行け、と言われるかな。高くてタクシーなんか使えません。ボソッ

兎に角動くしかありません。来週いっぱいで夏休みです。就職組は夏休みに企業見学会や説明会もありますので、私も出来るうちに出来ることを一つずつやっておかなければ・・・・・。

今、iPodを聞きながら書いていますが、ちょうど良いところでこういう歌詞が・・・・

〝休むことさえ出来ない人生、負けない、負けない、誰にも負けない・・・〟

はぁ・・・・頑張ろうっと。誰か応援して下さ~い

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
退院してきたばかりだというのに、さっき病院から電話があり、10日の金曜日に臨時診察となりました。理由は分かりません。

CTと血液検査は問題ないといわれたばかりでが・・・。それ以外に検査はしていません。14日にはCTと診察、抗ガン剤治療の予約が入っているというのに・・・・・・。

ちょっと落ち込んでいます。

コメントのお返事は改めて書かせていただきますね。ちょっとショックを受けています

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

無事帰宅いたしました

血液検査も何の問題もなく、やっと家に帰って来られました。

まず、一つ訂正。全くいたくなかった訳ではありません。・・・・・ねっ、とうさん・・・・・

局所麻酔はしたのですが、ラジオ波の管を刺す時にチクッとした痛みはありました。そして患部まで届くのに、何とも言えない違和感・・・・・。

二つあったガン、場所が近いためもしかしたら二つめは超音波で見えづらくなり、日にちを改める事もあると言われましたが、そういうこともなく、無事二つきれいに焼くことが出来ました。

緊張はしたけれど、手術をしたときの痛みに比べたらなんのその・・・・。六時間の安静で終わり。傷も小さいで、終わった後の痛みは全くなし。ポートを入れたときや血管造影検査よりも楽でした。

それでも痛い、と言う人はいるそうです。私に言わせれば痛いうちには入りませんよ~

それから、ついに睡眠薬の効き目が悪くりました。先生に相談したところ、これ以上睡眠薬は増やせないとのこと、辛いなら専門の病院に行った方が良いとのこと、姑が今週中に精神病院に入院するため、そこで受診して睡眠剤と精神安定剤を処方してもらおうかと思っています。

それでは今日は疲れていますので・・・・・・

ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

追伸 父さん、うん○などという下品な言葉は、ここでは慎んでくださいね。
あんぱん父さん記


おっはよぅございまーす。
8時30分電話がある採血した・・・OKなら10時退院、えええええええぇぇぇぇ~、昨日昼食べてからって言ってたのにぃ~。
やばい、なにもしてない、きっちりしたいA型としては非常にやばい、掃除も洗濯も食器もそのまま気持ちが悪い、なによりカードを作って置いて来ようと思っていたので焦る。
あああああああぁぁぁ~、うん○がしたい・・・・・。

とにかく出来ました
ブラックピノコ


ではではバタバタしながらいってきまーす。

あんぱん父さん記


たっだいまぁ~
お留守番も最後(予定)である、何もしたくない、食器も洗いたくない、ということで帰りがけ外食・・・らくちん !
母さんは絶好調である、それだけに暇だ、暇だ、何にもすること無い !
小さい子を見つけ、あやしまくっている。
病室は四人部屋隣りも退院して今は二人、そのおばちゃんが暗い、前にも書いたがこの病棟は末期の方も多い、こちらからは話かけられない、看護師さんの様子から重症のようである。
ただでさえ五月蠅い母さんきつそうである。

治療の前先生に、とっても痛いと脅されていた、あの女心知らずにまた騙された、ちっとも痛くないし1個焼くのに8分、2個で16分・・・お前はたこ焼きか(チャーシューでした)、包丁で指の先切った位、傷にはサビオが貼ってある。

外科病棟は賑やかであるが、この病棟は静か、周りは田んぼ・・・夜かえるが五月蠅いんだよぉ~
母さんの方が五月蠅い !

ではではまた明日
あんぱん父さん記


おっはようございまぁ~す。

ラジオ波の後の笑い声の内容が判明 !
治療の後、絶対安静が6時間である。
看護師さん達は馴染みの方々、治療中は動かないよう喋るのは禁止されたそう、だから母さんの声が聞こえなかったのか。
治療後、母さん・・・先生12時間安静なんだよね ? ・・・看護師さん達、キョトン ! 
先生・・・母さん太っているから、アハハハハハァ~。
母さん、先生にからかわれた・・・・。
母さん・・・女心分かんない先生だねぇ、だから○衛医大の先生は大嫌い ! ・・・看護師さん達が大笑い・・・・・。
そういえば、最初のA先生(今の主治医Y先生の先輩)母さん綺麗になったねぇ・・・あら、先生嬉しい・・・・顔じゃないよ、傷だよ・・・・・・。

○衛医大の先生はみんな女心が分かんない奴ばっかりだ ! と怒っていた、アハハハハハハァ~

姉ちゃんはバイト、息子は検定試験二人が帰ってきたら、行ってきま~す。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。