2009年02月

ここでは、2009年02月 に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
といっても、縫ったところではない。その周辺に筋肉痛のような痛みがまだある。長さ20センチぐらいの傷なのだが、動いたり、くしゃみをしたりするとこれが結構ひびくのである・・・・・。

これから花粉の時期、そろそろ医者にも行かなくてはいけない。6日は外科の外来、それまでにどんな薬を処方される確認しなくてはいけないし・・・・・・。肝臓を多く切り取ったので、薬に関しては、どんな薬でもがんセンターに確認しなくてはいけないといわれている。

いつになったら痛みが引くのかなぁ・・・・。貧血症状もあり、時々めまいもする。主治医は貧血のことは何も言っていなかったのだが、最後の血液検査でヘモグロビンが8程度だったそうだ。

結構低いではないか。 

手術直後に比べてはそれでもよくなったらしく、当分様子を見ているらしい。まだまだ体もだるい。早く元気になりたいなぁ。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

スポンサーサイト
朝から雪です。積もらなかったけど、雪の風景って本当は好きなんです。寒いのは嫌いだから、暖かい部屋からみるだけ。

子どもが小さい頃は、一緒に雪かきしたり、そり遊びしたり雪だるま作ったり・・・・・。よく遊びました。近年暖冬のため雪かきするほど積もらなくなったのが残念ですね。

先日も書きましたが、友人のペンションにはよく遊びに行きました。スキーではなくほとんどそり遊び。

本当はスキー教室に入れたかったのだけど、子どもがリフトに乗りたくないって・・・・。リフトに乗らないのもあるんですけどね。
 我が家がすむ市では、中学二年で必ずスキー教室に行きます。当時は三泊四日。とりあえずスキー板の履き方、転び方、止まり方など基本的なことは教えたけど、私も初心者同然。どうなるか心配だったけど、行けばどうにかなるものですね。リフトに乗ってたのしかった、と帰ってきました。

私も、もう何年もまともに滑っていません。板とウェアはあるので、早く元気になってもう一度滑りたいです。さっき高齢者のスキーをテレビでやっていました。私より皆上手。うらやましいです。今度はスキー教室に入って一からやってみようかな。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今週に入って天気の悪い日が続きます。洗濯物が乾かない・・・・・・。

気分もその分落ち込んでしまうような気がします。早く晴れてほしいなぁ。


皆さん、いろいろコメントありがとうございます。毎日読んではいるのですが、今、皆さんのブログにおじゃますることがなかなかできません。読むことも書くことも今難しい気持でいます。その理由が自分でもよくわかりません。

その代わりあんぱん父さんが読んでくれて、いろいろと教えてくれています。お返事がかけないのがもどかしい気分ですが、お互いガンを乗り越えるためがんばっていきましょうね。

がんばるって言葉、本当は好きではありません。これ以上何を頑張ればいいの、と、いつも思っています。でも今はそれ以外言葉が見つかりません。治療も何もかも大変だけど、いつかあの頃は大変だったけど、完治してよかったね、という時期が来ますように・・・・・。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日で退院して一週間が過ぎた。

傷自体は治っているのだけど、少々違和感というか筋肉痛みたいな感じは依然治らない。未だに一日の大半を横になっている。これは睡眠薬のせいかもしれない。少なくすると夜中に目が覚めて寝られなくなるしなぁ・・・・。調節が難しいところである。

今週に入って少しずつ外に出るようにした。といっても買い物程度だけどね。帰ってくるとどっと疲れるが、寝てばかりいてもしょうがない。

明日からは息子が連休である。高校入試のため、在校生は月曜日まで休みなのである。二年前を思い出すなぁ・・・・・。受験生は今頃緊張しているのかな。

うちの子どもたちが通っていた中学校では卒業旅行というのがあった。後期入試の合格発表前日に日帰ディズニーランドに行くのである。娘は前期で合格したからよかったが、息子は後期試験を受けていた。親はそれどころじゃない、発表の後にしてくれよと、思っていた。

本当にあの頃発病していなくてよかったと本気で思っている。今も精神安定剤を飲んでいる。実は入院中もちょっと精神的におかしくなっていた。今も手放せない薬である。

来年は息子も卒業である。たぶん就職となると思うが、さっきもニュースで就職難だと言っていた。来年は少しでも景気回復してほしい切に願う。いろいろと資格は取ってある。それが役に立ちます様に・・・・・。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
今日は姑の施設の事です。

先日施設の相談員さんから言われたとおり、今入所を申し込んでいる施設に連絡を取りました。認知棟はあくのが遅く時間がかかっているが、姑は三番目になっているという。

夕方遅く、今の施設から確認の連絡をしたかどうか、電話があった。向こうは相当焦っているのだろうか・・・・・毎週日曜日には必ず面会に行っているので、そのときに話せばいいと思っていた。

正直言って、今の施設には私たち夫婦も少々不信感を持っている。入所してから私の病気が発覚したのだが、何かにつけ「ご家族の協力がないと退所勧告をすることもある」といわれ続けていた。

確かに入所期間は長い。出て行ってほしいというのはよくわかる。こちらも無理を承知でお願いしなくてはならないこともある。

でも、私たちが自由に元気で動けるならとっくに施設を移っている。

私がガンが発覚し、初めての入院中に、姑は精神病院に強制的に入院させられた。暴言・暴力があるから、というのが理由である。
約10年前に一年ほど老人性躁鬱病で通院したことがあるのだが、それ以降一度も通ったことはない。ある日突然呼び出され、精神病院に行ってほしいと言われたとき、何と荷物をすべてまとめらていた。
そのときは訳あって施設の看護師が付き添わなかった。しかし言われたとおり、主人は病院に姑を連れて行った。が、もちろん初診扱いである。施設で言われたことを病院に伝えたが、初診で入院なんかできるはずがない。そのまま連れて帰ったら、施設でおこられたそうだ。

その一週間後、今度は看護師同行で、連れて行かされた。焦ったのは精神病院。だって診察も何もしていないのだもの。いきなり入院なんて無理な話だ。しかしそれを強行したのがその看護師。施設は退所の手続きがされていたそうだ。急遽ベッドをあけてくれた病院に感謝である。

精神病院に入院するというのはいろいろ手続きもあるらしい。病院の職員からは、主人が姑の「保護者」になるよう勧められた。これは家裁で簡単に手続きができる。私も外出届をもらって一緒に出かけた。

その後がまた大変だった。私が病気になる前に一カ所だけ老健の申し込みをしていた。以前入所していたところである。その結果待っていたのだが、一度手続きが終了したのに、三ヶ月もたってお断りの返事が来た。私は自分の病気のこともあり、泣きながらなぜですか、と聞いた。姑に暴言暴力があるからだという。介護されることを拒否するから、とも言われた。
 ではなぜ申し込んだときに言わなかったのですか、と聞いたら、入所できないものはできないとしか言わなかった。

今の施設の相談員さんからは、私がパニックになって大泣きしたから断られたという。そんなことが本当にあるのだろうか

後から本当の理由がわかった。精神病院に一度でも入院したことのある人はすべてお断りしているという。そういう施設も多いとのこと。

なぜそれを先に言わないのか。通院もしていないのになぜ強制的に入院させたのか。施設に入所しながら通院して薬をもらうという方法もあるというのに、どうして家族に何も説明もなしにそういう事をしたのか。

不信だらけである

姑は一ヶ月半入院していた。退院の日、結局は今の施設に戻るしかなかった。病院の職員は何で入院にこだわっていたのでしょうかねぇ、と何度か言われた。病院ではかわいいおばあちゃんだったらしい。とても扱いやすいと言われた。姑も、認知症であってもやはり何かしら施設に不信感を持っていたのかもしれない。

姑の退院の日、一度退院していた私は高熱で緊急入院となった。その後すくに手術、再発、再手術でしばらく施設も何も言わなかったが、この前私が面会に行ったことで、もう良いだろうと判断したのだろう。私だって早く今の施設を変わりたいと思っている。二度とそこには戻らないつもりだ。自宅から一番近いのだけどあの相談員とは二度と関わりたくはない。

今日は愚痴でごめんなさい。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。


 
実は旅行に行く予定を立てている。

私は三月末が誕生日だ。そろそろ家族旅行も子どもたちがいやがる年代になっている。今年が家族でいく最後の旅行かな、と思っている。

場所は長野。高校時代の友人夫婦がペンションを経営していて何度か遊びに行っている。場所はスキー場、ゲレンデの目の前なのだが、今の健康状態ではスキーは無理である。この何年かは夏にいくことが多かった。
 実は一昨年、夏に緊急手術をする直前にもそこに遊びに行っていた。もちろん具合が悪いのに・・・である。帰ってきて一週間もたたないうちに手術をしたのだった。なのでつらいという思い出だけで楽しむことはできなかった。
 去年もう一度夏休みに行く予定を立てていたのだが、再発がわかってとてもじゃないが遊びに行く気にはなれなくてキャンセルせざるを得なかった。

本来なら夏休みの方がいいのだが、夏の長野って思った以上に気温が高い。もちろん宿泊するペンションは山の上なので夜は涼しく快適だが、市街地はこちらと同じぐらいの気温だ。盆地なので仕方ないらしい。

遊びに行く場所は、善光寺を中心とした長野市内、須坂、小布施のいずれかと、時間があれば松本まで足を伸ばしたい。


実は倒れる直前にいった善光寺で「お戒壇巡り」を私だけしなかった。というよりも真っ暗で狭い場所の大苦手な私、中に入れなかったのだ。だから病気になったと主人がからかう。悔しいから、もう一度挑戦したいと思っている。
 山門も工事中だったので、春休み中に是非もう一度いきたいと思っている。

三月からは抗ガン剤治療も始まるだろうが、合間を見ていきたいなぁ・・・・・。主治医には内緒でいくかもしれない。手術から二ヶ月たっているからかまわないだろうと勝手に思っている。

それとなーく聞いたことはある。車で行くのならいいよとはいわれたが。去年の夏の旅行でも体調さえよければかまわないといわれていた。なのでいい方に勝手に解釈している。


いいよね、行ってもいいよね、体調がよければ良いよっていったよね・・・・・と、またまた独り言を言ってみる

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

午前中は姑の面会に行ってきました。

相談員さんからは次の施設の督促の話がありました。去年の手術後、まだ再発していない時期に次の施設の申し込みはしていたのですが、すぐに再発・抗ガン剤の治療・・・・と、施設のことを忘れてはいないのですが、精神的に余裕がなくとてもじゃないけど姑どころじゃない生活が始まりました。

再発がわかってから、今でも精神安定剤と睡眠剤のお世話になっています。今回の手術も完治ではなく、取り残しがあり、また検査ではあるはずのガンが実際には見つからない状態。体調がある程度元にもどったら抗ガン剤を始め様々な検査と治療があります。

まっ、電話して確認すればいいだけの事なのでしょうが、決まったら決まったで引っ越ししなければならないし、当分入所できないのならまた1から施設探しを始めなければなりません。

今のところ待機という状態なのですが、こちらから確認をしない私たちがいけないのでしょうね。実際にまだ動くことが大変な私にとって、姑の施設探しは大きな精神的負担です。
 家事全般は主人に任せるしかないし・・・・・子供も手伝ってはくれますが、学校やバイトもあるし自営の仕事もある。

それを施設の人に理解してくれ、というのは所詮無理なことだというのはわかってはいるけれど、私が大病しているから家事もできないし、何もできない、姑の介護のことも考えられない、と、自分を責めてしまいます。

何となく滅入ってしまい、夕飯は久しぶりに外食することになりました。といっても某有名チェーン店の回転すし。今日は日曜日・・・・・やっぱり混んでいました。

人が多くてちょっと疲れはしたけど、気晴らしにはなりました。手術して四週間、まだ無理はできませんが、少しずつ動いていこうと思っています。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
花粉症になって六年目、そろそろ症状が出始めました。

まだ目はかゆくないけれど、くしゃみがすごい・・・・・・。今の病院はガン専門病院のため花粉症の薬は処方してくれません。

 かかりつけ医にいくことになるのですが、今回は肝臓を結構切り取ったため、ある程度の食事制限があります。もちろん薬にも制限があり、一度かかりつけ医に処方してもらった薬を、今の主治医に飲んでいいものかどうか確認しにいくことになります。
 毎年同じ薬を飲んでいて、去年は大丈夫だといわれていますが、去年は内科医だったからなぁ・・・・・。来月六日に外科の外来があります。そのときまでにかかりつけ医にいってとりあえず今年は何の薬を処方してくれるか、確認しなければなりません。

ちょっと面倒だなぁ・・・・・がんセンターで処方してくれると一番楽なのになぁ・・・・と、独り言を言ってみる。

文句を言っても仕方ないのですが、これからの時期が一番やっかいです。花粉のないところに住みたいよ

ところで、もう梅が満開なのですね。今日久しぶりににお使いに出かけて気がつきました。県内にそこそこ有名な梅林があるのですが、まだまだ寒い時期、一度も入ったことがありません。ガンの治療が落ち着いたら、いってみようかな。ついでに温泉も。それを楽しみにこれからもがんばろうと思います。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
多少は動けるようになりました。

その代わり、娘が風邪から来る胃腸炎になってしまいました。若いせいか、一日で回復しましたが、念のためかかりつけ医にいき、薬だけはもらってきました。
若いっていいなぁ。あれだけ気持ち悪い、といっていたのに今はケロッとしています。薬もめったに飲まないので効き目も早いのでしょう。

息子は今日は「三年生を送る会」でした。その中でビンゴゲームがあり、なんと香水が当たった

そうです。友達とふざけあってその香水をかけられ、いいにおいを通り越して、くさい状態に・・・・・。今後この香水をどうするか思案中です。娘は使わないし、私の好みでもない。主人はにおいに敏感ですぐにくしゃみが出るし。ふたが開いているので、どなたかにあげることできない。困ったものです・・・・・・。

息子は私が入院中に、インターシップを終えました。息子は個人経営の電気工事会社のお手伝いに行ってきました。工場ではなくほとんどが現場仕事、荷物を運んだり片付けのお手伝いをしたり。一番の楽しみは10時と3時のおやつタイムだったそうです。「おいおい、職業体験だろ」といいたいところでしたが、本人は一生懸命がんばったそうなので仕方ないのです

とりとめのないことを書きましたね。来月まで診察も治療もありません。時々脱線する事もありますが、またよろしくお願いします。

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。

皆さん、暖かいコメントありがとうございます。本来なら一人一人お返事を書きたいのですが、まだ体調が本調子ではなく、パソコンを立ち上げるのもつらい状況なので、まとめてのお礼でお許しください。

今回、肝臓をだいぶ切り取ったようで、手術翌日からだるくてだるくて仕方ありませんでした。普通なら二日目から歩かなければならないのですが、私が自力で歩けるようになったのは四日目からでした。話をすることすら面倒だ・・・・・という状況でした。

看護師さんも無理を強いることなく、尿管も私が自分で歩けるようになってからでいいよと・・・・。貧血も少々あり、まだだるさは残っていますが、少しずつ動いていかなければ、と思っています。

入院中にだいぶ視力も悪くなってきたようで、文字を読むのが大変です。暖かくなって動けるようになったらめがねを作らなくては・・・・・・・。はぁ・・・・年のせいなんですねぇ、きっと。 

でもここに来ると、みんなの励ましの言葉がとってもうれしいです。これからも、いろいろとおしゃべりさせてくださいね。

本当に皆さんありがとう 

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
ご報告が遅くなりました。

このたびめでたく退院、午前中に退院できました。

とはいいつつ、久しぶりの外、家に帰ってきてしばらく横になっていたらもう夕方・・・・・。何もしないで一日が終わってしまいました。
 痛みはないけれど、まだ縫合した痕が何となくひきつれているような違和感があり、思うように動けません。これは時間が過ぎるのを持つばかり。

でも退院できて本当によかった。これからまだまだ治療は続くけど、がんばらなくてはね。

今まで代わりに書いてくれていた主人の書き込みは実はあまり読む事ができませんでした。携帯の文字を読むのがとても大変な作業でした。

これから時間の許す限り、主人の書き込みと皆さんのコメントを読んでいきたいと思っています。留守の間、このブログを続けてくれた主人と、コメントをたくさん書いてくれた皆さん、本当にありがとう。ゆっくり読まさせていただきます。  

ではまた次回。

このプログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
あんぱん父さん記

 明日、妻が退院します。
親の介護にはじまり、最悪の時三人同時に介護する羽目になり、兄弟とは絶縁、その時に癌にならなくてよかったねぇ。・・・後からよく話ます。
 最初、二度目の手術 付き添いは私一人、いやな奴には来て貰いたくない、と言っていましたが、心細かったと思います。心配してくれる叔父、叔母はいましたが歳なので迷惑はかけられません。看護師さんに他のご家族は?と言われた時は、正直切なかったです。
 再発が分かった時、気ばらしにと私がブロクを設定して渡しました。初めは、あまり乗り気では無かったのですが、同じような癌で頑張っている皆様の姿に励まされ復活いたしました。
 三度目の手術、皆様からの励まし、応援 涙がでる程嬉しかったです。入院中も何度も折れかけました(折れました)が、皆様の激励で何とか乗り越えられました。

 お世話になった方に、何か御礼を・・・いいのよ、自分達がしてもらった事を次の人にしてあげれば、それが大人の責任よ。と言われ涙が止まりませんでした。

 本家が明日からもどります。たまには、私も書き込みをしたいと思います。誰だっけ?と思わないで下さいね。これからも妻の事よろしくお願いいたします。

 お隣さんには事情を全部話してありますが、近所には実家の親の介護に行っている事になっています。
 明後日は必ずマッサージ行くぞ!!

 あんぱん母さん、父さん私のいない間に私のイメージくずさないでねぇ!と言っていましたが、たぶんグチャグチャでしょう・・・ワ~ハハハハハッ!

ゆなさん、harusameさん、つるつるこさん、ファンになってくれためえめえさん、ぽんぽこさん、ガーネットさん、緑緑さん、ミミさん、御堂さん、こんさん、すいたんさん、ごんたママさん、ハルさん、健さん、そして殿下・妃殿下、・・・応援してくれた皆さん、ありがとうございました。

それでは、感謝! 感謝! 感謝! 感謝! 感謝! 感謝! 感謝! 感謝! 感謝!。
あんぱん父さん記

おはようございます。
今、例のiPodでテレサテンの愛人を聴いています、・・・わたしは待つ身のおやじでいいわぁ~。
先生様、何故、何故 退院の二文字がいえねぇ、おねげぇだす、おらはもぉ食うもんがねぇ後生だから嫁さ返してくんろ! 悪徳代官に見えてきた。

お代官様に会いに、行ってきまーす。

今、電話がありました。引っ越し中止だそうです!隣の部屋に鼾と寝言のうるさい方がいて、眠れない患者さんが、こちらに避難して来るとの事、難民キャンプである。師長さんもたいへんだ!賑やかな週になりそうである。



またまた私的にすみません。
あんぱん母さんに怒られてしまうかな?
           宇宙エース
            宇宙エース(タツノコプロ)
           その他
           ついでに今までの壁紙達。(鉄人が何処かにいってしまいました。)
あんぱん父さん記

 先生から今週中には退院出来るとのこと、でも先生まだ今日は月曜日だぞ!一週間あるじゃん!
 前のお母さんが急遽明日退院とのこと。羨ましい、いっしょに退院しようねっていったのに・・・ずっこい!!
 あんぱん母さんはまたお引っ越し、ここのところ男性の患者さんが増えたとの事、隣の病室、今回最初に入った110号交番である。今回は何かと忙しい入院である。
またY先生が前を通った・・・先生、あたしに会いにきたの・・・違うよ!

あんぱん父さん記

おはようございます。
前回傷の付きが悪く、今回は大事をとって後から縫うほど慎重に先生が手当してくださったのでばっちりなのですが、その分退院が延びております。嬉しいやら疲れるやら・・・。
慎重に待っていたため糸がお肉にめり込んでしまったとの事、りっぱなおなかである。
同じ所を切ったので前回とおなじ痛みだということ。あらま?である。
家で食事をするとき、やはり席が一つ空いているのは寂しいものである。

では行ってきまーす。


すみません、私的にちょっと。
今気がつきました、私のPCの壁紙です。
ウメボシ殿下みてますかぁ?

エイトマン
もう一台は宇宙エースです。



あんぱん父さん記

今日は異常に静かである、ベットの空きが多い、隣の四人部屋は一人、こちらは二人である。母さん・・・暇だ、暇だフィレオフィッシュ食べたい、焼き肉食べたい・・・。12月から入院しているおばちゃんに、長く入院して主になればと言われ、(すでに裏では主になりつつある。)長さじゃないですよ!
と答えたそうです。明日の昼はマックを買っていき、臭いだけプレゼントしようと思うあんぱん父さんでした。
あんぱん父さん記

 全部抜糸出来ました。
今日は○○先生が病室を確認に何度も来たそうです。とても良い先生です!


 あんぱん母さん最初から苦手な先生が一人いる。腕はいいし、親切だし有名な先生である。○○先生・・・どこが嫌なの・・・頭では分かっているんだけど、顔がねぇ!

 前のお母さんに○○先生の事を聞くと最初の面接の時の先生だったとの事、最初からゲッと思ったとの事。・・・苦手なの?・・・そぅ・・・どこが?・・・顔・・・・・・・・。
○○先生ごめんなさい、たまたま二人が相性が悪いだけです。 アハハハハハ~。

女医さんなら、どんなのでも嬉しい、あんぱん父さんです。

 病院の帰り、おかいものぉ~ ゲッ 安心してしまったのであろうか?キーを付けたまま車のドアをロック・・・あれま!・・・ラッキー、裏はガソリンスタンド、スタンドの人に開けてもらって3,000円・・・よかったですね、JAFだったら10,000円とられますよ、7,000円も得をした・・・ラッキー?????

ちなみにロックしてドアを開ける道具は車の中に常備していた。
とっても、ついている・・・・あんぱん父さんでした。
あんぱん父さん記

おはようございます。
 爪も髭も鼻毛も伸びた。
野村監督のように手術が終わるまでパンツをはき続けようと思ったが、下半身が病気になってしまうので、やめた。あまり汚いと警備員さんに連れ出されてしまうので、きれいになって、行ってきまーす。
あんぱん父さん記

隣のおばちゃんが退院・・ルンルンである。
あたしも早く退院したいよぉ。
今日から二人だねぇ、さみしいねぇ と前のお母さんと話している。
前のお母さんお友達がたてつづけに二人癌でなくなり、次は私と暗くなっているという。
あんぱん母さん だいじょぶよぉ~若いんだから直りだしたらすぐよぉ手術したんだからとりあえずは安心よ、・・・こないだまで、落ち込んでたのに・・・

父さんあたし食欲がないの、食事半分しかたべられないの・・・半分たべれば充分である。それに持っていったリンゴ半分たべている。

退院間近のあんぱん母さんでした。
あんぱん父さん記

おはようございます。今日は分別ゴミの日、醤油のボトルは?ペットボトル、不燃物、醤油が入ってたら生ごみ?・・・洗ってペットボトルにすることにした。納豆の入れ物が微妙!!!
 前回入院の時である毎日朝と晩面会に来る御主人まめである、みならわねば、御主人えらいですねぇ とおばちゃんに聞くと、違うわよぉ、内緒だけど病院の駐車場に車止めて会社いってるのよぉ、それのが楽なんだって・・・・なんという技、皆さんプロになるといろいろ考えてらっしゃる。そういえば花壇に灰皿かくしてるおやじもいたっけ。
 その話をとなりのおばちゃんに言うと、さっそく御主人に・・・ばかやろう、会社と病院は反対方向俺をそこまでこきつかうのか!
 人により使えない技もあるようだ。

今、電話がはいりました・・・半分抜糸してもらったそうです。
では、行ってきまーす。
あんぱん父さん記

電話がある、あんぱん母さんの最終攻撃、暇だコールである。
傷はいつでも抜糸OK・・・胆汁待ちだそうです。
 前のベットのお母さん術後初めての食事、よかったねぇ!
看護師さんに3分の1にしてといわれた。悩んでいる、量の3分の1か均等に3分の1か・・・嫌いなもののぞいて3分の1でいいんじゃないの? 決定である。

 例のケーキS先生に渡したとの事、前回の失敗をふまえて看護師さんのいる前で袋から出して渡した。先生わか~い、看護師さんに大受け、やった仕返ししてやったぞ!
ちなみに看護師さんは先生にチョコレートは渡さないそう。多分もらえない先生がでるからであろう・・・Y先生!
あんぱん父さん記

おはようございます。
 家で仕事をしているとやたらセールス電話が多い。
 保険のセールス・・・遅すぎた。
 大学受験の塾・・・・・いっぱいいっぱいである。
 墓のセールス・・・・・よけいなお世話。
たいていの場合、奥様は・・・である。

 妻は実家へ行っています。・・・・いつ頃お戻りになりますか?・・・さぁ、何も言わずに一ヶ月まえから、今も連絡が取れないんです。・・・・たったいへんですね。  でおわりである。
ただ、お父さんしっかりしなきゃダメよ、私がそちらに行って話し相手になってあげる。と言われた時にはさすがにあせった。

 あんぱん母さんはすごかった。保険の電話があった時・・・私、癌なんだけど入れる保険ある?・・・えええぇぇ、あの、あの、あの、完治して5年たったら入れます。・・・その時、また電話ちょうだい!
すげーぜ、かーちゃん。

では、行ってきまーす。
あんぱん父さん記

 家に帰りたい、帰りたい騒いでいるのをS先生に聞かれ 家で治療する?・・・へ・・・またとぼけた事を言われた。

 Y先生に例のケーキを持って上の階とを行ったり来たり・・・会えない。
夕方Y先生が病室の前に・・・ラッキー・・・先生、私に会いにきたの?・・・違うよ、残念でした。 憎たらしい、でも渡せた、中を見ないで持って行った、くやしい。 次の作戦を錬るあんぱん母さんでした。
あんぱん父さん記

おはようございます。
 きょうは、ばーちゃんの所(老健)から病院に行く予定
この施設去年手術の時トラブッタ所である。厚生病院にケアマネが呼び出されもう一度見るように、おかげで一度出て入った形となり2年みてもらったことになる。 次のところは手続きしてあるが、悔しいからぎりぎりまでいてやろうと思う、先週、もうそろそろ・・・と言われたが、母さんが退院するまで何とかあと2、3週間逃げ延びねば、行かなければいいのだが、それもしゃくである。にっこり笑ってアカンベェーである。
 ばーちゃんは私の名前は言ったり忘れたり、しかし妻のことだけはしっかりわかっている。女は恐ろしい!

ではでは、ぼけて可愛くなったばーちゃんの所寄ってからいってきま~す。
あんぱん父さん記

 病室は明るいベットは一つ空いているが、世間話などをしてもりあがっている。
笑うと白血球ふえるのよぉ~・・・大笑いして傷が痛い、痛いまた大笑い。
よかった、よかった!
 夕方の電話で前の病室で個室に移動したおばちゃん、前を通るたび心配していたが、歩けるようになったと会いに来てくれたそうです。安心、安心、

後はチョコレートを渡すタイミングを狙っているとの事。
ちなみに、この病室111号 フィーバーである。
あんぱん父さん記

おはようございます。

             ふくろう

 2度目の手術の時お守り代わりに持っていきました。手元には3体しかありません
病気が良くなった方の持ち物を貰うと直るのが早くなるという。あげたり貰ったり!
 となりのベットの方、余命2ヶ月 治療の方法が無いそう。現役の看護師さんだと言うこと。 生き方、癌に対する心構えなどを教えて貰った。強い人でした。
 1体をそばに置いてくれる、と言うと・・・まぁかわいい、有り難う と治療箱に入れて、いつも持って歩ける・・・すごく嬉しそうな顔、今でも時々思い出します。御主人、娘さんも優しい方でした・・・・。

同室でめぐり会うかたも治療の一部です。やっとあんぱん母さんも安心出来る環境になりました。昨日、年の近い方が手術が終わり入室してきました。

 あたしは、3度目でも傷一つ・・・おいおい自慢するところが、違うんでは?

では、さつまいも持って行ってきまーす。
あんぱん父さん記

出かける前に電話があった。じゃがいもOKである2~3日前からストーブでいつでも良いように蒸かしている。いよいよ終盤戦である。

看護師さんによるとS先生手術中は若い先生にすごい怒り方をするようだ。信じられない・・・でもやはり外科医だねぇ!
先生、抜糸いつ?・・・胆汁が止まったら・・・いつ頃とまるの?・・・分からない!・・念力で、とまれぇ、とまれぇ と思えば止まるよ・・・・。
・・・・先生、外科医だよねぇ?

母さん、おいもをおいしそうに食べた。
明日は?・・・さつまいも!

男爵・メイクイーン・キタアカリ・薩摩芋・紫芋・・・やたらいもに詳しくなったあんぱん父さんでした。
あんぱん父さん記

おはようございます。
 昨日病院の帰りいつものようにスーパーでお買い物。店の入り口の縁石には、えぐられた傷がある。・・・私である。
 去年の夏、再発のショックからようやく立ち直った外来の帰りドラッグストアーによってスーパーに、道路をはさんで向かい側、入り口が3メートルほどずれている・・まっすぐいってしまった。何故だか分からない。見事に縁石に乗り上げてしまった。悪いことに我が家の車はガソリンタンクが車の中央、真下である。
何か流れている?ラジエーターやったかな?降りてなめてみる、ゲッ ガソリン、タンクが5ミリほど裂けている。前日満タンにしてあった。やばい!強引にバック!
母さん・・何やってんの、アララ・・じょうろでまくようにジョロロロロ~
母さん・・もったいない!(ガソリンが一番高い時)トヨタ(買った所)まで3キロぐらいである。いっきょに走らせた。当然信号無視(ここで捕まったらおまわりさん何ていうんだろう?)トヨタに着くとサービスにちょっとぶつけたからなおして・・・どれですか・・あれ・・・ゲゲゲゲゲ~・・・うそぉ・・・サービス相当あせる 車の下に池がある。
技術が総でで中和剤 エンジンかけないでくださいよ~。そ~と運んでいった。
 私も動転してたようで、たばこを吸ったまま運転していた。通院どころか、一歩間違えば丸焦げである。 楽しい夏の思い出である。思い出の値段7万円!!

では、ぶつけないように行ってきま~す。
あんぱん父さん記

なにやら病室から笑い声が、帰宅したおばちゃんも戻り三人で何が食べたいか食べものを叫んでいたようである。
なんとアットホーム、今までの苦労は何だったんだ!
あんぱん母さんは、夕食からパンに変えて貰うとの事、よかった、よかった、これで安心して主夫業に励める。
 皆さん、いろいろ心配して頂きありがとうございました。やっと普通の入院生活が送れます。
やれやれ・・・電話のばんをしないですむ。
あんぱん父さん記

おはようございます。
 今年も、大好きな先生に手作りチョコレートのプレゼント!
食べてくれるかなぁ?・・・・・ルンルン!
下のチョコレートケーキです。・・・ルンルン!
     ケーキ
・・・・・プリントです。
これに先生の写真をプリントして、言葉を添え封筒100均のリボンで出来上がり。
去年は、渡す前に退院だったので、看護師さんに頼みました。看護師さんに大受けしました。
本命のS先生には、これからもよろしく!
     Y先生には、すぐ戻ります♡
他に義理チョコ3枚!
手術前にこんな事をしている・・・ばか夫婦である
ばかはがかなりに考えているんじゃい!

では、行ってきまーす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。