実家のこと

ここでは、実家のこと に関する情報を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今のままでは実家の売買が出来ないことだけが分かりました。ますは弟の住まいを探して空家にすること。それは良いのですが、問題は実母の成年後見人。特養に入った今、家の売買以外に後見人を必要としません。

施設にいるので身の回りのことは平気だし、お金など騙される事もなく、最低限生活は保障されます。会話は通じなくても仲間はたくさんいます。

それ以前に私自身病気持ちで無理でょう。お子さんは居ますか、と聞かれたけど、学生だからねぇ・・・・。息子は手帳持ちだし。後は父さんか、第三者に頼むこと。頭痛いです。第三者に頼むとお金かかりますしね。それでなくても400万以上のローンを精算し、実母が1000万近くのお金を何処か捨ててしまった今、お金を必要以上かけたくありません。

頭痛いです。




ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
スポンサーサイト
ブログ更新、久しぶりです。落ち込んでいたのではありません。疲れすぎたのか、年のせいなのか(多分これが一番の理由でしょう)更新する元気が出ませんでした。遊びに行って楽しい思いして、何で贅沢なことでしょう・・・・と言いつつ、写真の整理も全くしていません。なので沖縄旅行の話、書きたいことがたくさんあるのですが、もう少し待ってくださいね。沖縄旅行は楽しいこともたくさんありましたが、悲しい話もありました。いずれ順を追って書けるようになったら書こうと想います。

今日は旅行以外の話

まず弟の件。沖縄旅行の事より頭に来て悲しくて辛い話です。なので途中経過の話のことは二度と思い出したくないし、書きたくないので結果だけ話します。

○検査結果、以前医師が話してていたこととは正反対の結果がでたこと。要するに障害者ではないと言うこと。
○弟がそれを聞いて高飛車の態度に出て、私たちの話を聞かなくなったこと。
○なので成年後見人になれなくなったこと。それは反面ホッしている。

そこで私たちが出した結論。
○早く土地の名義を変え、財産分与をしてきれいにすること。
○次にこの土地をお隣さんに売却すること。勿論弁護士か司法書士さんなど、資格を持つ第三者に間に入って貰うこと、周り近所・警察・PTAに変人扱いされているのを知っているため、契約成立後本人が戻ってるのを防ぐために更地にすること、が条件。
○弟は障害者でなくても業者の説明割を理解することなく判子を押し、自分の給料よりもの多くの借金を作ってしまうので弟と母の財産は私と主人が管理する。何故判子を押してしまうの自分でも分からないというので仕方のないことだが。使ったお金の明細は3人立ち会いの下説明し理解してもらう。
○弟が、私たちが沖縄に行っていて留守になっていると言うことを知っているのに、何故か「絶対に行きたくない」と言っていた私の家をわざわざ三日の日に探しに来て突き止めたらしい。何しに来たのか理由は言わない。行きたいから探したとのこと。用がないのに無断でウチに来ることを禁止した。今度 一筆書いて貰うことにした。

主人が大怒りしたのである。私が病気時も一度も行きたくない・お見舞いなんかしない、と言っていたのに、留守を知っていて来るのは何事か。来るのか構わないが留守をねらってくるのはおかしい。過ぎたことは仕方ないが、遊びに来たいのならウチがいる時に連絡してから来るのが普通だろうと。留守をねらってくるな、とね。

そう言う話をしているのに、にやにや笑って話を聞いている弟に不気味な物を感じだという。私も同感。怒っているのに笑って話を終わらせようとしている。

○今頼んでいる弁護士さんは引き受けるのが?成年後見人?が条件だったが、なれないことが分かったいま、これ以上のことは頼めない。事実だけをいい、弟を引き連れて、頼んであるローンの精算だけをお願いして後は頼まないことにした。と言うより頼めない事が分かった。それでも断られるのなら仕方がない。財産分与で得たお金で弟自身で生産しい貰うしかない。
○弟の住まいは探してやるが、それ以後の引っ越し、様々な事務手続きは本人にやって貰う。お金の管理・アパートの家賃等は私が責任もって?保証人?としてやるべき事はするが一人分の引っ越しぐらいやって貰わないと困る。
私は医師から重い物を持ったりするのは禁止されているので引っ越しは殆ど手伝えないし・・・・。

それが全部済んだら、理由がない限り顔を合わせる事はしないだろう。電話で済まない用事があるときは仕方ないが、それ以外は家が近いのだから・・・と言う理由での行き来はしないつもりである。

心療内科の医師にはポロくそに言われた。僕は貴方の主治医ではないのだから貴方に話す事は何もない・・・・。そしてとっとと出てくださいと言われた。二度とあの医師にはかからない、こっちから願い下げだ。

長くなりました。癌の話は明日にしましょう。


ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
掃除の中で見つかった銀行関係の通帳やお金の整理、やっと終わりました。まだ少しは残っていますが、連絡を待って振り込んで貰うだけです。

詳しい金額はかけませんが、高級車一台現金で返るほど残っていました。それを財産分けし、来年の申告で払うこととなります。それをまた勉強しなくては・・・・。

後は実家を処分することと、弟の作った借金をどうするかだけですが、実家も買い手がいて、手続きは司法書士さんにお願いしよう思っています、借金もとりあえず弁護士さんとの話し合いの日が決まっています。

通院の間にそう言うことがあって、なかなか書けずにいませんでしたが、これで毎日かけるようになるかな


これからの癌の治療法ですが、MRIとCTの結果次第ですが、それを持って、一番最初に手術してくれたA先生の元に戻ることになりそうです。これからの話し合いによりますが、A先生が「誰に気を遣うことはない。あんぱん母さんが一番望む方法を、自分で決めなさい」との一言で決めました。誰がなんと言おうとA先生の所に戻ろうと・・・・。病院が近いと言うのも一つの理由です。それも先生が言ってくれました。

有り難い話です。だからといってがんセンターときれるわけではなく、放射線等の治療はがんセンターに行きます。主治医がY先生からA先生に代わるだけかな。でもY先生にもお世話になることでしょう。

と言うことは、私には主治医が二人可能性があるという事かしら。


本当にこんな話は滅多にあるわけでなく、私がめぐまれているということですね。頑張って治療して、長生きすることが先生への恩返しですね。



ではまた次回。

このブログが私の気晴らしと生きる力になる場でありますように。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。